ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ストロボライト』 ≪完結≫

    ストロボライト










      作者:青山景  
      出版社:太田出版  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:恋愛


    【あらすじ】
    君が好きになったのは、―――本当に「私」?
    だから書かなくてはならない。
    知るために。
    夜行列車で「過去」を書き続ける小説家・浜崎正。
    大学時代に出会った「町田ミカ」は、映画「Q9」のヒロイン・桐島すみれにそっくりで……。
    現実なのか、夢なのか。
    「CONTINUE」での連載を経て、遂に待望の単行本化。

    【感想】
    過去を振り返りながら語られていく恋愛漫画。
    映画に出てくるヒロインが好きでたまたま飲み会で知り合った子がそのヒロインだった。
    その子を好きになるけどヒロインとしてのその子を好きなのか、それとも素のその子が好きなのか。
    分からないから小説にして整理していく。
    そんな感じ。
    多分。
    自信なし。
    そこまで難しい話じゃないんでややこしく考えないでくださいね。
    全1巻ですごくまとまった話になっているので読みやすいです。
    ハードな恋物語じゃないけど胸を刺すような苦しさがある。
    恋って難しいやね。
    結婚しないかぎりいつか別れる時がくるわけで。
    結婚したって上手くいかなければ別れる時がくるわけで。
    そんなこと考えるとなんだか寂しくなるね。
    そんな寂しさを感じさせてくれる作品。
    漫画を読み終わったあとって色んな余韻が残ると思うんですけど、このストロボライトが残す余韻が個人的にはすごく好き。
    なんだろ…。
    全て解決したわけじゃないんだろうけど…切ない感じの余韻。
    バッドエンドでもないからへこむってわけでもないんだけど…。
    読んでみてこのストロボライトが残す余韻に共感できる人がいたら一緒に旨い酒が飲めそう。
    お酒全然飲めませんけどね。
    失恋とかで傷付いている人は読むと落ち込むかも。
    わかんないけど。
    一つわかっている事と言えば、チビでデブでブサイクな僕が愛だの恋だのって語ってんじゃねーよ!ってことでしょうか。
    語る資格がないのは重々承知。
    けど語りたくなっちゃうんだからこの漫画が与える影響は僕の中で大きなものとなっている。
    ここまで読んで気になってきたなら読まない手はないぜ!ってこと。
    愛だの恋だのいつまでも語ったらいいじゃない。
    素敵な恋愛を経て幸せな家庭を築きたい!と恥ずかしげも無く豪語する自分が残す余韻に吐き気がする。
    あ~~~幸せに~~~なりた~いな~~~~~~。

    【長所】
    ・全1巻で読みやすい。
    ・絵も上手く読みやすい。
    ・なんだか深く記憶に残る作品。
    ・とにかく読み終わったあとの余韻が好き。
    ・ヒロインが結構タイプ。

    【短所】
    ・もうちょっと読みたかった。
    ・ちょっと切なくなる。
    ・恋の儚さに胸が苦しくなる。
    ・余韻に浸りすぎて気が付いたら寝てた。
    ・ヒロインがタイプとか言い始めたら終わりだなと思う。

    『SPEED-スピード-』 ≪完結≫

    スピード










      作者:秋重学  
      原作者:金城一紀  
      出版社:小学館  
      巻数:全4巻  
      ジャンル:学園・ミステリー


    【あらすじ】
    私は岡本佳奈子、16歳。
    普通の女子高生だった私の日常は、11月のある日、突然変わった。
    家庭教師で憧れの女性・彩子さんが、謎の自殺を遂げたのだ――
    そんなのおかしい。真相は、私がつきとめる!
    動き始めた矢先、暴漢に襲われた私を救ってくれたのは、四人の男子高校生(停学中)だった――
    おちこぼれ高校生を仲間に得て、私の、生まれて初めての冒険が始まる!
    「レヴォリューションNo.3」「フライ、ダディ、フライ」に続く
    「ゾンビーズ」シリーズ第3弾!
    大ヒット小説、ここに完全コミック化!

    【感想】
    ゾンビーズシリーズ第3弾です。
    歌手のSPEEDさんとは全く関係ありませんので。
    第3弾と言ってもここから読み始めても楽しめます。が、第1弾から読んだ方がより深く楽しめます。
    家庭教師の彩子さんの謎の自殺を巡って真相に迫ります。
    次々に明らかになる驚愕の真相。
    隠された真実とは。
    気になってきたでしょ?
    迷ってないで読んじゃおうよ!
    もちろん第1弾から読んじゃおうよ!
    ってことで第1弾から暴れまくりのゾンビーズのメンバーが今回も色々と暴れまわります。
    これでゾンビーズのメンバーともお別れなのかと思うと寂しくなりますが、
    全3部作を楽しませてもらったので良しとしますか!
    それぞれ物語が独立していて短い巻数でまとまっていますので読みやすいと思います。
    読後感も良いです。
    ちょっと寂しくなる部分もありますが。
    死んだ人は帰ってこないけど心の中で思い続けることでその人は生きてるんだなって思える作品。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全4巻で読みやすい。
    ・明るいノリ。
    ・女の子だってやる時はやる。
    ・スピーディーで爽快。
    ・男女の友情だって捨てたもんじゃない。

    【短所】
    ・死んだ人が可哀想。
    ・悪い人ほど権力を持ってたり長生きしたりする。
    ・ゾンビーズのメンバーとお別れするのが寂しい。
    ・女友達が少なくてちょっと心配になる。
    ・よく考えたら男友達も少なくてもっと心配になる。
    ・このサイトのデザイン&製作してる澤田さんなんて高校時代誰ともしゃべらなかったらしくてすごく心配になる。

    『スラムダンク』≪完結≫

    スラムダンク










      作者:井上雄彦  
      出版社:集英社  
      巻数:全24巻(完全版)  
      ジャンル:バスケットボール・高校生


    【あらすじ】
    中学3年間で50人もの女性にフラれた高校1年の不良少年・桜木花道は背の高さと身体能力からバスケットボール部の主将の妹、
    赤木晴子にバスケット部への入部を薦められる。
    彼女に一目惚れした「初心者」花道は彼女目当てに入部するも、
    練習・試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚めていき、
    才能を開花させながら、全国制覇を目指していく。 (ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    不朽の名作、伝説のバスケ漫画です。
    この漫画を知らない人は平成生まれの若い方たちか年配の方くらいじゃないかと思われるほどの有名な漫画。
    バスケブームを巻き起こし、この俺でさえバスケ部に入るほどの影響を与えた作品。
    笑いあり、涙あり、感動あり。
    何度読んでも飽きないし感動します。
    絵も後半かなり上達し、人ってすごいなと思わせてくれます。
    もちろん最初の方だって下手な訳じゃないので安心して読んで下さい。
    残念なのが燃え尽きて終わってしまったことか…。
    第1部完ってなってるのでしばらく第2部が始まるのを待っていましたが始まりませんでした。
    本当に残念。
    でもそれが腹八分的な効果で評価を高めているのでしょうか?
    もうちょっと読みたかったけど…これがベストか。
    漫画の終わり方って難しいですよね。
    まだまだ続けたいけど打ち切りになったり、
    ここで終わりたいけど大人の事情で延長したり。
    作者の理想で描ききれる漫画ってそうないのかもしれませんよね。
    お笑いのネタも完成ってないと思うんです。
    どこかで妥協しないと人前で出来ませんからね。
    妥協するのが早くて売れないのかもしれませんが…。
    もっとネタを練るようにします。
    反省しました。
    もっと頑張ります。
    自分で限界を決めません。
    もっともっと頑張ります。

    【長所】
    ・迫力のある絵で読みやすい。
    ・笑えるし泣けるし感動する。
    ・やる気が沸いてくる。
    ・バスケがしたくなる。
    ・読み応えがある。
    ・読後感が良い。
    ・完全版なのでカラーページが充実。

    【短所】
    ・もっと続きが読みたかった。
    ・第2部が全然始まらなかった。
    ・バスケ部が本当に辛かった。
    ・1週間しかもたなかった。
    ・実際50人にもフラれたら自殺を考えそう。
    ・つーかあのルックスで50人にフラれる訳ないだろうが!俺の身になれ!って思う。
    ・安西先生って呼ばれる。
    ・高宮って呼ばれる。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。