ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『べしゃり暮らし』<連載中>

    べしゃり暮らし










      作者:森田まさのり  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~13巻  
      ジャンル:お笑い芸人・青春


    【あらすじ】
    ウケルるためなら命がけ!?
    吉竹高校3年の上妻圭右は、自称“学園の爆笑王”。
    その才能は、昼の放送でいかんなく発揮される!
    だが、ある日大阪から転校してきた元芸人・辻本潤の出現で、圭右大ピンチに!?

    【感想】
    お笑い芸人にスポットをあてた漫画です。
    ここまでがっつりお笑い芸人をメインに描いている漫画はないんじゃないでしょうか。
    自分も芸人の端くれなんで芸人ならではの会話のやり取りなどがあって親近感が沸きます。
    森田先生の作品が放つ熱さもしっかりとあります。
    「べしゃり暮らし」を読むとやる気が沸いてくるというか、何か頑張れ!俺!ってなります。
    1巻から3巻までは少年ジャンプで連載されていますが4巻からはヤングジャンプにて連載を再会。
    なので少年ジャンプ版の単行本を持ってるとちょっと4巻から違和感があるかもしれません。
    湘南純愛組もそんな感じでしたよね。
    1巻と2巻が大きいサイズでした。
    芸人の世界を知らない方はこの作品を読めば芸人の大変さを知ることが出来るかもしれません。
    好きだから続けられるけど稼げるようになるにはかなり大変です。
    実力や運や色々と必要な世界。
    やればやった分だけ評価される世界じゃないのでかなり厳しいのです。
    正直こんなにつらいとは思いませんでした。
    もっと早く売れてる予定でした。
    人生って難しいですね。
    なかなか上手くいかないので吐きそうになります。
    しかし、本編にも出てきますが、売れる芸人ってのは最後まで諦めないことだ!っていう言葉が僕を励ましてくれます。
    だから諦めないで頑張りたいなと思うわけです。
    そんな生々しいお笑いのディープな世界を上手く表現出来ています。
    ちなみに主人公の圭右の実家のおそば屋さんは浅草のそば屋さん翁をモデルにしています。
    漫画を見ながら店内を見ればそっくりなことに気付くはず!
    それだけでテンション上がります。
    僕はよくそこでざるそばを食べます。
    美味しいので是非浅草に寄る時は行ってみてください。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・熱さのある作品。
    ・頑張ろう!って気にさせてくれる。
    ・お笑い芸人の世界を垣間見ることが出来る。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・引退する芸人を見ると寂しくなる。
    ・夢を諦める時がくることを想像すると悲しくなる。
    ・最後まで悔いの残らないように頑張りたいが何をしていいか解らなくなる。
    ・もっと笑いの才能が欲しかった。
    ・今は漫画を買うお金が欲しい。
    ・段々と夢が小さくなっていく気がしてちょっと寂しくなった。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。