ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『リヴィングストン』 <連載中>

    リヴィングストン










      作者:片岡人生  
      原作者:前川知大  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~  
      ジャンル:魂・掃除


    【あらすじ】
    「交響詩篇エウレカセブン」「デッドマン・ワンダーランド」
    片岡人生最新作!!
    僕たちはあなたを救いに殺しに来ました

    【感想】
    魂を回収する漫画です。
    ネガティブポイントと呼ばれる場所は不慮の事故などで死んだ人の魂が成仏せずに魂の欠片となってそこに残る。
    そうなるとそのマイナスな力に引き寄せられてまだまだ長生き出来るのに魂の予定が狂い早く死んでしまう。
    そんな状態を救いに行く仕事をする二人の物語。
    1話完結くらいの短さで読みやすく割りと複雑な話も分かり易く説明してくれています。
    なので僕でも理解出来ました!
    ってことは大体の人が理解出来て楽しめるはず!
    なかなか面白い設定ですし、情があり真面目な桜井と何事にも淡白で感情一つ無い天野。
    この二人の温度差も面白いですし、まだまだ謎が隠されている部分もあって続きが気になっちゃう感じ。
    原作の前川先生は劇作家ということでそちらのお芝居もかなり見たい気持ちになっています。
    なので芝居が好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。
    そうじゃなくても魂とか回収とかそんな感じの作品が好きな方にもオススメです。
    実際魂ってあると思うんです。
    てかあると信じたい。
    だって死んだらそれで終わりってなんだか寂しくないですか?
    もちろん死んだら貯めてお金だって使えなくなるだろうし娯楽的なものは一切なくなるだろうし、
    大好きな漫画も読めなくなってしまう。
    物理的には終わりっぽいけどそれじゃ味気ないでしょ。
    輪廻転生とかちょっと信じています。
    なので次生まれ変わるならイケメンに生まれ変わりたい。
    イケメンで性格の良い男に生まれ変わりたい。
    でも今生きている僕の記憶が消えてしまうのも寂しいもんですな~。
    なので今を大切に生きようと思います。
    そういいながら結構無駄にしちゃってる部分があるんで勿体無いですけど。
    自殺とか考えている人がいたら是非とも考えを改めてもらいたい。
    今しかない人生!もっと色々と出来るはず!
    前向きに頑張りましょう。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・オムニバスっぽくなってて分かり易い。
    ・生死を扱う作品で命の尊さを学べる。
    ・最初の数ページはカラー。
    ・雨にも強そうな表紙の素材。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・冷酷すぎる天野に引いちゃう。
    ・一冊のお値段がちょっと高め。
    ・雨に強そうな表紙でも湿気には弱い。
    ・ここ一番に弱いコンパス。
    ・チャンスをつかめないコンパス。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。