ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ぬらりひょんの孫』 <連載中>

    ぬらりひょんの孫










      作者:椎橋寛  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~14巻  
      ジャンル:妖怪・バトル


    【あらすじ】
    妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子。
    妖怪の総本山・奴良組の若頭として、祖父のような立派な首領になることに憧れを抱くのだが…!?
    痛快妖怪任侠活劇、ここに開演――!!

    【感想】
    4分の1だけ妖怪の血持つ男の子リクオが主人公。
    人間の時はかなり頼りないけど妖怪に変化するとめっちゃ頼れる妖怪若頭に。
    二面性のあるリクオのギャップがいい味出してます!
    最初は反対してる妖怪たちも次第にリクオに惹かれて付いて行く。
    大物のぬらりひょんになれるのか?
    そんな成長過程も楽しみの一つ!
    それでもって絵が上手いので読みやすいし妖怪にぴったりな絵のタッチ。
    妖怪の「畏」をどう伝えるか。
    そこに力も入れてる様子。
    恐ろしい妖怪も出てくるので怖い雰囲気もありますが明かるい雰囲気もあります。
    ほのぼのした部分と緊迫した部分のバランスもすごく良い!
    調べたら椎橋先生はJリーグのガンバ大阪サポだとか。
    登場人物にもガンバ大阪の選手の名前を使ってるみたい。
    この辺も好感持てます。
    自分はジェフ千葉サポですけど。
    去年は残念ながらJ2に降格してしまいましたが、今年は1年で昇格してもらいたいと願うばかり!
    話が脱線しましたがアニメ化にもなり、これからますます人気が出そうな作品ですのでチェックしてみてください!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・妖怪がカッコイイ。
    ・色々な妖怪を知ることが出来る。
    ・カバー外すとオマケ漫画あり。
    ・その他にもオマケが充実。
    ・貴重なヌから始まる漫画。

    【短所】
    ・妖怪が多くて覚え切れない。
    ・悪い妖怪もいるが悪い人間もタチが悪い。
    ・相方の中島が妖怪を二度ほど目撃したと言うけどウソくさい。
    ・ジェフの貴重なDF水本選手をガンバに獲られた。
    ・そんな水本選手がジェフに帰らず京都に移籍。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。