ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『HIDEOUT-ハイドアウト-』 ≪完結≫

    HIDEOUT










      作者:柿崎正澄  
      出版社:小学館  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:サスペンス・ホラー


    【あらすじ】
    舞台は、南海の楽園……
    ただ、ただある一箇所を除いては。
    そして、その場所へは決して、
    行ってはいけなかった。
    近寄ってはいけなかった。
    入っては…いけなかった。
    人間の心を、闇とともに
    漆黒へと塗りつぶしゆく未知なる存在に、
    果たして、あなたは何を…
    見るのか!?

    【感想】
    一つの事故が引き金になって破滅へと進むホラー漫画です。
    最初は平和な家庭だったのに、どこでどう狂ってしまったのか。
    あの事故さえなければ…
    もう一度やり直したい…
    そんな思いで来たリゾート地でおぞましい出来事が…。
    こんな感じで物語が始まります。
    好奇心旺盛な人ってよく心霊スポットとか危険な場所とか行っちゃうけど
    危ないところや危険な匂いのするところには行っちゃいけないなって思わせてくれる内容。
    だってあんな化け物がいるとはねぇ…
    洞窟とか絶対に入らないように気をつけようと思います。
    まあ、あんまり狭いと洞窟に入る資格すらない身体なんで大丈夫かと思われますが。
    幸せだと思っていた人生がどこで狂うか分からない。
    皆さんも油断しないで一日一日を大切に過ごしてください。
    そして事故のないようになるべくミスを少なく行動してください。
    自分勝手な行動は破滅へと続きます。
    ミスだらけの自己チュー男が言っても説得力ないのがタマにキズ。
    玉とか弾とか球だと平気なのに、
    タマって表記すると下品な感じがするのは自分だけでしょうか?
    きっと自分だけだろうな。
    しかしホラー漫画として楽しめるのは自分だけじゃないはず!
    夏にピッタリなホラー漫画ですので暑いときに読むのもよし。
    冬でも別に読んでもよし。
    皆でワイワイガヤガヤしてるときにコッソリ読むのもよし。
    そんな一冊でございます。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・先行きが気になるストーリー展開。
    ・ハラハラドキドキの連続。
    ・ホラー作品としてしっかり締めくくっている。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・化け物が気持ち悪い。
    ・残虐な描写あり。
    ・一人で読むと急に不安になる。
    ・30歳過ぎても将来設計が出来ていないと不安になる。
    スポンサーサイト

    『ハルシオン・ランチ』 ≪完結≫

    ハルシオンランチ










      作者:沙村広明  
      出版社:講談社  
      巻数:全2巻  
      ジャンル:SF・ギャグ


    【あらすじ】
    突然現われた美少女ヒヨス。
    その正体は宇宙から来た奇妙な存在だった!
    不思議なお箸でリアカーから人間まで何でも一瞬で食いまくる。
    そして吐きまくる……!?
    ホームレス男や理系ヤンキー女、果てはヒヨスの仲間まで加わって、
    そこらじゅうでシュールにホンワカと荒唐無稽な大騒動!
    まったりオート系SF、いよいよ開幕です!!

    【感想】
    可愛い宇宙人ヒヨスが何でも食べて吐きまくるギャグ漫画です。
    なかなかマニアックなギャグがあったりと読み手を選ぶかもしれませんけど、独特の世界観は読む価値あり。
    ブラッドハーレーの馬車とは違いかなりポップで嫌~な気分になることはありません。
    ただヒヨスの特徴で何でも食べて何でも吐き出すってところがグロいかもしれません。
    人間だろうがリアカーだろうがなんでも食べて吐き出します。
    そんでもって今まで食べたものがごちゃまぜになって異物として出てきます。
    これからどう展開するのか全く読めませんが気楽に読めるしコアな内容もあったりと満足させる一冊。
    明るくポップだけどグロテスクなハルシオン・ランチを是非読んで見てください。
    女の人って吐き慣れしてると思うのって僕だけですかね?
    なんだかんだで女の人ってタフで強いですよね。
    僕は体質的に吐いてしまうと喘息の発作が出てしまうため、吐きそうになっても意地で吐きません。
    あと吐きそうになるような状況になるべくしないように心がけています。
    お酒を飲まないっていうのもそこからきてるのかもしれません。
    お酒はある程度嗜めるようにはなりたいのですが、なかなか怖くて飲めません。
    脈は速くなるし、頭はフラ~っとするし、全然楽しくないし。
    だから飲み会ってにも興味が沸かないんでしょう。
    でも人生の半分は損しているような気もするのでお酒飲めるようになりたいなと思います。
    その点、うちの相方中島は飲み会大好きっ子なんで人生を楽しんでることでしょう。
    いいな~能天気な人って。
    そもそも飲み会って言えば聞こえはいいけど、要は合コンでしょ?
    そんなにいいもんですかね?
    コンビ組み立ての時に何度か連れて行ってもらったことがあるんですけど、物凄く楽しかった~!って印象はないなぁ…。
    これが僕みたいなブサイクじゃなければ楽しめるのかもしれませんけど。
    慣れないお酒飲んで具合い悪くなって横になってたら優しく声をかけてくれた女の子いたんですけど、
    その子を狙ってた男芸人来て僕が倒れてる横で女の子と手を繋いでたってことしか記憶にありません。
    中途半端に優しくしないでよっ!
    アタイ騙されるところだったわよ!
    冷静に考えれば僕に食いつく訳がないんですけどね。
    でもそんな二人を見て、頼むからどっか行けよ!二人一緒でいいから!
    って心の中で叫んでおりました。
    初対面で手を繋ぐってすごくない?
    何その大胆さ?
    俺には永遠に手に入らないスキルだよ!
    とまあ、話がだいぶ脱線してしまいましたが吐きまくる漫画を読んでみたいと思う方はオススメです!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・食べて吐く斬新なヒロイン。
    ・マニアックな方を対象にしたギャグが面白い。
    ・独特のシュールな世界観が良い。
    ・巻末にオマケあり。

    【短所】
    ・吐くことが多いため気持ち悪い。
    ・グロテスクな描写がある。
    ・マニアックなネタについていけないこともある。
    ・合コンで100%楽しめる男も女も嫌い。
    ・つまるところ嫉妬してるだけ。
    ・こんな嫉妬と脂肪の塊の僕を誰か誘って。

    『ハカイジュウ』 <連載中>

    ハカイジュウ










      作者:本田真吾  
      出版社:秋田書店  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:サバイバル・アクション・ホラー


    【あらすじ】
    東京・立川。
    鷹代陽はバスケに打ち込む普通の高校生。
    その日も順調な一日を送るはずだった……。
    昼下がり、市内を襲った突然の大地震。
    崩壊した学校の中で陽は目撃する。
    同級生たちの死体の山。
    そして、ソレらに喰らいつく未知なる怪生物を……。
    圧倒的な画力で紡ぎ出す、完膚なきまでの衝撃!!
    超絶都市型モンスターパニック!!

    【感想】
    日常がとんでもなく変わり死と隣り合わせの状況になる漫画です。
    表紙とか何も見ないで読み始めたら普通の学園バスケ漫画です。
    しかし物語は急展開を見せます。
    突然襲う大地震。頭を打って気を失う主人公。
    しばらくして意識が戻るととんでもない状況に。
    1巻の序盤で心鷲掴みにされましたよ。
    ドラゴンヘッド的な災害パニックかと思ったら、とんでもない怪物が現われて人間を喰いまくるのでこれまたびっくり!
    何が何だか分からないまま逃げまくる主人公。
    同じ気持ちの僕。
    どうなるの?これからどうなっちゃうの?
    早く2巻だしてよ!
    ってな感じでハマっています。
    実際こんな状況になったら僕チキン野郎なんで発狂しすぎて死ぬんじゃないかな。
    災害とか怖いし怪物なんてもっと怖い。
    ビビリの僕には刺激が強い作品。
    絵が上手いのでエグイ描写も拍車をかけてエグイ。
    耐性のない方は覚悟して読んでください。
    まだ物語は始まったばかりですが今後が楽しみな漫画です。
    万が一に備えて体力をつけないと。
    いざって時は自分の身は自分でしか守れませんからね。
    でもお願い!
    ちょっとでも余裕があったら助けて。
    きっと俺足手まとい1号だと思うけどなんとか助けてあげて。
    そんなことが起きないってことが一番ですけどね。
    平和よ永遠に続け!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・手に汗握る展開。
    ・緊迫感のある物語。
    ・ピンチのときは仲間と助け合う精神が大切。
    ・立川の駅前が描かれていて懐かしくなった。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・グロイ描写あり。
    ・人間の醜い部分も見えてくる。
    ・実際起こったら不安で仕方がない。
    ・怪物っていうか地震が何より怖い。
    ・俺が歩くと軽く家が揺れる。
    ・自分が怖い。

    『ばりごく麺』 ≪完結≫

    ばりごく麺










      作者:能條純一  
      監修:はんつ遠藤  
      出版社:集英社  
      巻数:全4巻  
      ジャンル:料理・ラーメン


    【あらすじ】
    ガムシャラに喰え!!
    それがラーメンだ!!
    うだつのあがらないサラリーマン、潮崎朗馬。
    ある日、雨宿りのつもりで入ったラーメン屋で、堂々と代金を踏み倒す男に遭遇する。
    それは、名前、職業、過去、一切不明の謎の男。
    しかし、その謎の男との出会いこそ、ラーメンで朗馬の人生が変わる転機だった…。
    鬼才・能條純一が、ラーメンを通じて男たちの人生を描く!!

    【感想】
    この漫画読むと無性にラーメンが食べたくなります!
    ガムシャラに食べたくなります!
    レビューを書いている今も食べたくて仕方がありません。
    兎にも角にもラーメン。
    ラーメンに全てを捧げた男たちの熱い物語です。
    謎の男、麺太の豪快さだけでも知ってほしい。
    豪快な部分だけでも楽しめます!
    お腹いっぱいになれます。
    ラーメンが好きな方はこの作品を読んで気持ちを高ぶらせてラーメン屋さんに行ってみてはどうでしょうか。
    ただ、ハードルが高くなりがちになるので中途半端なお店ではガッカリしてしまう可能性が。
    美味しいと評判のお店に行きましょう。
    ちなみに僕のオススメのラーメン屋さんは「高田光幸」という名のラーメン屋さんです。
    とんこつ魚介系って言うんでしょうか?
    美味しいので機会があれば行ってみてください。
    あとは4巻の巻末にも載っているのですが「ど・みそ」というラーメン屋さん。
    味噌ラーメンなんですけど濃厚でコクのある深い味わいです。
    他にも「彩」ってつけ麺屋さんも美味しいです。
    ワハハ本舗のラジークイーンのナカジーさんに教えてもらいました。
    さっぱりしてるのに濃厚な紅塩つけ麺がクセになります。
    他にも沢山あるんですけど…そのうちダイアリーにでも書いていこうかな。
    六本木にあった福やってお店潰れたことが本当に残念。
    何年も前に潰れたみたいですがあそこの東京坦々麺が食べたくて仕方がありません。
    どのなたか知りませんかね?
    芸能人のサイン色紙もかなり飾られていたのでそれなりに有名なはずなんですけどね。
    あ~食べたい!
    福やの東京坦々麺が食べたいので何か情報ありましたら教えてください。

    【長所】
    ・独特の絵柄で味がある。
    ・テンポが良くサクサク読める。
    ・キャラが濃い。
    ・ラーメンが食べたくなる。
    ・とにかく豪快で面白い。
    ・3巻、4巻の巻末には美味しいラーメン屋さん情報が載っている。

    【短所】
    ・お腹が空いてくる。
    ・ラーメン屋さんへのハードルが高くなってしまう。
    ・湯切りで龍が出てくる。
    ・僕自身ラーメン通なようでそうでもない。
    ・ダイエット中には敵になる漫画。

    『HUNTER×HUNTER-ハンター×ハンター-』 <連載中>

    ハンター×ハンター










      作者:冨樫義博  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~32巻  
      ジャンル:冒険・バトル


    【あらすじ】
    主人公のゴンは幼少期、父親ジンの弟子のカイトに助けられる。
    ジンやハンターについてカイトから聞いたゴンはハンターに憧れ、12歳となった年にハンター試験を受験するため試験会場に向かう。
    会場に向かう船上で、ゴンは同じくハンター志望のクラピカとレオリオに出会う。
    3人はハンターを目指す仲間として、共に試験合格を目指す。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    今一番続きが気になってる漫画かもしれません。
    とにかく面白い!
    魅力的なキャラクターが多く登場しますし、物語も先の読めない展開ばかり。
    バトルシーンも迫力ありますし、ただ強いだけで戦いが決まらないところも面白いです。
    グリードアイランドなんて実際にオンラインゲーム化したら廃人続出するんじゃないかってくらい完成度が高いです。
    ただ休載が多く進みが遅いってのが難点。
    最近はちょくちょく雑誌に掲載されていますが、またいつ長期休載になるか分かりません。
    それでも僕は待ち続けますけどね。
    だって面白いから!
    連載を休まず頑張って続けている他の漫画家の先生にはどう映るか分かりませんが、僕はただの漫画ファンなんで文句は言いません。
    終わりまで描いてくれればそれだけで満足です。
    様々な伏線もどう回収するのか今から楽しみにしていますが、回収しなくてもいいです。
    終わりまで描いてくれれば。
    途中で投げ出さないでもらいたい。
    これだけは切実に願っております!
    冨樫先生頑張って下さい!
    お願いします!!

    【長所】
    ・キャラクターが魅力的。
    ・先の読めないストーリー。
    ・手に汗握る展開。
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・幽遊白書よりも多分頑張ってるから巻数が多い。

    【短所】
    ・たまに絵が雑になる時がある。
    ・残虐な描写がある。
    ・意外な人物が死んじゃう。
    ・いつ休載するか不安。
    ・休載したらしたでいつ連載再開するか分からないのでこれまた不安。
    ・それよりも自分の将来が不安。
    ・色々と不安になってきて眠れなくなる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。