ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『弑逆契約者 ファウスツ』≪完結≫

    ファウスツ










      作者:星野泰視   
      出版社:講談社  
      巻数:全4巻  
      ジャンル:SF・サスペンス


    【あらすじ】
    彼らはそれを「聖書」と呼んだ。
    とある山奥の病院に転院してきた、若き数学の天才・田宮六登。
    神父が院長を、修道女が看護師を務めるその病院では、ある「本」の解読をするために、
    田宮の他にも様々な分野の天才が集められていた。
    「解読」=「不死」と信じられる本の正体とは?
    生きとし生ける物すべて死から逃れることは叶わない。
    ――――それは本当なのか?

    【感想】
    不死の本を解読する中で妙な世界に巻き込まれていく漫画です。
    ちなみにしぎゃくけいやくしゃって読みます。
    僕の持ってる漫画は「し」から始まるタイトルが多いですね。
    全体的に不気味な雰囲気が漂う中、物語は進んでいく感じ。
    バラバラになった悪魔の宿るページを探し取り付かれた悪魔を倒しながら真相へと向かっていきます。
    地球にとって人間は善なのか悪なのか。
    規模のでかい話になっていくのでそういうのが好きな方にオススメ!
    絵も上手く読みやすいです。
    展開も早くテンポ良く読んでいけます。
    不老不死って実際可能だったら人口爆発して大変なことになりそうですね。
    だから死んだほうがいいって思うわけでもありませんけど。
    死ぬの怖いし。
    昨今は自殺者も減らないみたいですけど生きてればなんだかんだで良いことあるよって言いたい。
    好きな漫画の続きを読めなくなるって寂しいでしょ?
    そう考えると不老不死でいつまでも漫画を読んでいたい気持ちになりますね。
    300年くらい生きられたら1回くらいは芸人として売れそうだし。
    でも無理な話なんで今を一生懸命生きていきます。
    結構重い話になりましたがそんな気分にさせる漫画かも。
    人によってとらえ方はそれぞれだから何とも言えませんけどね。
    悪魔と契約して能力を得る描写がありますが努力で得る才能もあると思いますので頑張っていこうじゃないか!
    ってことで前向きになりたい人や悪魔とか出てくるの好きな人は読んでみてください。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全4巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・謎めいた雰囲気が素敵。
    ・合間にあるオマケ漫画が空気を和ませてくれる。
    ・読後感は程よい謎を残しつつ終わるので良い。

    【短所】
    ・もうちょっと続いても良かった気がする。
    ・数学の専門用語のあたりはチンプンカンプン。
    ・人が死んじゃう。
    ・悪魔が怖い。
    ・いつまで経っても芸人として売れない現実が一番怖い。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。