ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『黒博物館スプリンガルド』≪完結≫

    黒博物館スプリンガルド










      作者:藤田和日郎  
      出版社:講談社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:サスペンス・アクション


    【あらすじ】
    19世紀・ヴィクトリア朝初期のロンドンで、女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。
    現場では、高笑いしながら跳び去る怪人の姿が目撃されていた。
    3年前、夜道で女性たちを驚かせたという「バネ足ジャック」が殺人鬼となって帰ってきたのか?
    事件を追うロンドン警視庁の警部は、意を決してある「貴族」の館へ馬車を飛ばす…
    熱き活劇の名手が奏でる怪奇と冒険と浪漫の協奏曲!

    【感想】
    実話を基ににしたフィクションです。
    かなり凝っていて表紙からも何やら怪しい雰囲気が漂ってきます。
    昔話を読み聞かせてもらってるような感じ。
    藤田先生らしい魂に響く熱さはこの作品にも健在で迫力満点です。
    全1巻と短いですが上手くまとまっていて終わり方も好きです。
    軽く謎を残すみたいな。
    ニクイ演出です。
    合間に閲覧の手引きなるものがあり当時の説明などもあり物語に入り込みやすくしています。
    長編ばかりで藤田作品に触れたことがない方は是非読んで見てください。

    【長所】
    ・全1巻で読みやすい。
    ・迫力のある絵柄。
    ・終わり方もどこか清々しい。
    ・シリーズ化してほしい。
    ・表紙も凝ってる。
    ・ポロリもあるよ。

    【短所】
    ・長編に慣れてると物足りない。
    ・残酷なシーンあり。
    ・表紙が新品なのに古い感じがしちゃう。
    ・ポロリもあるけどこれも規制されちゃうの?って思う。
    ・そもそも今話題になってるポルノ規制ってどういう意味か分からない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。