ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『アドルフに告ぐ』≪完結≫

    アドルフに告ぐ










      作者:手塚治虫  
      出版社:講談社
      巻数:全5巻
      ジャンル:戦争


    【あらすじ】
    神戸に住むドイツ領事の息子のアドルフは、
    パン屋の息子でユダヤ人のアドルフを通じて、
    アドルフ・ヒットラーの秘密を知る。
    その秘密とは…!?
    第二次世界大戦を背景に、
    三人のアドルフの運命を描く著者の代表作。

    【感想】
    偉大な漫画家・手塚治虫先生の代表作。
    事務所の社長に誕生日プレゼントで買ってもらいました!
    社長ありがとうございます!
    もっと買ってください!
    3人のアドルフがそれぞれ別の道を歩んでにいたが偶然なのか必然なのか運命という歯車によって同じ道に…。
    かなり深い作品。そしてちゃんと読み込まないとついていけなくなる作品。
    内容が濃くて映画を見ているようでした。
    第二次世界大戦を背景に描かれているので残虐なシーンなどもあります。
    心痛くなることもあります。
    でも背けちゃいけない!ちゃんと受け止めなきゃ!
    そこのあなた!一度読んで見てください!
    日本は今でこそ平和ですが世界のあちらこちらでは今でも戦争や飢えで苦しんでる人々がいます。
    みんながみんな平和を真剣に考えていけたらいいのに…。
    笑い=平和
    芸人であることは平和活動にも繋がるのかな…?
    だとしたら芸人って素晴らしいね!
    かといってこれ以上芸人が増えると僕らコンビの居場所がなくなるんで困りものですが…。
    しかしま~よく考えられるなと…関心します。
    物語を考えて、絵も描く。
    漫画家って本当に凄いと思います!

    【長所】
    ・物語に力強さがあるのでぐいぐい引き込まれて一気に読める。
    ・全5巻なんでちょっとした時間に読める。
    ・味のある絵。
    ・大人が楽しめる内容。
    ・戦争の悲惨さを知ることで平和が一番だということに気付かせてくれる。
    ・手塚治虫先生の偉大さに触れる事が出来る。
    ・手塚治虫作品を集めたくなる。

    【短所】
    ・残虐なシーンがある。
    ・人間の嫌な所が見えてしまう。
    ・戦争が怖くて急に不安になってしまう。
    ・絵が古い。
    ・ハッピーエンドじゃない。
    ・読後はモヤモヤする。
    ・手塚治虫作品を集めようと思うがお金がないことに気付き不安になってしまう。
    ・手塚治虫作品を集めようと思うが驚くくらい沢山あって集めきれるか不安になってしまう。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。