ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ベルセルク』<連載中>

    ベルセルク










      作者:三浦建太郎  
      出版社:白泉社  
      巻数:1巻~35巻  
      ジャンル:ダークファンタジー


    【あらすじ】
    身の丈を越す巨大な剣を背負い、ごっつい鉄の義手をつけた、
    全身黒ずくめの剣士――ガッツと名乗るその男の行く所、血の雨が降り、死体の山が築かれる。
    危ういところをガッツに助けられ、それ以来、彼につきまとうエルフのパックは、
    その恐るべき強さに舌をまく一方で、ガッツの生きる世界の凄絶さに怯える。
    行く手を阻む悪霊たちの群れ。
    首の「烙印」が、ガッツを復讐へと駆り立てるのか!?

    【感想】
    かなり壮大な作品。
    迫力ある絵に重厚なストーリー。
    そして個性的で魅力あるキャラクターたち。
    あと何が足りないの?って聞かれたら、「とくになし!」って答えます。
    そのくらいの完成度の高い作品です。
    どうして鉄の義手をつけることになったのか、
    その辺りを描く黄金時代は手に汗握る展開が目白押し!
    どうなるの?仲間は無事なの?ガッツは?
    とにかくハラハラドキドキしっぱなしです。
    当然生き死にを懸けた戦いが連続で行われるので残虐なシーンは沢山あります。
    そういったことが苦手な方もいることでしょう。
    でも見てほしい!
    悲しい別れもありますが、とにかくこの作品に引き込まれます!
    まだまだ物語は終わらなさそうですがどのように終焉を迎えるのか楽しみです。
    連載開始から20年経ってまだまだってことはあと10年くらいは終わらないってことでしょうか?
    楽しみが尽きないってのは良いですね!

    【長所】
    ・迫力ある絵。
    ・ドキドキの展開。
    ・カッコイイ主人公。
    ・仲間も個性的。
    ・緊迫した物語だがエルフのパックで癒される。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・残虐な描写がある。
    ・悲しい別れがある。
    ・物語が壮大なので気を抜くと置いていかれる。
    ・初めて読んだのは中学の頃だったけど、それからだいぶ太ったことに気付く。
    ・ガッツに贅肉を切り取ってもらいたい。
    ・やっぱり痛そうだからやめときたい。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。