ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『Waltz-ワルツ-』 ≪完結≫

    ワルツ










      作者:大須賀めぐみ  
      原作者:伊坂幸太郎  
      出版社:小学館  
      巻数:全6巻  
      ジャンル:バイオレンス・サスペンス


    【あらすじ】
    街を彷徨うその少年を彼は「蝉」と呼んだ―――
    今、一人の少年が闇に放たれた。
    導く男は、少年に何を見たのか。
    勇気、決意、対決――
    「殺し屋」たちの円舞曲。
    伊坂幸太郎オリジナル原作に大須賀めぐみが再び挑む――!!

    【感想】
    殺し屋を生業にしている少年がよりディープな殺し屋世界に入って行く漫画です。
    前作「魔王JUVENILE REMIX」から4年前の少年・蝉を描いているようです。
    前作をまだ読んでいないのでそこら辺を語ることが出来ませんが本作から読んでも楽しめるはず!
    だって僕自身が楽しめているから。
    絵も上手く読みやすいですし、テンポも良くどんどん読み進めていっちゃう感じ。
    殺し屋が主人公なんで人が沢山死んじゃうんでそういったものが苦手な人はキツイかも。
    暗闇の世界から少年は光を見ることが出来るのか?
    物語がどこへ向かっていくのか全然分かりませんが前作を読めばちょっとは理解出来るのかも。
    そうなると俄然前作を読みたくなる。
    今、超金欠なんで誰か営業下さい。
    そして僕に漫画を買えるお金を下さい。
    人を殺してお金を得る蝉とは別次元な話ですけど、お金を稼ぐって大変なんだよね~って気持ちになる作品。
    みなさん、間違っても危ない橋渡らないようにしてください。
    だから僕に危なくない営業ください。
    沢山漫画買いたいんで営業ください。
    司会、漫才、コント、など色々とやります。
    相方中島の松山千春モノマネコンサートなども出来ます。
    ご依頼は(株)ユニバースまで。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・ハラハラドキドキの展開。
    ・前作知らなくても楽しめる。
    ・ジャック・クリスピンがなんだか気になる。
    ・カバー外すとオマケ漫画あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写あり。
    ・主人公が暗い性格で可哀想。
    ・事務所の後輩芸人なべりんもなんだか可哀想。
    ・漫画買うお金がない僕自身も可哀想。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。