ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『罪の扉』≪完結≫

    罪の扉










      作者:坂辺周一  
      出版社:芳文社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:サスペンス・オムニバス


    【あらすじ】
    ほんの小さな出来心から、
    恐怖のサスペンスは静かに始まる…。

    【感想】
    あと一歩で犯罪に手を染めてしまう…っ!
    そんな人はこの作品読むと見つめ直せることが出来るかも。
    って犯罪に手を染めそうな人がタイミングよく漫画を読めるとも限らないんですけどね。
    1話完結で8つの物語が収められています。
    自分だったらどうしようとかあれこれ考えながら読むと為になるかも。
    大人で妖艶な雰囲気が漂っていますのでこの作品を読んでる小学生がいたら驚きます。
    悩みを抱えている男性の方是非一読あれ。

    【長所】
    ・全1巻で読みやすい。
    ・妖艶な雰囲気で大人っぽい。
    ・お色気あり。
    ・この作品読んで踏み止まれる。
    ・後ろめたいことをしないって素晴らしいなぁと清々しい気持ちになれる。

    【短所】
    ・上手いことがあったら騙されてるんじゃないか不安になる。
    ・満員電車に乗ると見た目だけで痴漢って思われる。
    ・お金が落ちてたら届けないで漫画を買ってしまいそう。
    ・誘惑されたらどうしようって不安になる。
    ・そもそも誘惑なんてされない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。