ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ルシフェルの右手』 <連載中>

    ルシフェルの右手










      作者:芹沢直樹  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:医療・バイオレンス


    【あらすじ】
    「人殺しのこの手に…命を預けられるか?」
    アフリカ某国でのボランティア活動中、内戦に巻き込まれた外科医・勝海由宇。
    眼前で殺戮が繰り広げられる中、勝海も自らの命を守るために銃を手にし、
    襲ってきた兵士を射殺してしまう。
    帰国後、流れ着いたのは横浜。
    右腕に「医師失格」の烙印を刻んだ勝海だったが、一人の医師との出会いが彼を再び医の道へと導いてゆく!

    【感想】
    闇医者的な世界を描く医療漫画です。
    前作の猿ロックと比べて全体的に空気の重い緊迫した展開が続きます。
    主人公も命を救うべき医者が人を殺して生き延びている状況に苦しめられています。
    自分には医者の資格がない。
    人を救う資格がない。
    けどそんな勝海に救いを求める多くの患者が…。
    自分が今救わなければ死んでしまう。
    烙印が刻まれた右手でメスを握りもう一度医師として戦うのか…。
    といった感じで始まったばかりの漫画ですが面白くかなり引き込まれました。
    実際に闇医者というものを見たことも聞いたこともありませんが、本当に存在してそうな気さえしてくるリアリティ。
    今後も注目の作品です。
    闇だろうがなんだろうが人の命を救うお医者さんってかなり立派な仕事だと思います。
    自分も死にかけたところを救ってくれたりもしたんで感謝しております。
    でもまあ、よくドラマでやってるようなお金の問題だったりってのを目にすると不安になってくる部分もありますね。
    そりゃ金持ちの方が立派な治療を受け入れられやすいのかもしれませんが…。
    そこを何とか平等に!ってな気持ちも沸いてきます。
    本当のところどうなのか分かりませんが。
    どんな形であれ人を救うのに資格だとか権利だとかいらないですよね。
    もちろん無免で医者をやっていいってことじゃないですけど。
    お笑いも人の心を救うような部分があると思うんです。
    落ち込んでるときにふとつけたテレビで面白いネタをやってて元気が出た!とかね。
    そんな人の気持ちを救えるようなお笑い芸人になりたいなと思います。
    って俺真面目か!
    その前に自分自身を救ってほしいこの状況。
    とにかく前を向いて頑張るしかない!
    中島のルシフェルの右手で最高のつっこみをしてくれることに今後期待したいと思います。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・手に汗握る展開。
    ・人の命を救う素晴らしさを知ることが出来る。
    ・命の尊さを改めて再確認出来る。
    ・どんな医者になっていくのか今後が楽しみ。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・戦争の描写が悲惨。
    ・裏の病院ってちょっとだけ怖い。
    ・いくつになっても病院に行くときは緊張する。
    ・お笑いの舞台も何年経っても緊張する。
    ・緊張しすぎて気を失いそうになる。
    ・病院にお世話になりっぱなしのこの身体をどうにか改善したい。
    スポンサーサイト

    『ROOKIES-ルーキーズ-』 ≪完結≫

    ルーキーズ










      作者:森田まさのり  
      出版社:集英社  
      巻数:全24巻  
      ジャンル:野球・高校生


    【あらすじ】
    二子玉川学園高校(通称ニコガク)へ赴任してきた新人教師・川藤幸一(かわとうこういち)。
    そこで彼が出会ったのは部員の起こした不祥事により活動停止中の野球部。
    かつては春のセンバツ甲子園出場まで果たしていた伝統ある部も、
    現在では不良達の溜まり場と化し、部員達は自暴自棄になっていた。
    しかしそんな部員達の心の奥底に残る情熱を見抜いた川藤。
    彼は野球の「や」の字も知らなかったが自ら顧問となって、野球部の再建に乗り出す。
    そんな川藤の親身になって根性を叩きなおそうとしてくれる態度に動かされた不良部員達が、
    やがて夢の甲子園を目指す物語。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    熱血教師が不良生徒を更生させながら甲子園を目指す物語。
    ドラマがすごくヒットしたので漫画は読んでなくても存在を知っているって人結構いると思います。
    未読な方は是非読んでもらいたい!
    熱い友情や、諦めない精神。
    見習わなければいけない生き方がぎゅっと作品につまっています。
    相変わらず森田先生の描く男はカッコ良くて女の子は可愛いです。
    絵が上手いので読みやすく内容も分かりやすいので野球に興味がなくても楽しめると思います!
    全24巻となかなか読み応えもあり、読後感も清々しい感じ。
    学園ものを読むと自分の青春時代…しょぼかったなって落ち込みます。
    だからこそこういった学園ものの作品に感情移入して楽しめるんだな~と。
    まあ、ネガティブに考えてばかりいたって仕方ないよね!
    でも川藤先生のような熱血先生がいたら自分ももっと変わってたんだろうな~。
    高校生の時自分は3年間同じ担任の先生でした。
    この先生がめっちゃだらしなく生徒になめられっぱなし。
    自分は適当な感じが好きで慕っておりましたが。
    でも今思い出しても本当にダメな先生でした。
    まず職員室にタバコを出しっぱなしにして生徒に盗まれる。
    今日も○○先生のおかげでタバコ代浮いたぜ~ってな会話をよく聞いておりました。
    自分はタバコ吸わない人間なので得することはありませんでしたが。
    あ、未成年の喫煙は禁止されてますので吸わないでください。
    成人のタバコも自分は嫌いなので吸わないでください。
    んで、学校をよく休むんですよね!
    理由聞いたら巨人優勝パレードを見に行ったとか、
    近所のパチンコ屋が新装開店だったとか言うんですよ!
    なんつー教師!
    まあその先生のおかげで夏休みの宿題を提出しないで済んだんですけどね。
    随分楽させてもらいました。ありがとうございます。I先生。
    この先生の話してたらキリがないのでこの辺にしておきます。
    とにかくルーキーズは笑い、感動、涙が盛りだくさんに詰め込まれた作品なので読んで損なし!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・感動出来る。
    ・胸が熱くなる。
    ・読後感が良い。
    ・川藤先生のような熱血教師がいると学校も楽しそう。

    【短所】
    ・未成年でタバコ吸ってる。
    ・ケンカっぱやい。
    ・血が出るほど殴るっていう感情が理解出来ない。
    ・不良が怖い。
    ・うちの担任のI先生はある意味怖い。
    ・コンパスの将来も怖い。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。