ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『僕はビートルズ』 ≪完結≫

    僕はビートルズ










      作者:かわぐちかいじ  
      原作者:藤井哲夫  
      出版社:講談社  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:音楽・SF


    【あらすじ】
    それはビートルズへの裏切り。
    2010年から1961年にタイムスリップしたビートルズのコピーバンド。
    自分たちのきた時代がビートルズのデビュー前だと知ったメンバーは、
    ビートルズになり代わることを決意する。
    “もし、僕がビートルズより先に『イエスタデイ』を発表したら、僕はビートルズになれるかもしれない”

    【感想】
    ビートルズが大好きなコピーパンドが過去にタイムスリップしてビートルズより先にデビューする漫画です。
    タイムスリップを題材にする漫画は過去にも多くありますが実在する人物よりも先にデビューしたらどうなるか?
    っていうifの世界って感じで興味津々。
    世界的なバンド、ビートルズを丸ごと盗作して先にデビューしちゃうってすごくないですか?
    このあとどうなっちゃうの?!って思うでしょ!
    主人公たちはビートルズになれるのか?
    それともビートルズが超えてくるのか?
    ノンストップの全10巻です。
    ちなみに僕はビートルズをうちの相方、中島が僕の誕生日にプレゼントしてくれました。
    コンビ愛って素敵。
    主人公たちだってビートルズ愛に満ち溢れた人物。
    そんなバンド同士のぶつかり合いが見れるのか?
    この漫画を読んで是非その結末を目に焼き付けてほしい。
    タイムスリップ出来たらって妄想、僕自身結構好きなんですよ。
    もし出来たら売れてる芸人のギャグ片っ端からやっていきます。
    コマネチから君カワうぃーね~!までやってやります!
    そんな寂しい妄想しています。
    妄想好きな人やタイムスリップ系が好きな方にオススメ。
    あとビートルズが好きな方にもオススメ。
    兎にも角にも
    早く売れたい。
    売れたいって言うかお笑いで生活できるようになりたい。
    でも諦めずに夢を追い続けて頑張ります。
    そしたら奇跡で過去に戻れるかもしれませんし。
    とりあえず今夜は宝くじが当たったらって妄想をして過ごしたいと思います。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・物語がだれず最後まで突っ走る内容。
    ・先の読めない展開で最後まで楽しめる。
    ・全10巻と丁度良い読み応え感。
    ・巻末にビートルズ大学誌上講義もあって世界観を詳しく知ることが出来る。

    【短所】
    ・盗作はよくない。
    ・いつかバレるんじゃないかってハラハラしちゃう。
    ・ビートルズを全く知らないとついていけない。
    ・ず~とるびを知らなくても作品は楽しめる。
    ・自分はチキンハートだから過去に行けても盗作バレるのが怖くて先にデビュー出来そうにない。
    スポンサーサイト

    2012年6月7日(木)『ナイツ土屋さん主催、浅草POGの会に参加しました』

    結構短めなスパンでのダイアリーの更新。

    自分で言うのもなんだけど珍しい。

    今月は結構バタバタしてる感じ。

    月初から風邪をこじらせたことが計算外だったけど。

    過去最高レベルの喉の痛さにもう治らないんじゃないのか?ってくらい不安になりましたがだいぶ回復。

    まだ咳と痛みは若干あるけど。

    でも時間の問題だな。

    つーか点滴2回も打ったんだから治ってもらわな困るわいな。



    ってことでって全然繋がってないけど

    先月末から富山テレビのロケでお祭りに参加させていただきました。

    流山出身と名乗っていますが生まれは東京の下町。

    下町と言えば祭り。

    でも人ごみが苦手で引きこもり気味だったんで祭りに参加したことないのよね~。

    なんつー少年期を経て富山のロケで祭りに初参加。

    当然御神輿なんて担いだこともないしフンドシになることもなかった僕が

    カメラや大衆の前でフンドシ姿で御輿を担ぐという粋な男になるとは思いもしませんでした。

    御輿?神輿?どっちなの?

    どっちでもいいか。

    とりあえずフンドシになるのに更衣室で全く知らないオジサンにスッポンポンにされフンドシを締め付けられる。

    タマ○ンがグリグリってフンドシに巻き込まれてイタタタタタタっ!ってなったけど仕方ない。

    受け入れましょう。

    恥ずかしいなんてことも言ってられない。

    私はプロの芸人なんですから!

    楽屋

    楽屋も用意してもらって仕事しないわけにもいかない。

    頑張りましたよ。

    ふんどし

    賑やかなところが大好きな中島は大はしゃぎ。

    私、西本は

    すでに風邪をこじらせている為意識朦朧。

    でもフンドシ姿で弱音を吐くわけにはいかない。

    やりきりましたよ。

    人間気合いでなんとかなるもんです。

    出店のベビーカステラ屋になりきったり

    富山祭り1


    カレー屋さんでパキスタン人の家族と戯れたり

    パキスタン


    楽屋にあった伊藤アナの眼鏡を使っておふざけしたり

    めがね

    と、楽しい富山ロケを満喫。

    やっぱり最高に充実しますね。

    ロケ終わって東京戻り風邪悪化でしばらくきつかったけど

    回復してきたところで

    タイトルにもあるように

    ナイツの土屋さん主催の浅草POGの会に参加したって流れ。

    POGを知らない人に簡単に説明すると

    バーチャルな感じで馬主気分になれるゲームって感じ。

    ざっくりな説明だけど

    説明に時間かけると眠くなっちゃうしネットで便利な機械もあるし

    調べてもらうのが一番かなって。


    ただの面倒くさがりな自分を許して。

    今回POG初参加だったのですが

    主催の土屋さんの気合いがハンパない。

    本当に売れっ子なのか?

    ってくらい何もかも用意して凝りに凝ったPOGドラフト会議を開催。

    POG5.jpg

    それぞれネームプレートを用意し

    席に着席。

    POG2.jpg

    POG6.jpg

    メンバーは芸人だけじゃなく、競馬雑誌の編集の方やライターの方など競馬を愛する男たちが11人集う。

    本当にこの場にいて俺大丈夫なのか?って心配したけど

    俺と同じくらいの知識レベルで一夜漬けして参加した三拍子の久保くんの姿を見て安心。

    POG1.jpg

    会議室も使える時間が限られてるのでサクサクとドラフト指名へ。

    芸人がいるのにもかかわらずほとんどボケずに真面目に競馬を語り続けるっていう異様な光景でしたが

    競馬好きにはたまらない空間。

    ドラフト指名でかぶったら当然、野球のドラフトのように抽選ボックスで当たりクジを競う。

    POG4.jpg

    2回ほど他の人とかぶりましたが無事2回とも獲得の紙をゲット。

    これも土屋さん手作りです(笑)

    獲得出来たからって必ず活躍するとは限らないのがPOGの面白いところ。

    野球のドラ1だって必ず活躍するとは限らないでしょ?

    野球の例えでもピンと来ないならもう置いて行っちゃうからね!

    ってことでホワイトボードに指名された馬が書かれていく。

    POG3.jpg

    全く興味の無い人には気持ち悪いボードに映っていることでしょう。

    そんなこんなで各々10頭ずつ馬を指名して終了。

    会議が終わればそのまま興奮冷めやらぬまま居酒屋で打ち上げ。

    未来のダービー馬に乾杯をして楽しく帰宅。

    なんか充実したよ。

    ロケも楽しかったし、POGの会議も楽しかった。

    とりあえず僕が1位指名したリジェネレーションの活躍に皆さん要チェックやで!


    まあそんなこんなな感じで過ごしてますが

    今週の土曜に地元流山で笑って健康お笑い大行進20があるのでそちらも要チェックやで!

    笑って健康

    千葉で結構色々な新聞に載ってるみたい。

    ありがたいやね。



    話はだいぶ変わるし別に深い意味はないのだけれども

    ファンとの距離感ってのを考えていまして。

    僕自身漫画家の先生方のファンなんですよ。

    でもあんまり近過ぎてもダメなのかな?ってちょっと不安に思ったり。

    まあ近過ぎる先生もいないんですけど。

    ってなことを考えてたらバクマン19巻でも声優とファンとの間でのやりとりなんてのも描かれていたりで

    なんかタイムリーな感じがしたんであえて今書いている訳なんですよね。

    若干19巻のネタバレになってしまうので知りたくない人はここでストップ。


    バクマンで描かれているヒロインはこれから売れていくであろうアイドル声優をやっていて主人公と付き合ってる訳です。

    そんでひょんなことからその交際がバレてしまう。

    そうするとファンがネットで誹謗中傷の嵐。


    そんで僕は思った訳です。

    アイドルってそもそも何?

    アイドルのファンはそのアイドルとバーチャルな恋愛関係を築けているから成り立っているの?

    彼氏がいようが彼女がいようが変わらず応援するのがファンじゃないのか?って。


    AKB48もすごい人気。

    今日は総選挙でしたよね。

    彼女らも恋愛禁止っていうルールがあるらしいけど彼氏くらいいるだろって思う訳です。

    堂々と交際宣言する必要は全くないけど

    もし仮に交際がバレてしまったらファンを辞めてしまうの?

    彼氏がいたら応援しないの?

    投票しないの?

    ってファンの存在にちょっと疑問を感じたわけで。


    僕ら芸人からしたら売れてもいないのに応援してくれるファンの方の存在ってすごくありがたいんですよ。

    本当に感謝してもしきれないくらい。


    で、何が言いたいのかというと

    過去の話になるんですけど

    コンパスを組む前に

    ドリンクっていう別のコンビを組んでいたことがありました。

    7~8年くらい前になるのかな?

    そんで当時、組んでいた相方はまあ僕に比べれば見た目がいいので女性のファンが多かったわけです。

    出待ちもあったりしてファンレターくれたりして。

    けどある日その相方が結婚したんです。

    それを発表したらそのファンたちがいなくなったんです。

    それを見て思ったんですよね。

    なんか寂しいなって。


    恋愛感情を持つことは悪いことじゃないけど

    恋愛感情を持っていた為に気持ちが離れてしまうのであれば

    それはとても残念なこと。

    つまりは

    距離感って大事だなってことが言いたい。


    支離滅裂でよくわかんなくなっちゃってるけど


    お互いの為にある程度の線引きは重要な気がします。



    とまあ小難しい話になってしまいましたが

    僕らに出来ることはファンの方が離れないように面白いネタを作り続けていくことだなってことですかね。


    これからも頑張ります。







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。