ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『どうぶつの国』 <連載中>

    どうぶつの国










      作者:雷句誠  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~4巻 
      ジャンル:アニマルファンタジー


    【あらすじ】
    動物しかいない星「どうぶつの国」に暮らすタヌキのモノコ。
    両親を食べられ一匹ぼっちのモノコは、
    ある日、見たことのない動物…人間の赤ちゃんを拾う!
    小さな出会いが世界を変える、奇跡のアニマルファンタジー開幕!!

    【感想】
    動物たちの世界がメインなんでとても可愛らしい世界観。
    しかしそこは弱肉強食もあって命がけの生活が待っている。
    実際動物の言葉は分かりませんがこんなやりとりもあるんだろうな~と思わせるどうぶつの国。
    生きるって大変。
    動物も大変だけど人間だって大変。
    そんな生きる意味、尊さ、などを学べたり出来ます。
    動物しかいない国で人間はどうやって生きていくのか。
    そしてどうぶつの国に何をもたらすのか。
    今後もかなり気になる作品。
    動物好きな人は泣いてしまうんじゃないかと思わせるくらい胸にぐっときます。
    自分ネコアレルギーですけどね。
    犬に吼えられるの嫌で通学路変更しましたけどね。
    でも動物大好き!
    犬の毛とかで喘息の発作悪化しちゃったりしますけどね。
    人間も動物も丈夫が一番!
    健康が何よりの宝!
    最近体調崩していたんで余計そう思えます。
    人間あとから気付くんだよね。
    反省反省…。
    いつか大きな家に住めるようになったら熱帯魚飼いたいな~。
    ディスカス沢山飼ってワイン片手に優雅に観賞するのが夢なんだ~。
    酒飲んでないのに肝臓悪いからワイン飲めないけど。
    なんだか俺全然丈夫じゃない!!

    【長所】
    ・動物たちが可愛い。
    ・絵が可愛く読みやすい。
    ・愛に満ち溢れている。
    ・巻末のオマケ漫画が付いてる。
    ・4コマ漫画も付いてる。

    【短所】
    ・弱肉強食の世界は怖い。
    ・生きるためには他の生き物を犠牲にしなければいけない。
    ・自分が食べてきたものを考えると残酷。
    ・親子丼っていうネーミングセンスがとても残酷。
    ・親も子供殺してご飯にのっけて食べちゃいやしょ!ってノリが残酷。
    ・でも美味しくて食べちゃう。
    ・色々食べた結果痛風と糖尿病になりかけている。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。