ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『BUYUDEN-武勇伝-』 <連載中>

    BUYUDEN










      作者:満田拓也  
      出版社:小学館  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:ボクシング・青春


    【あらすじ】
    退屈する天才は、出会ってしまった。
    何不自由のない家庭に生まれ、
    勉強も運動も、簡単に一番になれてしまう…
    スリルのない現実に飽き飽きしいている小学6年生・武勇が、
    ある日出会ったのはボクシング少女・萌花だった!
    運命が今、動き始める!

    【感想】
    青春学園ボクシング漫画です。
    MAJORの満田先生の最新作ですね。
    MAJORはかなりの長編大作でしたが
    このBUYUDENも主人公が小学6年生ってとこからスタートするあたり
    こちらも長編大作になりそうな予感。
    なんでも簡単に一番になれて飽き飽きしてる小学生ってちょっと怖いですけど
    読むとどこにでもいそうな可愛い小学生で安心します。
    主人公が武勇と書いてタケイサムと読む。ヒロインが萌花と書いてモカと読む。
    親切でしょ?
    まあ漫画読めば分かるんですけどね。
    物語は始まったばかりですが週間連載ですし
    気が付けばあっという間に数十巻ってことになりますので
    今のうちから集めておいた方が楽です。
    現段階だとヒロインがめっちゃ強くて主人公が普通です。
    これからどう成長していくのか、
    イサムとモカの今後の武勇伝に期待大です!
    コンパスも負けずに武勇伝を作っていきたいところですが
    お笑いで言う武勇伝となると人気お笑い芸人の芸風になりますので
    武勇伝というフレーズは使えませんが試行錯誤して頑張ります。
    そう言えば武勇伝やらなくなりましたね。
    もう売れてタレント化してますからね。
    いいな~。
    芸歴こっちの方が長いのにな~。
    自分は大器晩成なんだと思い込んでこれからも突き進みます。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・長編になりそうな気配がプンプンする。
    ・不良を倒す爽快感がある。
    ・少年漫画の王道的な感じでワクワクする。
    ・今後に期待が持てる。

    【短所】
    ・長編大作の予感って言っておいて短く終わったら嫌。
    ・上から目線の小学生って実際に会うとイラってする。
    ・小学校の営業に行くと股間をやたら殴ってくる子がいてイラっとする。
    ・親の顔が見たいですね~って言ったらその子の親の腕にタトゥーが入っていて言ったことを後悔する。
    ・たまにPTAでもタチの悪い人がいる時はお手上げになる。
    スポンサーサイト

    『男麺-おとこメ~ン-』 ≪完結≫

    男麺










      作者:土山しげる  
      出版社:集英社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:麺類・ヒューマンドラマ


    【あらすじ】
    大手商社の営業マン
    池田免太郎(通称イケメン)は、
    一日に一杯、必ず立ち食いそばを食べないと気がすまないほどの“麺好き”として社内でも知られる。
    外回り、出張先、残業後の夜食、プライベート……で、
    そば、うどん、名古屋麺、盛岡冷麺&沖縄そば、ラーメン、焼きそば、
    その時その場で食べたい麺で胃袋をガッツリと満たす!
    「食キング」「喰いしん坊!」「極道めし」などを手がける、
    食漫画の巨匠が挑んだ、
    渾身の“麺食い”ロマン。
    とくと、ご賞味あれ~!!

    【感想】
    麺類全般を食べる漫画です。
    あらすじにも書いてありますが、
    そばやうどんからナポリタンまで色んな麺類が出て食べる。
    そのオマケに人間模様などが描かれている感じ。
    自分もかなりの麺類好きなんで無視出来ない一冊。
    どことなく下町ちっくな空気感で
    浅草で舞台に立つ人間としても無視出来ない一冊。
    帯に旨すぎてご麺!って書かれていたんで
    ついつい自分もダジャレを言っちゃうので無視出来ない一冊。
    お腹空いているときに読むと更に空腹感が増します。
    そして何かしらの麺類が食べたくなります。
    ダイエットの天敵的な作品。
    麺類以外にも主人公が飲む缶コーヒーも気になってしまうところ。
    全体的に食の強い漫画です。
    漫画好きで麺類好きな方にオススメ。
    最近食欲ないな~って人も男麺読んだら食欲出てくるかも!
    そんな治療効果を期待しつつ読むのもあり。
    夏バテ防止にどうですか?
    それにしても最近ラーメンばっかり食べてる気がする。
    そんで食後にプリン。
    完全にお約束的な感じで食べているので
    そろそろ自分の身体のことを真剣に考えないといけない気がする。
    でも麺類って美味しいからやめられないんだよね。
    喫煙者もこんな気持ちなのかな?

    【長所】
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・お腹が空いてくる。
    ・落語の噺もちょろっと解説されてて勉強になる。
    ・色んな麺類に詳しくなれる。
    ・読後感が良い。

    【短所】
    ・麺類が苦手だと厳しいかも。
    ・感じ悪いラーメン屋の店主が出てくる。
    ・作中、若手芸人が簡単に売れるけど現実はそんなに甘くない。
    ・入院してるときに読むとキツイかも。
    ・入院しないように普段の食生活を気をつけたい。

    『スマグラー』 ≪完結≫

    スマグラー










      作者:真鍋昌平  
      出版社:講談社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:マフィア・抗争・運送


    【あらすじ】
    役者志望のフリーターの砧涼介は、
    流されるままの自堕落な生活の果てに借金を作らされ、
    裏社会の非合法な「運び屋」の仕事をせざるを得なくなった。砧は、
    上司のジョーや同僚にあたるジジイと共に、
    中国マフィアが抗争の果てに惨殺した暴力団の組長と護衛の死体を運ぶことになるが…

    【感想】
    死体を運ぶ危ない仕事の漫画です。
    ざっくりとしたジャンル分け。
    分かり易くていいでしょ?
    そうでしょ?
    自分で納得してんだからいいや。
    映画化になるってことでどう表現されるのか気になるところ。
    ちなみに映画化になるからって読んだ訳じゃない。
    その前から読んで知ってたんだからね!ってことを言っておく。
    物語はダメなフリーターの主人公が借金返済の為に危ない運び屋の仕事をしていく中で、
    死ぬかもしれない経験をしながら成長していく展開。
    殺し屋の抗争に巻き込まれるって中々ない経験で、
    そんでもって絶対に経験したくないけど、それを乗り越えたらかなり成長出来そう。
    だからって危ない仕事を薦めている訳じゃないからね。
    だって命の保障はないからね。
    俺が勧めるのは漫画くらい。
    あとは美味しいラーメン屋とかかな。
    闇金ウシジマくん同様リアリティのある世界観だからこそ感じる恐怖。
    平和ボケしてたら危ないよ!って教えてくれてる気がする。
    毎日のように誰かが死んだとかってニュースを見る度に怖くなる。
    日本は平和だって言うけど人によっては全然平和じゃない。
    本当の平和な世界になるようにみんな仕事終わったらずっと漫画を読む生活してたらいいのに。
    仕事しないで漫画ばっかり読むとダメな大人になるから気をつけてね。
    いつしかスマグラーみたいな世界へ連れて行かれるかも…。
    あ~怖い!

    【長所】
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・人物相関図もあって分かり易い。
    ・ハラハラドキドキする展開。
    ・1巻しかないけど濃厚な内容。
    ・映画観る前に予習しておけばすんなり頭に入りそう。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写あり。
    ・未成年でクスリとか絶対ダメ。
    ・成人してても絶対ダメ。
    ・医師が処方してくれた薬を沢山飲んできた僕は身体がダメ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。