ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『バガボンド』 <連載中>

    バガボンド










      作者:井上雄彦
      原作者:吉川英治
      出版社:講談社
      巻数:1巻~33巻
      ジャンル:歴史・時代劇


    【あらすじ】
    武蔵と又八。
    立身出世を夢見る17歳。
    勝つか、負けるか。
    生きるか、死ぬか。

    【感想】
    有名な剣豪・宮本武蔵を描いた作品。
    史実とは違う部分もありますがそこは漫画と割り切って読みましょう。
    そもそも割り切るとか割り切らないとか関係なしに面白いです!
    それだけで充分でしょう。
    井上先生って本当に凄い!
    スラムダンクという名作に負けることなくこのバガボンドも凄い作品になっています。
    どこまで絵が上手くなるんだこの人は!
    そう思わせるくらいの絵。
    圧巻です!
    だからこそ個展開いたり出来るんでしょうね。
    もちろん絵だけじゃなく内容も面白いです。
    佐々木小次郎は耳が聞こえないというオリジナルな設定ですし、
    武蔵もどこか天然で憎めないところもあったり。
    ただ生き死にの戦いは本当に痺れます。
    天下無双とは何か?
    それを、求めて武蔵は戦い続けます。
    物語りも終わりが近付いてきてそうな雰囲気。
    史実では武蔵が勝ちますがバガボンドではどうなるか…。
    そこらへんも楽しみの一つです。

    【長所】
    ・絵が上手くて読みやすい。
    ・迫力ある描写。
    ・緊迫した展開。
    ・引き込まれる物語。
    ・お色気もあり。
    ・漫画から見えないパワーを感じる。

    【短所】
    ・残虐な描写あり。
    ・人が沢山死んじゃう。
    ・泣けるシーンがある。
    ・小次郎がエロい。
    ・又八がズルい。
    ・太りすぎて身体がオモい。

    『はじめの一歩』<連載中>

    はじめの一歩










      作者:森川ジョージ  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~100巻  
      ジャンル:スポーツ・ボクシング


    【あらすじ】
    「強い」ってどんなんだろう!?
    弱気でいじめられっ子の幕ノ内一歩。
    鷹村との偶然の出会いが、一歩のダイナマイトパンチを呼び起こす!
    プロボクサーへの夢を抱き鴨川ジムの入門に挑む一歩は、
    永遠のライバル宮田一郎と出会う。

    【感想】
    僕が持ってる漫画で一番巻数の多い漫画がこのはじめの一歩です。
    何回読んだか分からないくらい読みました。
    そのおかげで○巻って言われればその巻の内容が言えるほどになりました。
    お笑いライブでやってもお客さんが合ってるのかどうか分からなくて覚えてるってことが伝わらなくて残念です。
    笑いあり、友情あり、恋愛あり、感動あり、涙あり、あと…もう色々あります!
    恋愛ありって言いましたが主人公の一歩とヒロインの久美ちゃんは超奥手の為91巻まで行っても付き合っていません。
    何巻で付き合うのか、こういった楽しみもありますが要のボクシングシーンもかなり迫力あって楽しいです!
    一歩の成長やジムメイトの成長なども細かく描かれていてすごく丁寧です。
    今から読み始めるにはかなり時間がかかりますが読んで見てもらいたい。
    本当に面白いから!
    熱くなる!56巻は何度読んでも泣ける!
    だからそこまでは頑張って読んで見て!
    そこまで行ったら全巻読みたくなるから!
    26巻の鷹村VS熊だって面白いんだから!
    あ~森川ジョージ先生のサイン色紙が欲しい~!
    池袋の鰻屋さんに飾ってあってマジで羨ましくて写メ撮っちゃいましたもん。
    麻雀覚えないと会えないのかな…。
    でも西本英雄先生の「もう、しませんから。」だと森川先生すごい怖そう…。
    怒られたら怒られたで猪木さんのビンタ的な感じで全然ありだけどね!
    いつになることやら…。

    【長所】
    ・巻数が多くて読み応えがある。
    ・絵に迫力あって読みやすい。
    ・ボクシングをやってみたくなる。
    ・感動したり泣けたりする。
    ・ライバルがカッコイイ。
    ・鷹村の超人的な強さに憧れる。
    ・序盤はお色気もちょっとあり。

    【短所】
    ・読み返すには時間がかかる。
    ・一歩と久美ちゃんの仲が進展しない。
    ・宮田戦が先延ばし先延ばしでいつになるか分からない。
    ・青木と木村がチャンピオンになれるか不安。
    ・板垣と一歩の今後の展開も気になる。
    ・あだ名がゲロ道って可哀想。
    ・どうやったら森川先生に近付けるか分からない。
    ・近付けたとしてもどうしたらいいか分からない。
    ・その前に友達が少ない。
    ・コネもない。
    ・お笑いで売れない。

    『鋼の錬金術師』≪完結≫

    鋼の錬金術師










      作者:荒川弘  
      出版社:スクウェア・エニックス  
      巻数:全27巻  
      ジャンル:ダークファンタジー


    【あらすじ】
    エドワードとアルフォンスの兄弟は、
    幼き日に喪った母を錬金術師により蘇らせようと試みる。
    しかし、練成は失敗しエドワードは左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
    なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を練成し、
    鎧に定着させることに成功するがその代償はあまりにも高すぎた。
    そして兄弟はすべてを取り戻す事を誓うのだった…。

    【感想】
    ファンタジーとしてかなり完成度の高い作品です。
    コミカルなシーンやシリアスなシーンなどメリハリの効いた話運び。
    登場人物もカッコ良かったり可愛かったり気持ち悪かったりで盛り沢山。
    壮大な物語ですが比較的解り易くてこの世界観に引き込まれます。
    錬金術を練成するシーンやバトルの描写も迫力があります。
    生きること、人の命の重さなど深いテーマも背負っていて大人が読んでも楽しめます。
    悲しい場面やエグイ場面もありますが、爽やかさが全体的にあるので読後感も悪くありません。
    物語は終わっていませんが佳境に突入しているのでどのようなエンディングを迎えるのか楽しみです!
    等価交換で色々な物を練成出来ますが僕のこの脂肪で何か交換出来たらいいのになぁ。
    交換っていうか脂肪がなくなればそれでいいんだけどなぁ。
    どうしても楽なダイエット法しか考えられない僕は一生痩せられないのでしょうか?
    自分に弱いので自分に負けないように頑張ろうと思います!
    まずは夜あまり食べないことを心がけてみます。
    あまり食べないって言い方がすでに自分に負けてる気が…。
    う~ん…ま、いっか!

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・明るい雰囲気。
    ・迫力ある描写。
    ・巻末にオマケ漫画付き。
    ・錬金術の練成がカッコイイ。
    ・それぞれのキャラクターが背負ってる重さがシブイ。
    ・オートメイルって響きがなんだかそそる。

    【短所】
    ・話が若干複雑なところもある。
    ・人が沢山死ぬ。
    ・悲しくなるシーンが多い。
    ・錬金術ってそのうち出来るんでしょ?って思ってることをバカにされる。
    ・自分が背負ってる脂肪が重い。
    ・なんでもかんでもオートでやってくれたらいいのにっていう甘い考えに情けなる。
    ・自分のボディラインを見て情けなくなる。

    =追記=
    25巻買いました!
    いよいよ物語りも大詰めって感じ。
    仲間の犠牲で目を瞑りたくなるようなシーンもありますが前に進まなければいけない。
    世界の終わりを止められるのか、自分の身体を取り戻すことが出来るのか。
    めっちゃ気になる~。
    新刊出たばっかりだけど次の新刊早く欲しい~。
    でも終わりが早くなるのも嫌~。
    複雑な気持ちが入り混じっておりますが次も楽しみっす!

    『バクマン。』≪完結≫

    バクマン










      作者:小畑健  
      原作者:大場つぐみ  
      出版社:集英社  
      巻数:全20巻  
      ジャンル:青春・漫画家


    【あらすじ】
    一握りの者しか得られない栄光を手にするため、
    険しい「マンガ道」を歩む決意をした二人。
    高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、
    新たなマンガ伝説を創る!
    新時代成功物語開始!!

    【感想】
    漫画好きにはたまらない内容じゃないでしょうか。
    漫画業界の知りたかったことをかなり細かく教えてくれます。
    とくにジャンプの中身を。
    知りたいけどそこまで教えちゃっていいの?的なお金の話だったり人間関係だったりを知ることが出来ます。
    それだけじゃなく物語りも少年漫画の王道的なライバルあり、主人公の成長あり、って感じで楽しませてくれます。
    デスノートを創ったこの2人が組んでいるんですからつまらないはずがないんですけどね。
    絵もかなり綺麗で上手いので男女関係なく読めると思います。
    今後もどのような展開になるのか想像も出来ませんが期待しています!
    漫画家っていいな~。憧れちゃいます。
    まあ自分は芸人という道を目指していて、まだまだ成功までほど遠いんで憧れてる場合じゃないんですけど。
    ツヨシ以上にしっかりしないといけないんですよね。
    一度きりの人生なんでやりたいことは何でもやるってスタンスでいいと思うんですよね。
    もちろん悪いことはしちゃダメですけどね。
    夢がないなんて言う若い人いるみたいですけど、もっと視野を広くして見渡して見てほしいですね。
    沢山の可能性が落ちているってことを。
    なんか燃えてきた!頑張ろう!
    俺頑張ってなんらかの形で成功しよう!
    ってことでコンパス応援よろしくお願いします!!!

    【長所】
    ・絵が綺麗で読みやすい。
    ・漫画業界のことを知ることが出来る。
    ・漫画家目指したくなる。
    ・成功の為の努力は必要だと再確認出来る。
    ・熱くなって燃えてくる。
    ・大場先生と小畑先生のネームが見れる。

    【短所】
    ・漫画家目指そうって簡単に言っちゃいけない感じがする。
    ・絵を描くのにこんなに時間をかけてるのかと驚く。
    ・それをパラパラ見てるなんて申し訳なく思える。
    ・何度も読み返そうと思うが時間が足りなくて吐きそうになる。
    ・つーかネタ書いてくれませんか?って相方に怒られる。
    ・書いたはいいけど相方の物覚えが悪くて俺が怒る。
    ・頑張って覚えてライブでウケない。

    『ハチワンダイバー』<連載中>

    ハチワンダイバー










      作者:柴田ヨクサル  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~25巻 
      ジャンル:将棋・バトル


    【あらすじ】
    表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。
    アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった!
    テンション無限大!
    81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!!

    【感想】
    ハイテンション将棋バトル漫画です。
    将棋知らなくても迫力と勢いで引き込まれます!
    将棋知ってたらもっと引き込まれます!
    大ゴマが多いなんてチンケなこと言っちゃダメ!
    将棋のパワーを描くには大ゴマじゃないと伝わらないでしょ!
    って前向きに捉えてください。
    こんなにも将棋ってすごいのか…
    こんなにも将棋って偉大なのか…
    こんなにも将棋って神に近いのか…
    世界は将棋に支配されている。そんな世界観。
    狂気とも言える将棋の世界に触れてみてはいかがでしょうか。
    将棋強くなりたいけど全然強くなれないのが歯がゆいです。
    地道な努力しかないのでしょうか…。
    漫才協会で将棋最強の小介兄さんにいつか勝てるように頑張ります。
    お笑い頑張れよって話なんですが…まあそこはいいじゃない!

    【長所】
    ・迫力ある絵。
    ・勢いがあって読みやすい。
    ・サクサクと読める。
    ・将棋知らなくても楽しめる。
    ・個性的なキャラが多い。
    ・メイドさんも出てくる。

    【短所】
    ・大ゴマが多い。
    ・唾とか涎が多い。
    ・将棋知ってた方がより楽しめる。
    ・ヒロインがどんどん太る。
    ・俺もどんどん太る。
    ・どうやったら痩せられるか分からない。
    ・分かっても実行に移せない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。