ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『DEATH NOTE-デスノート-』≪完結≫

    デスノート










      作者:小畑健  
      原作者:大場つぐみ  
      出版社:集英社  
      巻数:全12巻  
      ジャンル:ミステリー・ファンタジー


    【あらすじ】
    このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。
    死神リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。
    ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!
    かつてないスリルとサスペンス!!

    【感想】
    映画化になったりアニメ化されたりで有名な作品。
    絵も上手く物語りも面白い!
    言うことがないんじゃないでしょうか。
    最後まで目の話せない展開が続きます。
    そして衝撃のラスト。
    やはり人間の持つ力以外のものを得たら悪用するんでしょうね~。
    ネットや携帯が普及してとても便利だけど悪用する人が後を絶たないですし。
    包丁一つにしたって美味しい料理を作る道具でもあれば人を傷つける武器にも変わる。
    夜神月のしたことは正解じゃないけど理解は出来るんだよな~。
    やっぱり悪いことをしたらそれなりに裁かれるべきだと思いますし。
    悪いことしないように皆さん気をつけましょう。
    それが一番ですよ。
    怒ってるときより笑ってるときの方が楽しいでしょ?
    怒ってるときが最高に気分がいいんだって言うならどうしようもないですけど…。

    【長所】
    ・絵が綺麗で読みやすい。
    ・先の読めない展開。
    ・グイグイ引き込まれる物語。
    ・色々と考えさせられる。
    ・悪いことはしちゃいけないって思える。

    【短所】
    ・人が簡単に死ぬ。
    ・死神が怖い。
    ・何が正義か分からなくなる。
    ・背後に何かいる気配がする。
    ・大抵気のせいで安心する。
    ・中には気のせいじゃない場合もある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。