ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『おすもじっ!~司の一貫~』 <連載中>

    おすもじっ!










      作者:加藤広史  
      原作者:鹿賀ミツル  
      出版社:小学館  
      巻数:1巻~7巻  
      ジャンル:寿司・バトル


    【あらすじ】
    古都・京都を舞台に、
    伝統深き江戸前鮨の世界を描く美味なる鮨話、
    ここに開店!!
    京都に店を構える「鮨 さわらび」で、
    とある事情により男の格好をして修行している若き職人の少女・司。
    親方が倒れたことにより、司が急遽雇った寿という少年は、
    鮨に関してはまったくのど素人の人間で…
    ひとつ屋根の下、女と男と鮨の美味なる物語が、
    ここに始まる――――――!!

    【感想】
    寿司で職人と職人が熱い闘いを繰り広げる鮨漫画です。
    鮨=すしって表記になってますが僕は寿司派です。
    寿司でも鮨でもすしでもシースーでも読み方はそれぞれ。
    お寿司は美味しいってことには変わりません!
    ちなみに司=つかさ、寿=ひさし、という読み方です。
    本気=マジ、他力本願=俺、とも読みます。
    話が脱線してしまいましたので元に戻します。
    おすもじっ!内でも沢山美味しいそうなお寿司が描かれています。
    読んだら間違いなくお寿司が食べたくなります。
    寿司って飽きない!毎日食べててもきっと飽きない!
    それほど美味しい食べ物だと思います。
    毎日食べられるほど収入がないので残念で仕方がありません。
    回転寿司で一皿500円とかのお寿司を見る度に食べようか…我慢して漫画を買おうか迷います。
    大好きな漫画と天秤にかけられてしまう素敵なお寿司。
    そんな魅力たっぷりのお寿司の世界を十分表現されています。
    作品内でお寿司の知識も増えてお得。
    物語も人情味溢れる温かい内容になっていて心がほっこりします。
    熱い寿司バトルも必見です。
    女を隠して突き進む司の今後もどうなるか気になるところ。
    寿司好き、男装好きにオススメ。
    とにかく今は寿司が食べたいという気持ちでいっぱいです。
    誰か寿司おごってくれないかな~。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・白熱する寿司バトルに夢中になれる。
    ・美味しそうなお寿司に魅了される。
    ・寿司の知識が増えるのでお寿司屋さんに行ったとき活躍出来るかも。
    ・京都のことも詳しくなれる。

    【短所】
    ・ダイエット中にはキツイ内容。
    ・100円の回転寿司に行っても結局高くなる。
    ・寿司を食べるか漫画を買うかの葛藤で心が病む。
    ・コンパスはいつ売れるのか、このまま無名で終わるのかと考えてしまって病む。
    ・どうせ病むなら好きなだけ食べようと思うと太りすぎて違う病み方をする。


    スポンサーサイト

    『王様ゲーム』 ≪完結≫

    王様ゲーム










      作者:連打一人  
    原作者:金沢伸明  
    出版社:双葉社  
    巻数:全5巻  
    ジャンル:ホラー・サスペンス


    【あらすじ】
    「王様」から届く謎の命令――
    1年B組32名、命がけの“ゲーム”が今始まる!!
    ある日、伸明のクラス全員あてに「王様」を名乗る人物から、
    不可解な命令が記されたメールが届く。
    最初はごく簡単な命令だった。
    しかし、命令は次第にエスカレートし、ついに命がけのゲームが始まった――。
    命令への非服従は死に直結!!
    底なしの恐怖は彼らの友情を蝕んでいく…!!

    【感想】
    王様ゲームという名の殺人ゲームに巻き込まれる漫画です。
    最初は誰と誰がキスをしろ!みたいなメールが届くわけです。
    面白がってそのゲームに参加し始めてしまうんですが、そこからが本当の恐怖の始まり。
    命令はどこから出されているのか?
    なぜ不可解な死を遂げるのか?
    真相が気になって気になって仕方がない状態になります。
    どんどん深まる謎。
    これがどのように解明されるのか?
    ちゃんと解明してくれるの?
    大丈夫なの?
    って思っているアナタ。
    大丈夫です。ちゃんとしっかりとした結末を迎えますので。
    実際、僕も読んでいてこんな死に方しといてどんなタネ明かしが待っているのだろうかと興味津々。
    あまり多く語りすぎるとネタバレになってしまうので読んで見て真相を確かめて下さい。
    王様ゲームってタイトルだけ見ると合コンの漫画かと思いましたが全然違いました。
    合コンのノウハウを得る漫画ではないのでご理解下さい。
    怖い王様ゲームは勘弁ですが、楽しい王様ゲームならやってみたいと思う30代の今日この頃。
    合コンの際にもし枠が空いてましたら私までにご一報を(笑)
    夏に読むにはホラーって定番ですのでオススメ。


    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・続きが気になり夢中になる。
    ・友情とは何かを学べる気がする。
    ・全5巻とまとまっていて理解しやすい。
    ・小説や映画でも観れるのお好きなタイプを選べる。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・結構グロイ描写あり。
    ・人間不信になりそうな展開。
    ・合コンのノウハウ本じゃないので読み終えてもモテない。
    ・楽しく王様ゲームに参加出来ることがこの先なさそう。

    『男麺-おとこメ~ン-』 ≪完結≫

    男麺










      作者:土山しげる  
      出版社:集英社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:麺類・ヒューマンドラマ


    【あらすじ】
    大手商社の営業マン
    池田免太郎(通称イケメン)は、
    一日に一杯、必ず立ち食いそばを食べないと気がすまないほどの“麺好き”として社内でも知られる。
    外回り、出張先、残業後の夜食、プライベート……で、
    そば、うどん、名古屋麺、盛岡冷麺&沖縄そば、ラーメン、焼きそば、
    その時その場で食べたい麺で胃袋をガッツリと満たす!
    「食キング」「喰いしん坊!」「極道めし」などを手がける、
    食漫画の巨匠が挑んだ、
    渾身の“麺食い”ロマン。
    とくと、ご賞味あれ~!!

    【感想】
    麺類全般を食べる漫画です。
    あらすじにも書いてありますが、
    そばやうどんからナポリタンまで色んな麺類が出て食べる。
    そのオマケに人間模様などが描かれている感じ。
    自分もかなりの麺類好きなんで無視出来ない一冊。
    どことなく下町ちっくな空気感で
    浅草で舞台に立つ人間としても無視出来ない一冊。
    帯に旨すぎてご麺!って書かれていたんで
    ついつい自分もダジャレを言っちゃうので無視出来ない一冊。
    お腹空いているときに読むと更に空腹感が増します。
    そして何かしらの麺類が食べたくなります。
    ダイエットの天敵的な作品。
    麺類以外にも主人公が飲む缶コーヒーも気になってしまうところ。
    全体的に食の強い漫画です。
    漫画好きで麺類好きな方にオススメ。
    最近食欲ないな~って人も男麺読んだら食欲出てくるかも!
    そんな治療効果を期待しつつ読むのもあり。
    夏バテ防止にどうですか?
    それにしても最近ラーメンばっかり食べてる気がする。
    そんで食後にプリン。
    完全にお約束的な感じで食べているので
    そろそろ自分の身体のことを真剣に考えないといけない気がする。
    でも麺類って美味しいからやめられないんだよね。
    喫煙者もこんな気持ちなのかな?

    【長所】
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・お腹が空いてくる。
    ・落語の噺もちょろっと解説されてて勉強になる。
    ・色んな麺類に詳しくなれる。
    ・読後感が良い。

    【短所】
    ・麺類が苦手だと厳しいかも。
    ・感じ悪いラーメン屋の店主が出てくる。
    ・作中、若手芸人が簡単に売れるけど現実はそんなに甘くない。
    ・入院してるときに読むとキツイかも。
    ・入院しないように普段の食生活を気をつけたい。

    『同じ月を見ている』 ≪完結≫

    同じ月を見ている










      作者:土田世紀  
      出版社:小学館  
      巻数:全7巻  
      ジャンル:ヒューマンドラマ


    【あらすじ】
    幼なじみのエミの心臓病を治したい一心で、医者の道を歩む鉄矢。
    恋人同士の二人のもとに、ある知らせが届く。
    もう一人の幼なじみのドンが、刑務所を脱走したというのだ。
    人の心を絵に描き出し、その人を癒してしまう不思議な力を持つドン。
    誰よりも純粋な心を持つドンに、大切なエミを取られてしまうのではないか・・・。
    そんな不安と暗い思い出を抱える鉄矢、
    そして二人の間で心が揺らぐエミの前に、ドンが7年ぶりに現れる。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    自分を犠牲にしてまでも人に尽くすドンちゃんの慈悲に溢れた漫画です。
    物語は3人を中心に進みます。
    主人公のドンちゃんは言葉は上手くしゃべれませんが優しい子です。
    鉄也はドンちゃんの最初に出来たであろう友達。
    エミは幼い頃心臓が悪く心を開かなかったけどドンちゃんの描く絵を見て明るくなっていくヒロイン。
    子供の頃までは3人仲良く遊んでいたけど年頃になっていくと異性を意識し始めていきます。
    鉄也はエミが好き。
    そしてエミはドンちゃんが好き。
    ドンちゃんは二人が好き。
    そんな三角関係に亀裂が入ります。
    大学生になり鉄也は山で焚き火をしていると火が燃え移り山火事に。
    そしてエミのお父さんが巻き込まれ死んでしまいます。
    近くに住んでいたドンちゃんが鉄也をかばい捕まってしまいます。
    ドンちゃんの意図が見えない鉄也。
    そしてドンちゃんが脱走して物語が動き出すって感じです。
    読み進めていくとドンちゃんが可哀想で可哀想で仕方ないんです。
    それでもドンちゃんは自分が可哀想だなんて一つも思わない。
    そんな聖人的な存在。
    無償の愛をどこまで人々に与え続けることが出来る。
    マザーテレサとかガンジーとかナイチンゲールとかが歴史上の人物では近いのかもしれません。
    会ったことがないので正確なことは解りませんけど。
    でも現代社会でこんな人いないでしょ?
    みんなどこか損得で動いたりするでしょ?
    僕自身だってそうです。
    それが普通なんです。
    普通ってそもそもなんだろう…って深い話になりそうなんでこっちは置いておきます。
    エミのために鉄也のために行動するドンちゃん。
    ドンちゃんのことが好きというエミが好きな鉄也は嫉妬に狂いドンちゃんを傷つけます。
    それでもドンちゃんは鉄也の幸せを願うんです。
    偉いよドンちゃん!
    ドンちゃんこそ幸せになってくれよ!
    そんな願いが通じるかどうかは漫画を読んでみてください。
    一般的にいけばハッピーエンドじゃない。
    けどドンちゃんらしい終わり方なんです。
    どんだけドンちゃんって言ってんだよ!っていうレビューになりましたが、だってドンちゃんの漫画なんだもの。
    数年前に映画化にもなっているんで気になる方はそちらもチェックしてみてください。
    深い意味で心温まるっていうか人間の在り方みたいなものを学べます。
    ドンちゃんの行動とか考えとかそこから何かしらでも得られたら良いと思います。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全7巻と丁度良くまとまっていて読みやすい。
    ・ドンちゃんの人柄に心温まる。
    ・深い物語。
    ・映画化にもなっている。
    ・慈愛に溢れている。

    【短所】
    ・ドンちゃんに感情移入すればするほど悲しくなる。
    ・ヤクザとか出てきて怖い。
    ・人が死んじゃう。
    ・ドンちゃんが裏切られたりして切ない。
    ・結末が何とも言えない。
    ・3連ドンちゃんが揃えられない。
    ・そもそもビッグボーナスを引けない。

    『王狩』 ≪完結≫

    王狩










      作者:青木幸子  
      棋譜指導:飯島栄治   
      出版社:講談社  
      巻数:全3巻 
      ジャンル:将棋・青春


    【あらすじ】
    山の高みもわからぬまま、
    少女は歩みだす。
    王へと続く果てなき道を―――。
    将棋の王を狩る果てなき闘い!
    勝つことだけが、王へ近づく唯一の道―――。
    少女は盤上の“ヴァルキリー”闘いの女神となる!

    【感想】
    絶対記憶という特殊能力を持つ少女が奮闘する将棋漫画です。
    将棋好きだし漫画好きだし見付けたら買っちゃうでしょ!
    で、読んで見たら面白い!やっぱり面白い!
    実際の棋士の方でも絶対記憶とかって能力あると思うんですよ。
    でも記憶力だけで勝負が決まらないのが将棋の奥深さ。
    難解なパズルというか難しい数式というか。
    詰みまで見えた時の快感はたまらないです。
    大抵僕の場合は詰んでなかったりして逆に詰まされることが多いんですけどね。
    漫画の影響で何か買っちゃうっていうパターンでいったら将棋漫画の影響で将棋盤を買ったことがあります。
    安いやつですけどね。
    将棋はいいよ!
    おじいちゃんと孫が一緒になって遊べるんだから。
    ほのぼの出来るでしょ!
    王狩はほのぼのどころか殺伐としていますけどね。
    喰うか喰われるかの世界なんで当然ですけど。
    少年少女だからって盤上の前に座れば戦士なわけです。
    卑怯な手を使ってでも勝つ、そんな貪欲な部分も見えてきます。
    やっぱり勝ちに貪欲にならないと頂上までいけませんよね。
    M-1も2回戦で負けてる場合じゃないよ…。
    猛省…。
    僕も貪欲にもっとお笑いに挑戦していこうと思っています。
    うちの相方の中島はすぐに忘れちゃうっていう絶対記憶喪失という特殊能力があるんで大変です。
    優れた特殊能力もあるにはあるんですけどここに書くと相方が大変になるんで書きません。
    知ってる人は知っている。
    神とも呼ばれるほどの特殊能力があるらしい。
    夜発動するらしい。
    俺と一緒だと気を遣って発動しないらしい。
    ヒントはこの辺で。
    僕にとってはあんまり必要ない能力ですけど。
    でも長所や短所は人それぞれなんで自分に合ったスタイルを確立することは大切なこと。
    みなさんも自分に合った漫画を見つけて読んでみてはいかがでしょうか。
    自分の場合は合う漫画が沢山あるので金欠という険しい道を歩んでいます。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・将棋特有の駆け引きが面白い。
    ・特殊能力って響きに憧れる。
    ・少年・少女たちの熱い闘いが目白押し。
    ・巻末にオマケ漫画あり。

    【短所】
    ・将棋を知らないとちょっと楽しめない。
    ・棋譜並べられちゃうとちょっとテンパっちゃう。
    ・始めたての人に将棋で負けると悔しい。
    ・始めたての人にお笑いで抜かれるともっと悔しい。
    ・同期の芸人がテレビで活躍していると逆に微笑ましい。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。