ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『THE QUIZ-ザ クイズ-』 ≪完結≫

    THE QUIZ










      作者:高橋りか  
      原作者:椙本考思  
      出版社:アルファポリス  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:心理ゲーム・ミステリー・ホラー


    【あらすじ】
    優勝者には賞金1億円。
    華々しく広告された視聴者参加型の新クイズ番組。
    しかし、そこで待っていたのは、死と隣り合わせの残酷ゲームだった。
    果たして決勝に進んだ10人の回答者の運命は?
    そしてクイズの真の目的とは?
    大ヒット!6万部突破の異色ホラーミステリー小説、待望の漫画化!

    【感想】
    生き死にを賭けたクイズ番組に参加するホラーミステリー漫画です。
    脱出不可能!助けは来ない!
    死にたくなければクイズに正解しろ!
    究極の心理デスゲーム、開始!
    っていう恐ろしい設定です。
    心理戦も見所ですが、このクイズ番組の真の目的も必見。
    語りすぎるとオチに繋がっちゃうんで多くを語れないので歯がゆいところ。
    実際1億円賭けて生き死にのクイズ番組参加しますか?って言われれば
    全力でNO!と答えます。
    ここの登場人物も参加するまでは生き死に関わることなんて思ってもいないのでビックリどころじゃないでしょう。
    生きて脱出することが出来るのか?
    優勝者は誰なのか?
    冒頭にも述べたクイズの真の目的は一体何なのか?
    1冊にギュッと詰まった濃い作品。
    結構エグく死んでいってしまうので苦手な方は覚悟して読んで下さい。
    クイズやミステリー好きな方にオススメ。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・手に汗握る展開に目が離せない。
    ・しっかりとした結末で納得出来る。
    ・美味しい話には裏があるってことを事前に教えてくれる。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・かなりエグい。
    ・人を簡単に信用しちゃいけないってことを教えてくれる。
    ・簡単に1億円は手に入らないってことを教えてくれる。
    ・お笑いで売れる方法を誰も教えてくれない。
    スポンサーサイト

    『13DOGs-サーティーン・ドッグス-』 ≪完結≫

    13DOGs










      作者:張慶二郎  
      出版社:白泉社  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:バトル・サスペンス


    【あらすじ】
    13人の死刑囚と13日と13時間殺し合い…
    死刑囚のみなさんようこそ
    13DOGS GAMEへ
    恋人一家を殺され無実の罪で死刑宣告を受けた男・青山。
    だが執行当日、目を覚ますと“自由”と“金”を賭けた死刑囚同士の殺し合い
    「13DOGs GAME」に参加させられている事を知る…

    【感想】
    無実の罪で死刑になるところを殺し合いのゲームに参加して自由を得る漫画です。
    いきなりとんでもないゲームが始まりますがこれから明かされていくであろう主人公の罪。
    冤罪だから真犯人がいるってことですからね。
    きっとこのゲームに関わっているのかもしれませんね。
    ただそんなことを考えいる暇などなく常に殺し合わなければいけません。
    裏切りや騙し合いなど犯罪者同士の駆け引きや強引なまでの戦いも見物です。
    結構エグイ表現が多いので苦手な人は気をつけてください。
    殺し合いが苦手な人は避けてください。
    殺し合いが得意って人は早めに病院に行ってください。
    冤罪って実際あるんで本当に怖いですよね。
    一人の人生が完全に狂ってしまいますからね。
    裁く側も慎重になってもらいたいものです。
    裁判員制度が導入されてしばらく経ちますが自分もそんな立場に選ばれることがあるのでしょうか?
    もし選ばれたとしても他言禁止でしたよね?
    細かいルールが分かりませんがもしそうなったら緊張してパニック出ないように頑張って治していこうと思います。
    物語は始まったばかりですが1巻から十分面白いので是非興味のある方は読んでみてください。
    最近グロイ漫画ばかり読んでる気がする…。
    やっぱり病んでるのかな…?

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・ストーリーに釘付け。
    ・先の読めない展開でハラハラする。
    ・主人公の正義感に憧れる。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写あり。
    ・死刑囚よりも悪そうな奴らが沢山いる。
    ・どんな理由があっても人を殺したらダメ。
    ・ずっと殺し合いが続くからほのぼの出来ない。
    ・最近ずっと病んでいるからテンションが上がらない。
    ・テンションが上がったところで根暗なのは変わらないから他人には気付かれない。

    『サクリファイス』≪完結≫

    サクリファイス










      作者:菊池昭夫  
      原作者:近藤史恵  
      出版社:秋田書店  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:自転車ロードレース・ミステリー


    【あらすじ】
    ただ、あの人を勝たせるために走る。
    それが、ぼくの全てだ―――。
    勝つことを義務づけられたエースとサポートに徹するアシスト。
    二者が冷酷に分断された自転車ロードレースの世界でチカが遭遇した悲劇、そして崇高なる犠牲とは!?
    第10回大藪春彦賞受賞、
    第5回本屋大賞第2位に選ばれた青春ミステリの傑作を完全漫画化!!

    【感想】
    自転車ロードレースを舞台にしたミステリー漫画です。
    自転車ロードレースじたいどういったルールなのかあまり知らなかったんですけど結構深い世界です。
    一見個人プレイのように見えるけどチームプレイが要だったりと奥の深い競技。
    基本的にはエースのために周りが犠牲になってエースを勝たせるように走る。
    状況に応じて勝たせる選手が変わる。
    まあこの辺は読んでもらえれば分かるかと思います。
    物語はとあるレース中に起きた死亡事故から始まります。
    この時は誰が死んだのか分かりません。
    なので気になって気になって一気に読みたくなっちゃう気にさせてくれます。
    やるなサクリファイス!
    どこまで勝つことに強欲なエース石尾豪。
    過去のトラウマから勝つことを捨てアシストに徹する白石誓。通称チカ。
    チカと同期ながら実力はチームでナンバー2の伊庭和美。
    エース石尾には過去有望なチームメイトを事故に見せかけ引退に追い込んだという噂があるが真相は…。
    色々な人間模様が交錯しながらレース中に死亡事故が発生。
    死んだのは誰なのか?
    事故なのか事件なのか?
    あんまりここで語っても楽しみが半減しちゃうから読んでもらいたい。
    全3巻と短いしね。
    それにしてもスポーツって過酷ですよね。
    ロードレースだってかなり過酷。
    自転車に乗るからって楽なわけじゃないんです。
    僕でさえ長時間自転車をこぐと股がすれて痛くなっちゃうんである意味過酷。
    そんな過酷な世界を見てもらいたい。
    自転車ロードレースそのものも魅力的に描いていますし物語もしっかりしています。
    読後感はやはり犠牲者が出ている分スカっとはしませんがアシストの本当の意味なんかが伝わって来てジ~ンとします。
    仲間の犠牲があってこその勝利。
    その勝利のために仲間の想いを背負っていく。
    そんな熱い思いが詰め込まれています。
    お笑いも言ってしまえばチームプレイ。
    ボケたあとどうやったら笑いが増幅するか考えてつっこむ。
    たまにはノリつっこみかなんかしてスベリキャラになったりする。
    そんなボケを生かすようなつっこみに中島はなっているだろうか。
    多分なってないだろうな~。
    だって彼ボケなんだもんな~。
    チームプレイを意識してお笑いに取り組もうと思えた作品。
    是非一読あれ!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・自転車ロードレースというあまり知らない世界に触れることが出来る。
    ・全3巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・先が気になる展開。
    ・高級自転車ブームだし自転車が欲しくなる。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・チカの元カノが感じ悪い。
    ・高級自転車欲しいけど盗まれる確立が高い。
    ・過去自転車6台盗まれている。
    ・僕のハートを盗むような粋な人に出会いたいがどこにもいない気がする。

    『3月のライオン』<連載中>

    3月のライオン










      作者:羽海野チカ  
      将棋監修:先崎学八段  
      出版社:白泉社  
      巻数:1巻~5巻  
      ジャンル:将棋・ヒューマンドラマ


    【あらすじ】
    主人公は、東京の下町に一人で暮らす、
    17歳のプロの将棋の棋士=桐山零。
    しかし、彼は幼い頃、事故で家族を失い、
    深い孤独を抱えた少年だった。
    そんな彼の前に現れたのは、
    あかり・ひなた・モモの3姉妹。
    彼女たちと接するうちに零は…。
    様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語です。

    【感想】
    ハチミツとクローバーを描いていた羽海野先生の優しい絵柄と厳しい将棋の世界が見事にマッチ!
    心温まる将棋漫画です。
    将棋知らなくてもヒューマンドラマな部分があるので読めると思います。
    胃もたれしてるときの雑炊的な優しい感じ。
    沁みるな~。泣けるな~。
    美人3姉妹と仲良くする主人公。
    妬けるな~。
    先崎学八段のコラムも付いていて読み応え満点!
    女の子もこの漫画を機に将棋を始めたらいいよ!
    将棋ってマジですげ~からさ!
    今度俺っちが教えてやるよ!
    だからメアド教えてくれよ!
    なあ!いいだろ!
    こんな口説き文句じゃ嫌われるだろうな…。
    ま、口説く勇気もないけどねっ!
    その前から嫌われてるけどねっ!
    生理的に無理って言われるけどねっ!
    そんな僕の心を癒してくれる漫画。
    どうですか?
    一緒に癒されましょう。

    【長所】
    ・絵柄が可愛い。
    ・将棋好きにも満足の内容。
    ・コラムも載ってる。
    ・優しい気持ちになる。
    ・下町に住めば美人3姉妹に会える気がしてくる。
    ・実はネコ好きにもたまらない作品。

    【短所】
    ・将棋を知ってるに越したことはない。
    ・新刊の出るスピードが遅い。
    ・下町に住んでもそう都合よく美人3姉妹なんていない。
    ・俺はネコアレルギー。
    ・美人3姉妹って言っちゃったけど2人は子供。

    =追記=
    4巻買いました!
    電車の中で読んでいたんですけど危うく泣きそうになりました。
    電車の中なので堪えましたけど。
    悲しくて泣けるんじゃないんす。
    切なくて泣けるんじゃないんす。
    優しくて泣けるんす!
    温かくて泣けるんす!
    自分が行く本屋には初版特典付いてなくて残念なんす。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。