ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『手騎-テキ-』 ≪完結≫

    手騎










      作者:やまさき拓味  
      出版社:集英社  
      巻数:全4巻  
      ジャンル:競馬・調教師


    【あらすじ】
    本邦初、本格調教師コミック!!
    「手騎」ちは調教師を指す競馬業界の隠語。
    調教師とは厩舎を経営する「社長」である――
    地方競馬で活躍していた若き騎手・一本杉薫は、
    判断ミスから乗り馬を死なせてしまい、
    そのまま日本競馬界から姿を消した。
    ――そして10年後、新人調教師として戻ってきた薫が競馬界に新風を吹き込む!!

    【感想】
    やまさき拓味先生のお得意の競馬漫画です。
    今回は裏方とも言える調教師にスポットをあてた作品。
    競馬を知らない人からしたら調教師と言われてもよく分からないかもしれません。
    調教師~?何それ~?SMプレイする人~?
    って勘違いする人もいるかもしれません。
    鞭は使うので共通するとろこはありますが調教師は立派な職業です!
    競馬界にとって調教師がいなければ競馬が始まらないほど重要な存在。
    馬の体調管理や調教など馬に合わせた生活スタイルな為、朝は早く夜中も起きて馬の世話をしたりなどとても大変です。
    僕には絶対出来ないと断言出来ます!
    なぜなら自分の体調も管理出来ていないので。
    そんな過酷で地味な調教師の仕事を漫画で見てみませんか?
    ヒューマンドラマな部分も見せてくれたりと充実した内容。
    絵も迫力があって見応え充分です。
    漫才協会の先輩、ナイツの土屋さんの描く馬の絵も凄く上手いです!
    もう引くくらい上手いです。
    この人はいったいどこに向かっているんだろう?
    ってくらいクオリティの高い馬の絵を描きます。
    競馬雑誌などで見れるそうなのでそちらもご覧になってください。
    自分も絵が上手くなりたいな~と思うのですが、
    その前に漫才ももっと上手くならなければいけないので歯がゆいです。
    馬と同じでも僕らも稽古を繰り返し少しでも成長して大きな賞レースで結果を残していきたいですね。
    2009年、2010年キングオブコント2回戦敗退。
    こんなんじゃダメってことですね。
    一日一日を無駄に過ごさないように頑張ります。
    気合いを入れなおしたところで早速漫画を読むとしよう!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・馬の絵がリアルなので迫力がある。
    ・調教師の世界を知ることが出来る。
    ・全4巻とコンパクトにまとまっている。
    ・巻末で調教師の仕事を詳しく教えてくれる。

    【短所】
    ・色々なしがらみがあって大変そう。
    ・早起きしたりして大変そう。
    ・馬に蹴られる可能性があって大変そう。
    ・お笑いの世界だって色々と大変そう。
    ・結局大変な思いをしないと人間って成長しないんだと思う。
    ・急に深い話になってまとめきれない。
    ・眠りは浅いけど朝起きれない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。