ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『7人のシェイクスピア』 <連載中>

    7人のシェイクスピア










      作者:ハロルド作石  
      出版社:小学館  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:歴史・劇


    【あらすじ】
    “失われた年月”
    ――――謎に包まれたシェイクスピア空白の時代。
    片田舎の教育のない青年が、7年後には偉大な詩人になっていた。
    その間、彼がどこで何をしていたのか
    ―――記録は一切残っていない。

    【感想】
    シェイクスピアの記録残されていない空白の7年間を描いた漫画です。
    劇は見たことないけど一度は聞いたことのある人物、シェイクスピア。
    ロミオとジュリエットが有名ですね。
    有名だけど見たことはないのでいつか必ず観たいと思っています。
    そんな超有名な歴史的劇作家のシェイクスピアの物語。
    有名な劇作家になるまでに彼はどんな人生を歩んできたのか。
    空白の7年に一体何があったのか?
    フィクションだけどそんなこと関係なしに引き込まれる世界観。
    ハロルド先生独特のテンポ感やキャラの表情で展開していくストーリーは必見です。
    空白の7年って結構長いんですけどコンパスを結成してから今年(H24年現在)で、7年目に突入。
    ほとんどテレビに出ていないので世間的にはある意味空白の7年って感じです。
    でもコンパスでさえ7年の間に色んなことがあった訳ですから
    シェイクスピアだったらもっとすごいことがあるってことです。
    そんなすごいシェイクスピアの成長を一緒に見届けましょう。
    コンパスの微妙な成長も見届けましょう。
    見届けることが大好きな人にオススメ。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・ハロルド節は健在。
    ・引き込まれる世界観。
    ・先の読めない展開。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・その当時の差別的風潮が嫌。
    ・人が死んじゃう。
    ・悪巧みしている女性が怖い。
    ・体はるロケが怖い。
    ・中島が代わりにやってくれるので助かっている。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。