ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『20世紀少年』≪完結≫

    20世紀少年










      作者:浦沢直樹  
      出版社:小学館  
      巻数:全22巻  
      ジャンル:SF・サスペンス



    【あらすじ】
    高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、
    一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。
    そんな時代に少年たちが空想した未来。地球滅亡をもくろむ悪の組織、東京を破壊し尽くす巨大ロボット。
    世界は混沌とし、滅亡に向かっていく。
    それに立ち向かい地球を救う、勧善懲悪の正義のヒーローとその仲間たち。
    こんな下らないストーリーを“よげんの書”と、少年たちは名付けた。
    しかし大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。
    1997年、主人公のケンヂは、突然失踪した姉の娘のカンナを養い、
    コンビニを営む平凡な日々を送っていたが、お得意先の一家の失踪や幼なじみの死をきっかけに、
    その薄れかけていた記憶を次第に呼び覚まさせていく。
    そして世界各地の異変が、幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。
    出来事に必ず絡んでくる謎の人物“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    過去と現在を交互に織り交ぜながら進む物語。
    子供の時に書いたよげんの書を大人になってから実行する謎のともだち。
    世界は破滅の道に向かうのか…
    ともだちとは一体何者なのか…
    謎が謎を呼び新たな悲劇を生む…。
    天才浦沢直樹先生の真骨頂ですね!
    よくこんな凄い話を考えられるなと。
    ストーリー考えて絵も描いてる。
    なんでも出来るスーパーマンですよ!
    やっぱり漫画家の先生って偉大だな~。
    ゆっくりと話が進みだし一気に加速する物語。
    続きが気になって仕方がなくなります!
    過去と現在が何度も入り混じりのでちゃんと読まないと置いていかれまっせ。
    そんでもって全22巻とありますが完全に完結した訳じゃありません。
    続きが「21世紀少年」上・下巻で完結になっております。
    読み応えのある本格SF・サスペンス!
    休日にじっくり読み耽るのも良いのでは?
    大人が充分に楽しめる作品です。

    【長所】
    ・絵が上手くて読みやすい。
    ・しっかりとしたストーリー。
    ・先の読めない物語。
    ・緊迫した展開。
    ・オッチョがカッコイイ。
    ・ケンジが頼りになる。
    ・友情の大切さを学べる。
    ・子供の時の思い出が蘇る。

    【短所】
    ・複雑な話なので流し読みなんかしちゃダメ。
    ・ともだちが誰なのか気になる。
    ・俺の友達って誰だっけ?ってなる。
    ・俺が友達だと思ってるだけで相手は友達と思ってないかもしれない。
    ・マルオって呼ばれる。
    ・ヤン坊・マー坊って呼ばれることもある。
    ・そんな風に呼んでくる人はきっと友達じゃない。
    ・子供の時の思い出が蘇り、よく考えたら良い思い出がないことに気付き吐きそうになる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。