ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『魔王~JUVENILE REMIX~』≪完結≫

    魔王










      作者:大須賀めぐみ  
      原作者:伊坂幸太郎  
      出版社:小学館  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:バトル・サスペンス


    【あらすじ】
    でたらめでも自分を信じていけば、世界は変わる。
    自分の考えていることを、他人に話させることができる能力、
    「腹話術」を持つ高校生・安藤。
    新都心化計画に揺れる街で、
    自警団「グラスホッパー」を率いる、謎に包まれた青年・犬養。
    二人の出会いが紡ぎ出す、「勇気」と「決意」……
    …そして「対決」の物語。

    【感想】
    ちっぽけな能力で大きな敵と戦う勇気溢れる少年が活躍する漫画です。
    先にスピンオフ作品の「Waltz-ワルツ-」を読んで面白かったので思わず購入。
    いきなりスピンオフから読んじゃうっていうミスを犯しましたが気付かなかったんで仕方ないよね。
    でも「魔王」を読んで思いました。
    面白い!おもろいがな!
    って。
    なんで知らなかったの俺?
    それで漫画通を語るつもり?
    そんな後悔の念が押し寄せるくらいもっと早く読んでおけば良かったと思える漫画。
    安藤の能力・腹話術って特別すごい能力じゃないし、どこか他人事で控えめだった安藤が腹話術を使い勇気を出して戦っていく姿に心打たれます。
    炎を使えるとかドラゴンを召喚するとかっていう能力バトル漫画ではないのでそこら辺も斬新。
    何もしなければ変わらない!
    決意してもなかなか行動に移せないもんです。
    あれこれ葛藤してそれでもやらなきゃいけない時ってのは来るもんです。
    群れていきがることは出来ても1人じゃ何も出来ないって奴あなたの身近にいませんか?
    まあ僕もそうなんですけどね。
    大きな流れに従うことも大切かもしれないけど流されない自分も大切なんだということが学べる作品。
    物語りも続きが気になってどんどん読み進めちゃいます。
    多くを語ってもネタバレに繋がるんで自重しないといけませんが、読んで損はないと思います。
    原作の小説は未読なんで小説ファンがどう思うかは分かりませんが別に文句言う必要ないがな!って気もします。
    僕自身あまり小説は読まないのですが唯一、乙一先生の小説は読みます。
    いくつか漫画化されてますけど面白いと思いますし文句を言いたくなるって感じにはなりません。
    だから小説ファンの方にも是非読んでもらいたいなと。
    この「魔王」を読んで「Waltz-ワルツ-」まで読めば完璧です。
    それにしても大須賀先生はこれがデビュー作らしいですが新人とは思えない絵の上手さでした。
    世の中にはいるもんだね。
    エリートって人は。
    自分もエリート街道を驀進する予定だったのですがその道すら見つかりませんでした。
    地道という道で頑張って進みたいと思います。
    意外に上手いこと言えた気がするので満足。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全10巻とほど良い長さ。
    ・物語に力があり引き込まれる。
    ・ハラハラドキドキの展開。
    ・2巻からカバー外すとオマケ漫画あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・グロイ描写あり。
    ・社会の汚い部分が見えてしまう。
    ・人間の汚い部分が見えてしまう。
    ・漫才協会の後輩芸人、市岡くんが汚く見えてしまう。
    スポンサーサイト

    『ましろのおと』 <連載中>

    ましろのおと










      作者:羅川真里茂  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:津軽三味線・青春・学園


    【あらすじ】
    津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪。
    師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失って雪だが、
    様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。

    【感想】
    津軽三味線を題材にした漫画です。
    「赤ちゃんと僕」を描いた少女漫画家の羅川先生が少年漫画にフィールドを移したってことも注目度大ですね。
    個人的に思うことは少女漫画家の先生が描く少年漫画は熱い!ってことです。
    「3月のライオン」しかり、「ちはやふる」もしかり。
    実際「ちはやふる」は少女漫画で連載されていますが少年漫画の持つ直向な熱さを持っています。
    だから読んでて面白いし引き込まれる訳です。
    この「ましろのおと」も熱を持った作品と言えます。
    恋愛要素もあるけどそこがメインじゃないっていうか。
    漫画独特の熱を持ってるってことが言いたいし伝えたい!
    暑苦しいとか、むさ苦しいとか、男臭いとかそういう意味じゃないですよ。
    作品の持つ力強さというかエネルギーというか読んでて胸にガンガンくる感じあるでしょ?
    この漫画すげーパワー放ってるぜ!的な感じ。
    あれ?
    なんか俺イタい人とか思われてないかな…。
    急に不安になってきた。
    元からイタいって思われてるからいいか。
    今更だしね。
    この場合の俺の熱弁は暑苦しい&むさ苦しい側ですけど。
    主人公・雪の成長や今後の展開など気になりまくりの漫画なんで気になる方は読んでみてください。
    「BECK」の影響でギター買ったことがありますがさすがに津軽三味線は高そうなんで買わないと思います。
    でも弾けるようになってみたいなってすでに思っているので危ないです。
    結局ギターは弾けるようにならなかったんで勿体無いことしたなと思います。
    衝動買いは危険です。
    先に買わなきゃいけない物も沢山あるんで気をつけないといけません。
    物欲を抑えないといけないんですけどね。
    よく考えたら衝動買い出来るほどお金持ってないんで大丈夫でした。
    そんなこと言うと寂しくなるのは季節だけのせいじゃないはず。
    心も懐も温かいといいよね~。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・津軽三味線という斬新な題材で興味津々。
    ・津軽三味線をもっと知りたくなる。
    ・漫画の持つ熱がある。
    ・人の温かさみたいなのがあって良い。

    【短所】
    ・女癖の悪い奴が出てきて不快。
    ・騙す方も悪いけど騙される方も落ち度がある。
    ・でも人を信じるっていう純粋な気持ちを否定したくないので頭が混乱する。
    ・津軽三味線を買うお金がなくて混乱する。
    ・たまに漫画を買うお金がなくて混乱を越えて無になる時がある。

    【追記】
    津軽三味線買っちゃいました(笑)
    でも衝動買いではなくて
    芸の幅を広げるために購入。
    頑張って津軽三味線奏者になります!

    『マンホール』≪完結≫

    マンホール










      作者:筒井哲也  
      出版社:スクウェア・エニックス  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:バイオホラー


    【あらすじ】
    夕暮れの商店街で全裸の男が怪死を遂げた。
    その体から検出される謎の寄生虫――。
    規格外の感染力で人々を恐怖に陥れる寄生虫は、
    何者かの仕業なのか…!?
    その目的とは…!?
    そして事件を追う二人の刑事が「謎の施設」で見たものとは…!?
    恐怖と混乱が連鎖する極限のバイオ・ホラー、待望の第1巻!

    【感想】
    謎の寄生虫が次から次へと人々に感染していく怖いお話。
    悪は悪でちゃんと存在するんですが、目的があって寄生虫をばら撒いている。
    その目的に対して否定出来ないところがこの物語の深さだと思います。
    大切な人を傷つけられたら貴方はどうしますか?
    誰しもが復讐の鬼になりえそうな気がします。
    要は悪いことしちゃダメってことなんですよね。
    人間って欲が強いから犯罪が耐えない。
    何年経っても何百年経っても変わらないことなんでしょう。
    平和を口にするだけなら簡単だけど実行に移すことはかなり難しい。
    お笑いの世界も相手を蹴落としてでも生き残らなきゃいけない。
    そんな弱肉強食の世界…僕…やっていけるのでしょうか?
    弱くても弱いなりに生き残れるやり方もあると思うので頑張って探してみます。
    ってな具合に深く考えさせられる作品。
    本当の意味での救いはないのかもしれない。
    でも読むことで何か一つでもプラスな考えが生まれたらなと思います。
    どう?こんな真面目な感じ?
    学生時代に親に漫画ばっかり読んでないで勉強しなさいって怒られた事が何度もあります。
    確かに勉強も必要。
    でも漫画だって学べることが多くあるんだいっ!って今なら声を大にして言いたい。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全3巻でまとまっていて読みやすい。
    ・不気味な雰囲気がよく出ている。
    ・真面目に考えさせられる。
    ・WEB上でも読める。

    【短所】
    ・寄生虫が感染したときの人間が気持ち悪い。
    ・人が死んじゃう。
    ・バイオテロとか本当に止めてほしい。
    ・なるべく争い事は止めてほしい。
    ・いつテレビに出るの?とか聞かないでほしい。
    ・そっとしておいてほしい。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。