ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ボーイズ・オン・ザ・ラン』≪完結≫

    ボーイズ・オン・ザ・ラン










      作者:花沢健吾  
      出版社:小学館  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:恋愛・ボクシング


    【あらすじ】
    「土下座」か「決闘」か。
    「負け組み」か「勝ち組」か。
    「中年」か「少年」か。
    「いい人」か「獣」か。
    選択せよ、その人生。
    ―――田西敏行27歳。
    流されて、三十路目前。
    走り出すなら今しかないぜ、ボーイ。

    【感想】
    1巻から突っ走ってがむしゃらにゴールへ向かう。
    ゴールへ辿り着いてもまだまだ走る。
    負けっぱなしで終われるか!
    ゴミクズみたいな存在だけどこのまま引き下がれない!
    そんな熱いダメ男が主人公の応援したくなる漫画。
    遠回りの連続でタイミングが悪くて運もなくて金もなくて顔もブサイクで、
    それでも一生懸命生きてる。
    俺は確かにここに存在している。
    負け組みだからって何だよこの野郎!って感じ。
    まるで僕自身のような主人公。
    頑張れ田西!頑張れ俺!
    切なくなるし胸も痛くなるしツライけど背けちゃいけないぜ、ボーイ。
    ってことでダメ男と自負している方は全員読みましょう。
    自分のことを負け組みだと思ってる人は全員読みましょう。

    【長所】
    ・ダメ男だけど応援したくなる。
    ・どこにでもいそうな女の子が出てくるけどまたそれが良い。
    ・自分も頑張ろうって思える。
    ・お色気あり。
    ・全10巻でキリが良い。

    【短所】
    ・ちはるの変わりっぷりにへこむ。
    ・ハナが裸になってへこむ。
    ・やっぱり負け組みは勝ち組のやつらに勝てない気がしてへこむ。
    ・運がなさすぎてへこむ。
    ・ネタがすべってへこむ。
    ・風邪引いて寝込む。
    ・韻を踏んでるけど意味がなくてへこむ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。