ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『タッチ』≪完結≫

    タッチ










      作者:あだち充  
      出版社:小学館  
      巻数:全11巻(ワイド版)  
      ジャンル:野球・甲子園


    【あらすじ】
    上杉達也と和也は双子の兄弟。
    幼なじみの浅倉南とは家も隣同士で、小さな頃からいつも一緒に遊んでいた。
    そんな3人は今、同じ高校明青学園に通う同級生。
    スポーツ万能、成績優秀の和也と、そんな弟に何をやってもかなわない兄の達也。
    和也は好きな南が夢みる甲子園出場を叶えるため、野球部のエースとして活躍していた。
    その一方で、達也もまた南に密かな想いを寄せていた。
    当の南は、和也の気持ちを知りながらも、少しずつ達也に心惹かれていくのだったが…。

    【感想】
    不朽の名作、伝説の野球漫画です。
    夏休みになるとアニメがよく再放送されてましたね。
    今読んでも色褪せない作品。
    あだち作品のヒロインってなんでこう可愛いんでしょうね?
    普通っぽいからなんでしょうか?
    すごく魅力のあるヒロインだな~
    別に二次元にしか恋出来ない人じゃないですよ!
    漫才協会に二次元の女の子に恋してる芸人はいますが。
    彼は彼なりの楽しい生活を送っているので優しく見守ってあげてください。
    読んでない人は是非とも読んでいただきたい!
    読んだことがある人はもう一度読み返してもらいたい!
    KコンテンツのH川くんはもう一度自分を見つめ直してもらいたい!
    三次元だって素敵ガールはいるんだから!

    【長所】
    ・絵柄が可愛く読みやすい。
    ・色褪せない名作。
    ・毎年甲子園が楽しみになる。
    ・南ちゃんが可愛い。
    ・読後感が良い。

    【短所】
    ・和也が死ぬシーンは悲しい。
    ・南ちゃんみたいな子は現実にいない。
    ・いたとしてもきっと縁がない。
    ・気付いたら朝倉南が39歳になっていた。
    ・孝太郎くんと呼ばれる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。