ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『人間失格 壊』 ≪完結≫

    人間失格 壊










      作者:二ノ瀬泰徳  
      原作者:太宰治  
      出版社:秋田書店  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:文学・サイコ


    【あらすじ】
    恥の多い生涯を送って来ました―――
    幼い頃より自意識にまみれ、世の中と調和出来ずにいた大庭葉蔵。
    無邪気さを装って、周囲をあざむいてきた彼の孤独な生涯とは――!?
    文豪・太宰治の不朽の名作を、漫画界の異端児が己の情念と人生を込めて大胆に漫画家!
    文豪×奇才=禁断!

    【感想】
    有名な太宰治先生の小説「人間失格」の漫画です。
    映画化にもなったりしていて知ってる方も多いのではないでしょうか。
    きっとうちの相方、中島は知らないと思いますが。
    人間失格ってかなり重いし暗い内容なので覚悟して読み始めたんですけど、
    絵のタッチがコミカルというか萌えっぽいというかポップな感じがしたんで意外だな~と思って読み進めると…
    やっぱり人間失格でした。
    エロ描写も何だか暗い気分にさせます。
    おぞましい人間の業というか欲望というか…
    どんよりとした気分になります。
    表面上だけでは分からない人間の心の闇…。
    裏切り、妬み、そして裏切り!
    って2回目やないか~い!
    これがおぞましいまでのノリツッコミってやつです…。
    人間失格、聞いたことあるけど読んだことないんだよなぁ…
    でも小説だと時間かかるしなぁ…
    って人はこの漫画版「人間失格 壊」を読んでみてください。
    小説の全てを知ることは出来ませんが人間失格ってこんな感じでしょ?
    みたいな話題には入れます。
    話に入れないときの寂しさ、嫉妬、羨望、そして裏切り!
    裏切り関係ないやないか~い!
    どことなく髭男爵さんみたいになっていますが…これも人間失格の持つパワーなのでしょう。
    人の芸を盗んでレビューする…芸人失格。
    恐ろしい。
    なんとまあ恐ろしいざんしょ!
    そういう怖いもの見たさな感じで読んじゃいましょう。

    【長所】
    ・絵がコミカルでちょっとした安心感がある。
    ・人間失格が全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・もう一つ作品が収録されていてお得。
    ・お色気あり。
    ・人間失格を簡単に知ることが出来る。

    【短所】
    ・人間の嫌な部分が沢山見える。
    ・全体的に暗い。
    ・どんよりした気分になる。
    ・ヨシ子のくだりは本当に嫌~な気分になる。
    ・M-1の2回戦落ちた時の方が嫌~な気分になる。
    ・相方がコンパばっかり行ってて嫌~な気分になる。
    ・最近は言ってませんよっていうけど絶対俺の方が行ってないわ!って嫌~な気分になる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。