ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『バガボンド』 <連載中>

    バガボンド










      作者:井上雄彦
      原作者:吉川英治
      出版社:講談社
      巻数:1巻~33巻
      ジャンル:歴史・時代劇


    【あらすじ】
    武蔵と又八。
    立身出世を夢見る17歳。
    勝つか、負けるか。
    生きるか、死ぬか。

    【感想】
    有名な剣豪・宮本武蔵を描いた作品。
    史実とは違う部分もありますがそこは漫画と割り切って読みましょう。
    そもそも割り切るとか割り切らないとか関係なしに面白いです!
    それだけで充分でしょう。
    井上先生って本当に凄い!
    スラムダンクという名作に負けることなくこのバガボンドも凄い作品になっています。
    どこまで絵が上手くなるんだこの人は!
    そう思わせるくらいの絵。
    圧巻です!
    だからこそ個展開いたり出来るんでしょうね。
    もちろん絵だけじゃなく内容も面白いです。
    佐々木小次郎は耳が聞こえないというオリジナルな設定ですし、
    武蔵もどこか天然で憎めないところもあったり。
    ただ生き死にの戦いは本当に痺れます。
    天下無双とは何か?
    それを、求めて武蔵は戦い続けます。
    物語りも終わりが近付いてきてそうな雰囲気。
    史実では武蔵が勝ちますがバガボンドではどうなるか…。
    そこらへんも楽しみの一つです。

    【長所】
    ・絵が上手くて読みやすい。
    ・迫力ある描写。
    ・緊迫した展開。
    ・引き込まれる物語。
    ・お色気もあり。
    ・漫画から見えないパワーを感じる。

    【短所】
    ・残虐な描写あり。
    ・人が沢山死んじゃう。
    ・泣けるシーンがある。
    ・小次郎がエロい。
    ・又八がズルい。
    ・太りすぎて身体がオモい。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。