ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『虹ヶ原 ホログラフ』≪完結≫

    虹ヶ原 ホログラフ










      作者:浅野いにお  
      出版社:太田出版  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:ミステリー


    【あらすじ】
    「強い意志を持ちな。もっともっと強い意志を」
    「虹ヶ原」という土地を舞台に、小学校の同級生たちの過去と今が交差する――。
    子どもたちのうわさ、トンネルの中の怪物、家族の秘密、蝶の異常発生……
    あらゆる糸が絡み合い織り成す、新世紀黙示録。

    【感想】
    不思議な物語です。たったの1巻って感じがしない濃い内容。
    ジャンルをミステリーにしましたが違うかも。
    過去と現在が入り混じって一つの答えを導き出す。
    レビューを書く上で読み直そうと思って読み終わったんですけど説明する言葉がみつからないというか…。
    僕のような凡人の脳の構造ではとてもじゃないけど造り出すことの出来ない世界です。
    読み終わったあとも何だかホワ~っていうか、ボケ~っていうか…まあ、こんな感じです。
    何度も読み返すと色々と分かるかもしれませんね。
    とりあえず俺の頭じゃ完全に理解出来ないです。
    ちょっと病んでる人とか好きそうな気がする!
    別に俺病んでないんだから心配しないでよねっ!
    って無理矢理明るくする必要もないか。
    表紙からじゃ伝わらないんで一度手に取り読んでみてください。

    【長所】
    ・自分も虹ヶ原の世界にいるような錯覚をする。
    ・深い。なんだか深い。
    ・不思議。なんだか不思議。
    ・一応ポロリもあるよ。
    ・読んだら分かると思うけどフワ~っと余韻が残る。

    【短所】
    ・自分は一度読んだだけじゃ理解出来なかった。
    ・読後感はスッキリするとは言えない。
    ・浅野先生病んでるの?って心配になる。
    ・俺は別に病んでないけどレビューしてる現在風邪を引いているのである意味病んでる。
    ・フワ~とかボケ~とかって言ってるけどもしかして風邪のせいじゃない?って気がしてきた。
    ・風邪がなかなか治らない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。