ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『手騎-テキ-』 ≪完結≫

    手騎










      作者:やまさき拓味  
      出版社:集英社  
      巻数:全4巻  
      ジャンル:競馬・調教師


    【あらすじ】
    本邦初、本格調教師コミック!!
    「手騎」ちは調教師を指す競馬業界の隠語。
    調教師とは厩舎を経営する「社長」である――
    地方競馬で活躍していた若き騎手・一本杉薫は、
    判断ミスから乗り馬を死なせてしまい、
    そのまま日本競馬界から姿を消した。
    ――そして10年後、新人調教師として戻ってきた薫が競馬界に新風を吹き込む!!

    【感想】
    やまさき拓味先生のお得意の競馬漫画です。
    今回は裏方とも言える調教師にスポットをあてた作品。
    競馬を知らない人からしたら調教師と言われてもよく分からないかもしれません。
    調教師~?何それ~?SMプレイする人~?
    って勘違いする人もいるかもしれません。
    鞭は使うので共通するとろこはありますが調教師は立派な職業です!
    競馬界にとって調教師がいなければ競馬が始まらないほど重要な存在。
    馬の体調管理や調教など馬に合わせた生活スタイルな為、朝は早く夜中も起きて馬の世話をしたりなどとても大変です。
    僕には絶対出来ないと断言出来ます!
    なぜなら自分の体調も管理出来ていないので。
    そんな過酷で地味な調教師の仕事を漫画で見てみませんか?
    ヒューマンドラマな部分も見せてくれたりと充実した内容。
    絵も迫力があって見応え充分です。
    漫才協会の先輩、ナイツの土屋さんの描く馬の絵も凄く上手いです!
    もう引くくらい上手いです。
    この人はいったいどこに向かっているんだろう?
    ってくらいクオリティの高い馬の絵を描きます。
    競馬雑誌などで見れるそうなのでそちらもご覧になってください。
    自分も絵が上手くなりたいな~と思うのですが、
    その前に漫才ももっと上手くならなければいけないので歯がゆいです。
    馬と同じでも僕らも稽古を繰り返し少しでも成長して大きな賞レースで結果を残していきたいですね。
    2009年、2010年キングオブコント2回戦敗退。
    こんなんじゃダメってことですね。
    一日一日を無駄に過ごさないように頑張ります。
    気合いを入れなおしたところで早速漫画を読むとしよう!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・馬の絵がリアルなので迫力がある。
    ・調教師の世界を知ることが出来る。
    ・全4巻とコンパクトにまとまっている。
    ・巻末で調教師の仕事を詳しく教えてくれる。

    【短所】
    ・色々なしがらみがあって大変そう。
    ・早起きしたりして大変そう。
    ・馬に蹴られる可能性があって大変そう。
    ・お笑いの世界だって色々と大変そう。
    ・結局大変な思いをしないと人間って成長しないんだと思う。
    ・急に深い話になってまとめきれない。
    ・眠りは浅いけど朝起きれない。

    『テルマエ・ロマエ』 <連載中>

    テルマエ・ロマエ










      作者:ヤマザキマリ  
      出版社:エンターブレイン  
      巻数:1巻~2巻  
      ジャンル:ローマ・風呂


    【あらすじ】
    古代ローマの設計技師(風呂限定)ルシウス。
    仕事熱心な彼は浴場のアイディアについて悩みまくり、そのあげく現代日本の銭湯にワープ!?
    彼は日本と古代ローマ(風呂限定)を往来できる体質になってしまったのだ!!
    好漢ルシウスの時空を越えた大冒険(風呂限定)が始まった!!

    【感想】
    話題作です。
    第3回マンガ大賞で優勝した作品。
    あの宇宙兄弟を抑えての優勝!
    宇宙兄弟だって十分面白いのに更に上を行く作品。
    物凄くハードルが高くなってしまいましたがそんな期待にちゃんと応えます。
    まず発想が凄い!
    風呂限定でローマから現代日本にタイムスリップするんですけどそのギャップが笑えます。
    勘違いも多く、そのズレがくすぐるような笑いを演出。
    絵の雰囲気が真面目な分、より面白おかしく映ります。
    絵も上手く女性でも読みやすいと思います。
    お風呂ってこんなにも深いんですね。
    この漫画読むと温泉に行きたくなりますね~。
    ま、他人とお風呂入るの苦手なんで行きませんけど。
    漫画の間にはローマ&風呂、わが愛というコラムも載っていて、そちらも楽しめます。
    どこに向かって行くのか見当もつきませんが今後も期待したい作品です。

    【長所】
    ・文化、歴史のズレが面白い。
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・お風呂について深く知ることが出来る。
    ・桶一つとっても試行錯誤を繰り返しこの形に辿り着いたのだと思うと感慨深い。
    ・コラムも載っていて読み応え充分。

    【短所】
    ・このお風呂でどこまで(何巻まで)行くのか心配。
    ・1冊の値段がちょっと高い。
    ・2巻出るのが結構先のような気がしてきた。
    ・意識して湯船に浸かるとのぼせる。
    ・お風呂に入っても汗臭いと言われる。
    ・自分の体が心配。

    『デッドマン・ワンダーランド』 <連載中>

    デッドマン・ワンダーランド










      作者:片岡人生  
      作者:近藤一馬  
      出版社:角川書店  
      巻数:1巻~10巻  
      ジャンル:SF・サバイバルアクション


    【あらすじ】
    東京大震災から10年――大災害の記憶が人々から薄らぎ、疎開先の中学校に通う五十嵐丸太も、
    クラスメイト達と平凡な毎日を送っていた。
    だがある日、「赤い男」が現われ、丸太の運命は一変。
    無罪の罪で「死刑」を宣告された丸太は、完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」に送致されることに…。
    監獄サバイバルアクション第1巻。

    【感想】
    二人の先生が共作してる作品。
    デザインとか設定とかすごく良く出来てると思います。
    まあ素人の僕に褒められてもってことなんですが。
    最初からとんでもない展開でビックリ!
    絵が綺麗で読みやすいのですが、その技術の高さがよりグロテスクな描写を演出。
    裏切り、混乱、絶望が襲いかかるデッドマン・ワンダーランドで主人公ガンタがたくましく成長していきます。
    本当の悪は何なのか?
    本当の悪は誰なのか?
    まだまだ謎が多く残されていますが今後に注目です!
    これからも絶望的な展開が待ってるんだろうな~と思うとモヤモヤします。
    でも最後まで見届けたい。
    ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか分かりませんが…。
    結構エグイ描写があるので耐性ない方は気をつけてくださいね!
    読むなと言わないところがミソ。
    だって面白いから読んでみてもらいたい!
    この作品が片岡先生と近藤先生の漫画で始めて読んだ漫画なんですが、もっと有名なエウレカセブンが気になって仕方がありません。
    早く買って読まねば!


    【長所】
    ・絵が綺麗で読みやすい。
    ・しっかりとした世界観。
    ・迫力あるアクションシーン。
    ・息もつかせない展開。
    ・オマケ漫画あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写がある。
    ・それぞれ背負ってる物が重い。
    ・純情キャラかと思ったらとんでもなかった。
    ・清純派とか信じない。
    ・清純派アイドルとかも絶対に信じない。
    ・真実を知ればどうせ悲しくなるから。
    ・それでも信じたい自分がいて発狂しそうになる。

    『電影少女』 ≪完結≫

    電影少女










      作者:桂正和  
      出版社:集英社  
      巻数:全15巻  
      ジャンル:SF・恋愛


    【あらすじ】
    舞台は東京の武蔵野に位置する三鷹市。
    冴えないが気持ちの優しい高校生弄内洋太は同級生の美少女早川もえみに密かな恋心を抱いていた。
    しかし彼女は洋太の親友新舞貴志に憧れ、洋太の恋の行方は雨模様。
    そんな彼の前にあらわれた不思議なビデオショップ GOKURAKU は、ビデオガール天野あいとの出会いをもたらした。
    あいと洋太は同居するも、2人の仲は一度引き裂かれる。
    その後、洋太は後輩の仁崎伸子と付き合うが、あいやもえみへの想いに悩まされる。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    1巻から13巻までがあい編で14巻から15巻までが恋(れん)編で構成されています。
    僕がこの作品を初めて見たときは小学生か中学生くらいの時か…。
    時の経つのは早いもんですな~。
    その頃は刺激が強くてエロ本くらいの認識で恥ずかしくて読めませんでした。
    改めてちゃんと読んだのは高校生かな。
    思春期だったもんでいやらしく見てしまう部分はあるものの恋愛部分がしっかりしているので最後は感動していたのを覚えています。
    今読むと冷静に読めるので(当たり前か)物語の奥深さなどを知ることが出来ます。
    絵も上手く読みやすいですし、何より女の子が可愛いです。
    今と違って携帯電話もない時代ですのでそのギャップも楽しめるかも。
    昔の作品ではありますが今読んでも色褪せない恋愛漫画なんじゃないかと。
    読後感も良いですしね!
    とにかく泣けるし感動するのでまだ未読の方は読んでみてください。
    きっと損はしないはず!
    それにしても今2010年4月現在なんで1巻が発刊されてから20年も経つんですね~。
    そりゃ老けるわけですね。
    なんだかしみじみしちゃいましたがまだまだ20代なんで頑張ります!
    残り少ない20代を満喫します!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・物語がしっかりしている。
    ・読後感が良い。
    ・お色気あり。
    ・全15巻と1日じっくり読むには丁度良い。
    ・若いっていいな~。恋っていいな~って気持ちになる。

    【短所】
    ・ハラハラして心配する展開がある。
    ・友達が死んじゃう。
    ・今読むと時代が古い。
    ・恋編の短さがちょっと残念。
    ・自分自身を振り返ると20年無駄に過ごしている部分があって残念な気持ちになる。
    ・若さが羨ましくなるとはあの時思いもしなかった。

    『DEATH NOTE-デスノート-』≪完結≫

    デスノート










      作者:小畑健  
      原作者:大場つぐみ  
      出版社:集英社  
      巻数:全12巻  
      ジャンル:ミステリー・ファンタジー


    【あらすじ】
    このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。
    死神リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。
    ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!
    かつてないスリルとサスペンス!!

    【感想】
    映画化になったりアニメ化されたりで有名な作品。
    絵も上手く物語りも面白い!
    言うことがないんじゃないでしょうか。
    最後まで目の話せない展開が続きます。
    そして衝撃のラスト。
    やはり人間の持つ力以外のものを得たら悪用するんでしょうね~。
    ネットや携帯が普及してとても便利だけど悪用する人が後を絶たないですし。
    包丁一つにしたって美味しい料理を作る道具でもあれば人を傷つける武器にも変わる。
    夜神月のしたことは正解じゃないけど理解は出来るんだよな~。
    やっぱり悪いことをしたらそれなりに裁かれるべきだと思いますし。
    悪いことしないように皆さん気をつけましょう。
    それが一番ですよ。
    怒ってるときより笑ってるときの方が楽しいでしょ?
    怒ってるときが最高に気分がいいんだって言うならどうしようもないですけど…。

    【長所】
    ・絵が綺麗で読みやすい。
    ・先の読めない展開。
    ・グイグイ引き込まれる物語。
    ・色々と考えさせられる。
    ・悪いことはしちゃいけないって思える。

    【短所】
    ・人が簡単に死ぬ。
    ・死神が怖い。
    ・何が正義か分からなくなる。
    ・背後に何かいる気配がする。
    ・大抵気のせいで安心する。
    ・中には気のせいじゃない場合もある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。