ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『エナ』 ≪完結≫

    エナ










      作者:磯本つよし  
      出版社:双葉社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:SF・ファンタジー


    【あらすじ】
    なぜ、生まれてきたのか――?
    ちょっぴり人より頑丈(?)だけど、心はフツーの女の子・エナ。
    地下組織の一員として生きる彼女は、ある時、武器を持った男相手に人間離れした力を見せてしまう。
    それが原因でサイボーグの存在が噂され、エナは次々とキケンな男たちに襲われることに。
    その背後には、ある目的でエナを作り出した「研究所」の存在が……。

    【感想】
    サイボーグとして生まれた女の子のアクティブな漫画です。
    ロボットとして生まれてきた。
    どうして私は作られたのか?
    そんな想いが駆け巡るなかそれでも明るく元気に生きるエナ。
    パワー全開ハチャメチャな感じで暗さなんてものはなく爽快感のある作品です。
    全1巻で終わっているためちょっと勿体無い感じもしないでもないんですが、
    エナの生き方っぽくて結果的に良いんじゃないかと。
    生まれた環境が悪い、置かれた状況が悪いと
    ついつい他人のせいにしがちな人間。
    そんな人いるでしょ?
    そうです。
    僕もそんな人間です。
    そういった環境で生まれたのは仕方ないと割り切ってプラスに考えて行動すればきっと未来は明るい。
    そんな気持ちにさせてくれる漫画でもあります。
    エナみたいに行動力と体力があればもっと有意義に生活できてそうだな~。
    いいな~。
    体力ある人っていいな~。
    あ、人じゃないのか。
    でも可愛いしいいな~。
    そんな漫画のキャラが羨ましくなっちゃうような弱い気持ちを持っちゃダメ!
    エナみたいにタフにたくましく生きていきましょう。
    だからノロウイルスにかかってる場合じゃないんです!
    もっと強くなれ俺!
    そう思いながら今日も駅まで歩いて足腰を鍛えます。
    地味な鍛え方だな…。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・爽快感のある展開。
    ・迫力あるバトルシーン。
    ・エナの明るさに救われる気がする。

    【短所】
    ・もっと続いても良かった。
    ・エナの境遇が可哀想。
    ・僕の境遇は…割と普通。
    ・普通すぎてネタにならない。
    ・中島のつっこみが上手くならない。
    ・中島のなまりがなかなか取れない。
    スポンサーサイト

    『リヴィングストン』 <連載中>

    リヴィングストン










      作者:片岡人生  
      原作者:前川知大  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~  
      ジャンル:魂・掃除


    【あらすじ】
    「交響詩篇エウレカセブン」「デッドマン・ワンダーランド」
    片岡人生最新作!!
    僕たちはあなたを救いに殺しに来ました

    【感想】
    魂を回収する漫画です。
    ネガティブポイントと呼ばれる場所は不慮の事故などで死んだ人の魂が成仏せずに魂の欠片となってそこに残る。
    そうなるとそのマイナスな力に引き寄せられてまだまだ長生き出来るのに魂の予定が狂い早く死んでしまう。
    そんな状態を救いに行く仕事をする二人の物語。
    1話完結くらいの短さで読みやすく割りと複雑な話も分かり易く説明してくれています。
    なので僕でも理解出来ました!
    ってことは大体の人が理解出来て楽しめるはず!
    なかなか面白い設定ですし、情があり真面目な桜井と何事にも淡白で感情一つ無い天野。
    この二人の温度差も面白いですし、まだまだ謎が隠されている部分もあって続きが気になっちゃう感じ。
    原作の前川先生は劇作家ということでそちらのお芝居もかなり見たい気持ちになっています。
    なので芝居が好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。
    そうじゃなくても魂とか回収とかそんな感じの作品が好きな方にもオススメです。
    実際魂ってあると思うんです。
    てかあると信じたい。
    だって死んだらそれで終わりってなんだか寂しくないですか?
    もちろん死んだら貯めてお金だって使えなくなるだろうし娯楽的なものは一切なくなるだろうし、
    大好きな漫画も読めなくなってしまう。
    物理的には終わりっぽいけどそれじゃ味気ないでしょ。
    輪廻転生とかちょっと信じています。
    なので次生まれ変わるならイケメンに生まれ変わりたい。
    イケメンで性格の良い男に生まれ変わりたい。
    でも今生きている僕の記憶が消えてしまうのも寂しいもんですな~。
    なので今を大切に生きようと思います。
    そういいながら結構無駄にしちゃってる部分があるんで勿体無いですけど。
    自殺とか考えている人がいたら是非とも考えを改めてもらいたい。
    今しかない人生!もっと色々と出来るはず!
    前向きに頑張りましょう。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・オムニバスっぽくなってて分かり易い。
    ・生死を扱う作品で命の尊さを学べる。
    ・最初の数ページはカラー。
    ・雨にも強そうな表紙の素材。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・冷酷すぎる天野に引いちゃう。
    ・一冊のお値段がちょっと高め。
    ・雨に強そうな表紙でも湿気には弱い。
    ・ここ一番に弱いコンパス。
    ・チャンスをつかめないコンパス。

    2010年12月23日(水)『東京都の漫画規制法案』

    今回はかなり真面目なお話。


    何かと話題になっている漫画規制法案。

    実はそこまで詳しくないので多くを語れる立場じゃないんですけど、

    レビューサイトをやっている手前スルーするってのはどうかなと思いまして。

    スルーするってダジャレみたいになりましたけど意識していません。


    だって今回は真面目なお話をするんですから。


    掻い摘んで言うと、未成年の子たちの手が届くようなところに過激な暴力表現のある漫画や、

    過激な性描写(強姦や近親相姦)のある漫画を規制して手が届かないようにしましょう!

    ってこと。


    でも規制することで表現の自由が奪われてしまったりとか、ただでさえ出版業界の収益が減っている中、

    さらに減ってしまうのではないかという事態になるわけです。


    極端な話、例えば、名作として名高い「寄生獣」が過激な表現がある為アダルトコーナーの置くようなもんです。

    そんなの買いにくいったらありゃしないでしょ!


    そしてそういった過激な描写がある漫画は犯罪を助長することになるみたいなことも懸念されているそうです。


    もちろん小学生が過激な性描写のある漫画を読むことはよくない。

    でも別に規制する必要もないと思う。

    本屋がレイアウトに気をつければいいだけだし。


    つーか漫画規制する前にもっと規制するもの他にあるでしょ?

    って感じもする。

    AVだって強姦ものや痴漢ものがあってなんならネットを通じて見る事が出来る。

    ネットを使えば簡単にモザイクなしのエロいのを見ることが出来ちゃう。

    それこそ問題でしょ?

    漫画よりよっぽど犯罪を招きかねないでしょ?


    でもね、俺から言わせてもらえばどっちも犯罪を招くもんじゃないって思うわけ。


    俺だって数々のエログロ漫画を読んできましたよ。(全く自慢になりませんが)

    沢山AVだって見た!って恥ずかしくて言えませんがそれなりにねぇ…

    男の子だしねぇ…

    見たことないわけじゃないんだよねぇ…


    けど、それを真似しようだとか思ったこと一度だってありません。

    要は規制しようが規制しなかろうが犯罪をする奴はするんですよ。

    もうそれは個人の問題でしょ。


    環境に恵まれてないから人の道外れちゃう人もいるでしょう。

    でも環境に恵まれてないけど立派な人になっている人も数多く見てるし身近にもいます。


    人と人との繋がり!これが大切なんじゃないの?

    越えては行けない線がある。

    その寸前で救いの手を差し出す誰かがいればいいと思う。

    そんな環境作りとかしていけばいいのに。


    マイナス部分を叩くんじゃなくて

    プラスの部分を増やそうよ!ってことになんでならないかな~。


    政治にしてもどこも他の党の揚げ足を取る事ばかり。

    そんなことしている暇があったら国民のために何かしたら?


    政権交代政権交代!って散々言って何か好転しましたか?


    どこの党がトップに立ってもいいけど揚げ足取りだとかに時間を費やすんじゃなくてもっとプラスにみんな考えたらいいのに。


    そんでもって東京との条例だから東京じゃ買えないけど千葉じゃ買えるってことでしょ?

    それもよく分からない。

    だから変な規制なんかしないでちょうだいよ!

    って言いたい。

    漫画は日本が誇る文化よ?

    背中を押すくらいのバックアップを国がやるくらいのことをしたらいいのに。


    まあ僕個人が何を言おうが力がないので何にもなりませんが取り上げてみました。

    事実と違っていたりする部分があると思いますので興味のある方は各々調べてくださいな。

    支離滅裂な文かと思いますが申し訳ないです。


    感情的に書いているのでこんな風になっちゃいました。



    要はみんな平和に誰も傷付けないで仲良く過ごすことだけを考えたらいいと思います。


    ケンカしたって何も得しないでしょ?


    残酷な漫画を読むことでこんなことをしてはいけないな!って思えることはプラスに働くはず。

    戦争ものを描いている漫画家の先生だって戦争を勧めているわけじゃないと思うし。

    戦争はこんなにも悲惨なんだよ!だから戦争の無い国にしようね!

    ってメッセージが含まれているんだと僕は信じております。


    つーことで今後どんな影響があるのか分かりませんがしばらくは様子をみたいと思います。






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。