ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『風使い』 ≪完結≫

    風使い










      作者:鷹氏隆之  
      出版社:講談社  
      巻数:全17巻  
      ジャンル:妖魔・バトル


    【あらすじ】
    風、水、土、火――
    それらを使い地上の自然の摂理を守る者――「使い人」
    彼らはその過去より幾度となく邪霊を――
    魔に憑かれた者を――
    そして妖魔を封じてきた…
    そして――
    研ぎ澄まされた精神力から生まれる念により浄化し
    霊的能力を与えた「風」により物質を切断、破壊
    ――無に帰する者を
    「風使い」――と呼ぶ…

    【感想】
    20年くらい前の漫画。
    けっこうエグイのに子供の頃好きな漫画でした。
    妖魔を封じるために存在する使い人。
    その使い人の強大な力は果たしてこの世に必要なのか。
    物語の後半は使い人同士の戦いが描かれていきます。
    その中でも初期から出てくる最大の敵として巌倉辰箕(いわくらたつみ)も最後まで主人公たちを苦しめます。
    熾烈な三つ巴戦の結末は…。
    かなりショックな死もあったりして子供ながらに衝撃を受けたことを思い出します。
    火とか風とか使うバトルものが好きなんで昔の作品だけど今読んでも安定感があって楽しめます。
    そういった作品が好きな方は読んで損はないと思います!
    当然昔の漫画なので新刊でゲットすることは難しいです。
    なので漫画喫茶で読むか古本屋さんで買って読むかしてみて下さい。
    風を操れたら何に使いますか?
    パっと思い浮かんだのがスカートをめくるっていうしょうもない事でした。
    今も考えが子供の頃のままっていう寂しい現実を見つめ直しつつ今日も漫画を読みます。
    妖魔と一緒にこのくだらない考えを封じてしまいたい。
    そしてまだ見ぬお笑いの才能を解き放ちたい!
    まだ自分にはあると信じているんで頑張って才能を開花させて!
    誰に頼んでるのか分かりませんがきっと僕、病んでるんです…。
    あ、風を使えたら夏場は扇風機みたいに使おうかな!
    貧弱な発想…。才能がないなんて言わせない!
    病んでるっていう逃げ道で逃げ切りたい今日この頃。

    【長所】
    ・全17巻と程よいボリューム。
    ・必殺技がカッコイイ。
    ・迫力あるバトルシーン。
    ・主人公が割りとピンチになることが多いのでハラハラドキドキする。
    ・若干のお色気あり。
    ・色々な人が死んじゃうけど読後感は良い。

    【短所】
    ・人が沢山死んじゃう。
    ・主要キャラまで死んじゃう。
    ・結構グロテスクな描写がある。
    ・風を使えたらってさっきから考えてるけど実際は使えることがない。
    ・宝くじ当たったらどうする?みたいな感じで虚しくなってきた。
    ・ちょっとした風で吹き飛ばされそうなほど弱い僕のメンタル。
    スポンサーサイト

    『元祖・ユルヴァちゃん』≪完結≫

    元祖ユルヴァちゃん










      作者:西本英雄  
      出版社:講談社  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:ギャグ


    【あらすじ】
    ヴィンランド・サガから奇跡のすぴんおふ!!
    見切り発進!いけ!ユルヴァちゃん!!

    【感想】
    幸村誠先生の「ヴィンランド・サガ」に出てくる主人公のお姉ちゃんユルヴァを主人公にしたギャグ漫画です。
    「ヴィンランド・サガ」はギャグ漫画ではなく殺し合いをするような熱いヴァイキングたちを描いた海賊漫画です。
    伝わるかな~?これってすごいことじゃないですか?
    まさに奇跡のスピンオフです!
    講談社さんが凄いのか幸村先生が寛大なのか西本先生がおかしいのか(笑)
    シリアスな漫画からキャラを拝借してギャグにしちゃうっていうこのスケールのでかさ!
    とにかく破天荒で面白キャラに仕上がっております。
    舞台は同じ世界かもしれませんが完全に別物ですので理解して読んでくださいね!
    「ヴィンランド・サガ」のファンを敵に回すかもしれないのに思い切ったことをする熱い男、否!熱い漢!西本英雄先生!
    西本先生を僕は全面的に応援します!
    微力ですけどね…。すいません…。力がなくて…。
    むしろ西本先生に助けてもらいたいくらいです…。
    すいません…。弱音ばかり吐いて…。
    縦横無尽に駆けずり回るユルヴァちゃんを見れるのは元祖だけ!
    ってことで「ヴィンランド・サガ」と合わせて「元祖・ユルヴァちゃん」も買って読みましょう!

    【長所】
    ・奇跡のスピンオフ。
    ・本家でユルヴァちゃんが気になっていたが元祖の方で元気そうなので安心した。
    ・全体的にパワフル。
    ・西本先生が結婚してるっぽくてめでたい気持ちになる。
    ・合間にある心を溶かす名言集で心が溶ける。

    【短所】
    ・本家とは全くの別物なので今後が心配になる。
    ・本家はまだなのに元祖が先にヴィンランドに着いちゃった。
    ・意外にもユルヴァちゃんが下ネタを言う。
    ・イケメンのフルチン男が出てくる。
    ・小さい本屋だとやっぱり置いてないことがある。

    『怪獣の家』≪完結≫

    怪獣の家










      作者:星里もちる  
      出版社:小学館  
      巻数:全2巻  
      ジャンル:ラブコメ


    【あらすじ】
    美女二人と怪獣が福田家来襲!?
    報道によると、この家は映画の舞台に選ばれた模様。
    怪獣は当然特撮だが、
    美女二人が住むようになったのは純然たる事実…
    星里ワールド全開の特撮ラブコメいよいよ封切り!!

    【感想】
    あらすじにも書きましたが星里ワールド全開です!
    星里もちる先生お得意のお家ラブコメディ。
    引き込むのが上手いんですよね~。
    全2巻でスッキリまとめ上げております!
    家族が死んでも涙一つ流せない冷たい男・福田に、
    福田さんは優しいと近付いて行く美女二人。
    気になるでしょ?気にならなくても読んで下さい。
    星里作品に触れて下さい。
    最高のラブコメに出会えます!
    あと特撮の現場がどんなに大変か覗き見ることが出来ます。
    こんなことが自分の身に起こったら…考えただけでもテンション上がりますね!
    だって美女二人と住むんですよ?
    どうすんのよ?どうなるのよ?どっちを選ぶのよ?はたまた選ばないのかよ?
    ほら気になるでしょ?読んで下さい。

    【長所】
    ・絵柄が可愛く読みやすい。
    ・ほのぼのしてるので読後感が良い。
    ・全2巻なのでちょっとした時間に読める。
    ・明日にでも美女と住める気がする。
    ・安定した星里もちる作品。

    【短所】
    ・もうちょっと読みたかったような気がする。
    ・美女二人と住むなんて現実には有り得ないと思い急に寂しくなる。
    ・美女一人だとしても現実には有り得ないと思い胸が苦しくなる。
    ・美女までいかなくてもと妥協したところで一緒に住んでくれるような人がいない。
    ・寂しすぎてこの際男でもいいかと危ない考えすら沸いてくる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。