ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『タナトス~むしけらの拳~』≪完結≫

    タナトス










      作者:落合裕介  
      原作者:竹原慎二  
      出版社:小学館  
      巻数:全8巻  
      ジャンル:ボクシング・更生


    【あらすじ】
    暴走族の腕貸し(ケンカの助っ人)をして金を稼ぐ少年・リク!!
    16歳にしてケンカでは無敵だったのが、
    超高校級ボクサー棚夫木には、一発も当てられずに完敗――
    棚夫木にリベンジするため、ボクシングジムに乗り込むが…!?

    【感想】
    王道のボクシング漫画。
    元世界チャンピオンの竹原さんが原案ということでかなりリアルに仕上がってます。
    主人公リクの心と体の成長を描いています。
    残念なのが掲載していた雑誌が休刊になったことで作品が終わってしまったことですね。
    せっかく新しい登場人物も出てきたのに主人公とあまり絡みがないまま終わってしまいました。
    それでも物語は上手く完結していて読後感も良いので是非手にとって読んでみてください。
    ボクシングの華やかじゃない部分に触れてもっとボクシングのこと知るってのも良いかと。
    ボクシング好きの後輩佐藤君のコンビ、ガゼル解散残念!!!

    【長所】
    ・リクがカッコイイ。
    ・リクは無口で無愛想だけど憎めない。
    ・リアルなボクシング漫画。
    ・巻末に作者の日記が付いている。
    ・ボクシングジムに通いたくなる。

    【短所】
    ・雑誌が終わったことで全8巻で終わってしまっている。
    ・その影響が作品に多少ある。
    ・やっぱりもうちょっと見たかった。
    ・ボクシングジムに通うお金がない。
    ・そして体力もない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。