ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『デストロイandレボリューション』 <連載中>

    デストロイ










      作者:森恒二  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~2巻  
      ジャンル:SF・テロ


    【あらすじ】
    行き場のない怒りと孤独を抱える高校生マコトが持ってしまった驚異の「力」とは…!?
    理不尽な社会を相手に、破壊という名の革命が始まる!
    最凶のSFテロルストーリー!!

    【感想】
    少年が特殊な能力を使って破壊行為する漫画です。
    いつからか自分にある特殊な能力を隠していたマコトはユウキとの出会いでその力を使うことになる。
    手のひらの空間に入るものならどんなものでも遠くか手に入れてしまう力。
    ビルでも鉄骨を何箇所も手のひらサイズにして奪って壊すそんな能力。
    少年たちは世界に知らしめる為にその力を使いテロ行為をする。
    そんな物語。
    多分能力に関しては僕の説明を読むより漫画を直接読んだ方がしっくりくるはず。
    レビューの意味とかないじゃん!
    って思う方もいるかもしれませんがオススメ漫画を紹介しているだけですので、
    きっと無駄ではないはず。
    人生無駄なことなどないって誰かが言っていたのできっと無駄じゃない。
    少年たちがこの力を使いどこへ向かうのは分かりませんし、
    テロ行為は許されるものじゃないけど
    彼らにとって無駄なことにならないようにと思っています。
    まあでも人を傷つけちゃうのはダメだよね。
    物理的にも精神的にも。
    そんな反面教師漫画を読んで人として優しい人間になっていこうじゃないか!的な
    メッセージがあるかどうか分かりませんが捉え方は読者次第。
    土地柄によって同じ漫才やってもウケ方が違うのも観ているお客さん次第。
    あなたはこの作品を読んでどう思うのか?
    そんな問いかけの強い漫画です。
    何でもいいから問いかけられたいって人にオススメ。

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・先の読めない展開。
    ・引き込まれる世界観。
    ・メッセージ性が強い。
    ・自分にも何か能力があるんじゃないかと期待させてくれる。

    【短所】
    ・破壊行為はよくない。
    ・力の使い道を間違えると危ない。
    ・現実問題でテロ行為は悪。
    ・売れない芸人が努力をしないのは悪。
    ・そこそこの努力じゃどうにもならないのでダメ。
    ・自分にお笑いの才能があるといいなぁって夢みちゃうとこがダメ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。