ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010年11月30日(火)『ナイツさん真打昇進おめでとうございます!』

    先日26日に浅草公会堂で開催された「第41回漫才大会」でめでたくナイツさんが真打昇進されました。

    異例の速さでの昇進ってことなんできっとすごいことなんです!

    この勢いでM-1も優勝してもらいたいなと思います。

    僕ら早々に負けたんで身近な人に託したくなってしまいます。

    来年はもっと頑張ります。


    真打昇進ナイツさん

    ツーショットも撮れたしナイツファンの人がこのブログ見に来るといいなぁ~っていう他力本願な感じ。

    それにしても漫才大会は漫才協会のメンバーが勢ぞろい!

    なぞかけブームも巻き起こしたWコロンさんや山形弁漫才でおなじみのロケット団さんや、

    その他沢山の師匠方など盛り沢山の内容でした!

    僕ら若手はネタ尺1分半だったんで一瞬で終わってしまいましたが、

    師匠方も3分やら5分でネタが終わってしまうので浅草版レッドカーペットみたいな状態でした。


    ロケット団三浦さん

    最近かわいがってもらってるロケット団の三浦さんとツーショット。

    かわいがってもらってると勘違いしている可能性もありますがまだ嫌われていないはず!

    漫画の話で結構盛り上がるし。

    三浦さんやホンキートンクのトシさん率いるガラスのハート会の集まりに参加させてもらい傷の舐め合いをしています。

    三浦さんのファンの人もこのブログ見に来るといいなぁ~。



    そして今をときめくねづっちさんとツーショット。

    Wコロンねづっちさんと

    ねづっちさんのファンの人もこのブログ見に来るといいなぁ~。


    他にも色々な若手がいます!


    写真は芸人THEブラストのでん平さん。

    でん平さん

    漫才協会では異色の楽器を使ったコンビです。

    見た目もだいぶ異色ですけどね。



    あとは最近網膜はく離から復活した森さん。

    森さん

    なぜ網膜はく離になったのかよく分かりませんが復帰出来てよかったです。

    森さんのファンの人もこのブログ見に来てくれるといいなぁ~。


    そんなこんなの漫才大会!

    僕らコンパスは昼の部に出たんですけど若手の中で今年も優勝を決めるみたいなコーナーがありまして、

    無事優勝しました!

    ありがとうございます!

    これでNHKさんの番組に映れば文句なし!って感じですけど果たしてどうなることやら。

    それにしても疲れましたなぁ。

    久しぶりに小学校からの友達と遊んだりしたおかげで風邪引きました。

    体力ないなぁ。

    また明日から寄席が始まるので早く回復したいもんですなぁ。


    割とパニックの方は落ち着いてきているので安心です。

    ダイアリーの方はあんまり更新しないから色々と言っておかないといけないけど

    とくにこれといった話題がないんですよね…。

    あ、そうだ!

    ドラマ「SPEC」が面白い!ってことが言いたい!

    世界観とかその他諸々全部好き。

    戸田さんがハマリ役で好きになりそう。

    好きになられても困るし何にもならないから俺の気持ちなんて塵となって消えてしまえ!

    あと北朝鮮怖いですね。

    せっかくパニック障害も落ち着いてきたのに戦争なんてことになったら大パニックを起こしますよ…。

    平和が一番!

    ってことで今日も平和に漫画を読もうっと。





    スポンサーサイト

    『人間失格 壊』 ≪完結≫

    人間失格 壊










      作者:二ノ瀬泰徳  
      原作者:太宰治  
      出版社:秋田書店  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:文学・サイコ


    【あらすじ】
    恥の多い生涯を送って来ました―――
    幼い頃より自意識にまみれ、世の中と調和出来ずにいた大庭葉蔵。
    無邪気さを装って、周囲をあざむいてきた彼の孤独な生涯とは――!?
    文豪・太宰治の不朽の名作を、漫画界の異端児が己の情念と人生を込めて大胆に漫画家!
    文豪×奇才=禁断!

    【感想】
    有名な太宰治先生の小説「人間失格」の漫画です。
    映画化にもなったりしていて知ってる方も多いのではないでしょうか。
    きっとうちの相方、中島は知らないと思いますが。
    人間失格ってかなり重いし暗い内容なので覚悟して読み始めたんですけど、
    絵のタッチがコミカルというか萌えっぽいというかポップな感じがしたんで意外だな~と思って読み進めると…
    やっぱり人間失格でした。
    エロ描写も何だか暗い気分にさせます。
    おぞましい人間の業というか欲望というか…
    どんよりとした気分になります。
    表面上だけでは分からない人間の心の闇…。
    裏切り、妬み、そして裏切り!
    って2回目やないか~い!
    これがおぞましいまでのノリツッコミってやつです…。
    人間失格、聞いたことあるけど読んだことないんだよなぁ…
    でも小説だと時間かかるしなぁ…
    って人はこの漫画版「人間失格 壊」を読んでみてください。
    小説の全てを知ることは出来ませんが人間失格ってこんな感じでしょ?
    みたいな話題には入れます。
    話に入れないときの寂しさ、嫉妬、羨望、そして裏切り!
    裏切り関係ないやないか~い!
    どことなく髭男爵さんみたいになっていますが…これも人間失格の持つパワーなのでしょう。
    人の芸を盗んでレビューする…芸人失格。
    恐ろしい。
    なんとまあ恐ろしいざんしょ!
    そういう怖いもの見たさな感じで読んじゃいましょう。

    【長所】
    ・絵がコミカルでちょっとした安心感がある。
    ・人間失格が全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・もう一つ作品が収録されていてお得。
    ・お色気あり。
    ・人間失格を簡単に知ることが出来る。

    【短所】
    ・人間の嫌な部分が沢山見える。
    ・全体的に暗い。
    ・どんよりした気分になる。
    ・ヨシ子のくだりは本当に嫌~な気分になる。
    ・M-1の2回戦落ちた時の方が嫌~な気分になる。
    ・相方がコンパばっかり行ってて嫌~な気分になる。
    ・最近は言ってませんよっていうけど絶対俺の方が行ってないわ!って嫌~な気分になる。

    『LOST+BRAIN-ロストブレイン-』 ≪完結≫

    ロストブレイン










      作者:大谷アキラ  
      原作者:薮野続久  
      出版社:小学館  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:催眠・サスペンス


    【あらすじ】
    催眠というのは本当に人間を操れるのですか?
    つまらない学校に、つまらない人間!!
    くだらない現実に幻滅していた天才・氷山漣。
    世界を根本から変えたい…
    そう望む彼は“催眠”という底知れぬ力を手にして…!?
    人間の心の、奥の奥へと入り込む禁断の催眠サスペンス、待望の第1巻!!

    【感想】
    催眠術を使い、人間を洗脳して世界を変えようとする漫画です。
    雰囲気的には「デスノート」っぽさがあるのでイメージしやすいかと。
    「デスノート」読んだことないよ!
    って人はどっちも読んだらいいと思います。
    「デスノート」は死神が出てきたりするファンタジー要素がありますが、
    「ロストブレイン」は催眠術を使うだけなのでリアリティがあります。
    主人公に催眠術を使って世界を変えるきっかけを与えてしまった催眠術師の九遠寺。
    主人公の野望を止めようと動きますが催眠を使って先手を打たれて、どうにもこうにも…って展開にドキドキハラハラです。
    心理戦とか駆け引きとかそういった部分でも魅力的。
    全3巻と短くまとまっているので分かり易く読みやすいです。
    催眠術でここまで人間を操れるんだったらそりゃ恐ろしいことになりますね。
    催眠術をかけられたことがないのでどうなるのか分かりませんが機会があればかけてもらいたいです。
    コンパスは面白い!っていう催眠をかけられるならかけたいような気がします。
    そしたら売れるかも!
    でもそんなすごい催眠かけられるならそっちで活躍出来るかも!
    可能性が広がりましたね!
    どこで習うのか分かりませんのですでに八方塞です。
    絶対売れる!絶対売れる!っていう自己暗示をかけて頑張りろうと思います。
    マインドコントロールって結構大切みたいですしね。
    ネガティブな人よりポジティブな人の方が成功するらしいですし。
    みたいとからしいとか不確定な要素を多く含んでいますので真相が知りたい方はネットで調べてみてください。
    ついでに売れる方法をみつけた方はメール欄から連絡いただけたら幸いです。
    他力本願バンザイ!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全3巻とコンパクトにまとまっていて読みやすい。
    ・心理戦がワクワクする。
    ・1巻の巻末には被暗示性テスト付き。
    ・3巻の巻末には心理分析フローチャート付き。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・世界を変えるっていう発想が悪い方向に行っている。
    ・催眠術の怖さを知ることが出来る。
    ・催眠術でパニック障害を治したいけどやり方が分からない。
    ・薬治療で回復に向かっているけど薬代が高い。
    ・催眠治療の方が高そうな気がする。
    ・世の中結局お金。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。