ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『LIFE☆LIFE-ライフ☆ライフ-』 ≪完結≫

    LIFE☆LIFE










      作者:月山可也  
      出版社:講談社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:ヒューマンドラマ・死神


    【あらすじ】
    「人生」の最期の3日間、あなたは何をしますか?
    死者の魂を刈り取る死神・鴉閑九郎。
    対象となる者の「死」の3日前に彼は姿を現す。
    残された時間で、対象者たちはそれぞれ「最期の願い」を叶えようとするが……。
    歯を食いしばり、生きてきた人々が、「死」に直面した時に求めたものとは?

    【感想】
    死神と死ぬまでに3日間の猶予を与えられた人間が描くヒューマンドラマ的な漫画です。
    大人気のエリアの騎士を描いている月山先生の過去の作品。
    LIFE☆LIFEは月山先生一人で描かれているのでガチな月山ワールドを堪能出来ます。
    実際お会いしてお話もさせて頂いたことがあるんですけど月山先生って優しさが滲み出てるんですよ。
    その優しさがたっぷりと詰め込まれた作品です。
    1話目から泣けます。
    優しさに飢えていたら号泣するかもしれません。
    1巻で終わってしまうのが本当に残念なくらい素敵な内容。
    人間愛って大切ですよ。
    親や友人や恋人から与えられる愛情って重要でしょ?
    人間生きていく上で必要不可欠なものなんです。
    もっと思い遣る気持ちが大切なんです。
    今の現代人には足りないんです。
    この作品を読んで優しい人間になってほしいんです。
    いずれ人は死んでしまいます。
    これは避けて通れない道。
    なら、死ぬまで素敵な人生を過ごそうじゃないか!
    沢山の人を幸せにしてあげようじゃないか!
    そんな気持ちにさせてくれる漫画です。
    エリアの騎士ファンの方には当然オススメですが、優しさに飢えてる人、癒されたい人にもオススメ。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・優しさに満ち溢れている。
    ・エリアの騎士もそうだけど月山作品は優しさが溢れている。
    ・月山先生の人柄が良い。

    【短所】
    ・やはり全1巻で終わってしまうのは寂しい。
    ・人が死んじゃう。
    ・切なくなる。
    ・もっと評価されて良い作品だと思う。
    ・コンパスはどんな評価かわからなけどきっと妥当なんだと思う。
    スポンサーサイト

    『ラキア』 ≪完結≫

    ラキア










      作者:Boichi  
      原作者:矢島正雄  
      出版社:講談社  
      巻数:全5巻  
      ジャンル:宗教戦争・SF


    【あらすじ】
    20世紀の終わり、アメリカ、ネバダの砂漠で、暴走するトレーラーが、ある家族の幸せを奪った。
    悲惨な事故で、ただ一人生き残った少女・葉月ルナは、死体安置所で、謎の怪物と契約を結ぶ。
    7年後、ルナはアメリカで暮らしていた。
    死んだはずの家族と共に―――。
    矢島正雄・Boichiのコンビが贈る、新黙示録、第1巻。

    【感想】
    キリスト教のカトリックとグノーシスの抗争SF漫画です。
    分かり易く言えば旧キリスト教と今のキリスト教との闘い。
    というか戦争。
    一人の少女・ルナを巡って壮絶な戦いが繰り広げられます。
    ルナは女神なのか…それとも悪魔なのか…。
    段々とスケールもでかくなりハリウッド映画ばりの豪快な展開になっていきます。
    現実の世界でも宗教戦争ってあるんで、そこを考えるとリアルで怖いです。
    SF要素もあるけどやっぱり怖いです。
    同じ組織なのに派閥があって争いを開始しちゃうのってなんだか悲しいですよね。
    日本の政治でもそうですけど、同じ党内でなんで争うの?
    って疑問に思ってしまいます。
    ○○派対△△派!みたいなことニュースで取り上げてますけど意味が分かりません。
    良い意味でのライバル関係で切磋琢磨していくんなら分かるんです。
    でも違うんだもん。
    政治も悪ければメディアもかなり悪いと思うわけです。
    言葉が悪くなりますがテレビ見ててクソだなって思うこと多々あります。
    そんな業界に入りたくてお笑いを始めて今でも続けているんで複雑な心境ではあるんですけど。
    僕のような力の無い人間には分からない力が働いてこの世界は動いているんだろうな~と思うと悲しいです。
    ラキアの世界でも女神だ悪魔だって言って殺し合います。
    実際によその国で聖戦と言って命を捨ててしまう人が沢山います。
    テロとかもそうですよね。
    恐ろしい…。
    ほんまに恐ろしいで…。
    恐ろしすぎて関西弁が出てしまいましたが関西出身でもないし関西に住んでたこともありません。
    いいな~関西弁。
    お笑いに特化した方言だもんな~。
    まあ、東京には東京のお笑いの良さってのがあるんでいいんですけど。
    話が何度も脱線してるような気がしますが、ラキア面白いですよ!
    絵もかなり上手く迫力満点です。
    キリスト教とかSFものが好きな方にオススメです。
    ラキアを読んで戦争の悲惨さと無意味さを学んでほしいなと。
    俺何様なんだよ!ってね。
    まあいいじゃない。
    戦争のない平和な世界を望みます。
    あと早くお笑いで食えるようになることを望みます。
    超切実です。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全5巻とまとまっていて読みやすい。
    ・物語に引き込まれる。
    ・スケールがでかい。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・グロイ描写あり。
    ・戦争の恐ろしさが伝わる。
    ・売れない芸人の明日の見えない感じもまた恐ろしい。
    ・恐ろしい世界から抜け出せない。
    ・抜けたのは髪の毛だけ。
    ・自分のつむじを見るのが恐ろしい。

    『リヴィングストン』 <連載中>

    リヴィングストン










      作者:片岡人生  
      原作者:前川知大  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~  
      ジャンル:魂・掃除


    【あらすじ】
    「交響詩篇エウレカセブン」「デッドマン・ワンダーランド」
    片岡人生最新作!!
    僕たちはあなたを救いに殺しに来ました

    【感想】
    魂を回収する漫画です。
    ネガティブポイントと呼ばれる場所は不慮の事故などで死んだ人の魂が成仏せずに魂の欠片となってそこに残る。
    そうなるとそのマイナスな力に引き寄せられてまだまだ長生き出来るのに魂の予定が狂い早く死んでしまう。
    そんな状態を救いに行く仕事をする二人の物語。
    1話完結くらいの短さで読みやすく割りと複雑な話も分かり易く説明してくれています。
    なので僕でも理解出来ました!
    ってことは大体の人が理解出来て楽しめるはず!
    なかなか面白い設定ですし、情があり真面目な桜井と何事にも淡白で感情一つ無い天野。
    この二人の温度差も面白いですし、まだまだ謎が隠されている部分もあって続きが気になっちゃう感じ。
    原作の前川先生は劇作家ということでそちらのお芝居もかなり見たい気持ちになっています。
    なので芝居が好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。
    そうじゃなくても魂とか回収とかそんな感じの作品が好きな方にもオススメです。
    実際魂ってあると思うんです。
    てかあると信じたい。
    だって死んだらそれで終わりってなんだか寂しくないですか?
    もちろん死んだら貯めてお金だって使えなくなるだろうし娯楽的なものは一切なくなるだろうし、
    大好きな漫画も読めなくなってしまう。
    物理的には終わりっぽいけどそれじゃ味気ないでしょ。
    輪廻転生とかちょっと信じています。
    なので次生まれ変わるならイケメンに生まれ変わりたい。
    イケメンで性格の良い男に生まれ変わりたい。
    でも今生きている僕の記憶が消えてしまうのも寂しいもんですな~。
    なので今を大切に生きようと思います。
    そういいながら結構無駄にしちゃってる部分があるんで勿体無いですけど。
    自殺とか考えている人がいたら是非とも考えを改めてもらいたい。
    今しかない人生!もっと色々と出来るはず!
    前向きに頑張りましょう。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・オムニバスっぽくなってて分かり易い。
    ・生死を扱う作品で命の尊さを学べる。
    ・最初の数ページはカラー。
    ・雨にも強そうな表紙の素材。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・冷酷すぎる天野に引いちゃう。
    ・一冊のお値段がちょっと高め。
    ・雨に強そうな表紙でも湿気には弱い。
    ・ここ一番に弱いコンパス。
    ・チャンスをつかめないコンパス。

    『LOST+BRAIN-ロストブレイン-』 ≪完結≫

    ロストブレイン










      作者:大谷アキラ  
      原作者:薮野続久  
      出版社:小学館  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:催眠・サスペンス


    【あらすじ】
    催眠というのは本当に人間を操れるのですか?
    つまらない学校に、つまらない人間!!
    くだらない現実に幻滅していた天才・氷山漣。
    世界を根本から変えたい…
    そう望む彼は“催眠”という底知れぬ力を手にして…!?
    人間の心の、奥の奥へと入り込む禁断の催眠サスペンス、待望の第1巻!!

    【感想】
    催眠術を使い、人間を洗脳して世界を変えようとする漫画です。
    雰囲気的には「デスノート」っぽさがあるのでイメージしやすいかと。
    「デスノート」読んだことないよ!
    って人はどっちも読んだらいいと思います。
    「デスノート」は死神が出てきたりするファンタジー要素がありますが、
    「ロストブレイン」は催眠術を使うだけなのでリアリティがあります。
    主人公に催眠術を使って世界を変えるきっかけを与えてしまった催眠術師の九遠寺。
    主人公の野望を止めようと動きますが催眠を使って先手を打たれて、どうにもこうにも…って展開にドキドキハラハラです。
    心理戦とか駆け引きとかそういった部分でも魅力的。
    全3巻と短くまとまっているので分かり易く読みやすいです。
    催眠術でここまで人間を操れるんだったらそりゃ恐ろしいことになりますね。
    催眠術をかけられたことがないのでどうなるのか分かりませんが機会があればかけてもらいたいです。
    コンパスは面白い!っていう催眠をかけられるならかけたいような気がします。
    そしたら売れるかも!
    でもそんなすごい催眠かけられるならそっちで活躍出来るかも!
    可能性が広がりましたね!
    どこで習うのか分かりませんのですでに八方塞です。
    絶対売れる!絶対売れる!っていう自己暗示をかけて頑張りろうと思います。
    マインドコントロールって結構大切みたいですしね。
    ネガティブな人よりポジティブな人の方が成功するらしいですし。
    みたいとからしいとか不確定な要素を多く含んでいますので真相が知りたい方はネットで調べてみてください。
    ついでに売れる方法をみつけた方はメール欄から連絡いただけたら幸いです。
    他力本願バンザイ!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全3巻とコンパクトにまとまっていて読みやすい。
    ・心理戦がワクワクする。
    ・1巻の巻末には被暗示性テスト付き。
    ・3巻の巻末には心理分析フローチャート付き。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・世界を変えるっていう発想が悪い方向に行っている。
    ・催眠術の怖さを知ることが出来る。
    ・催眠術でパニック障害を治したいけどやり方が分からない。
    ・薬治療で回復に向かっているけど薬代が高い。
    ・催眠治療の方が高そうな気がする。
    ・世の中結局お金。

    『螺旋島』 ≪完結≫

    螺旋島










      作者:向山知成  
      出版社:講談社  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:アクション・サバイバル


    【あらすじ】
    かつて事件を起こし故郷の柊島を離れた早乙女鉄心。
    ある日、幼なじみのミキから助けを求める電話が…。
    ミキを助けるため封鎖された柊島に潜入した鉄心が見たものは…!?
    情報操作、緊急隔離…最先端の恐怖が幕を上げる――!!
    「これは本当にインフルエンザなのか―――?」
    謎が謎を呼ぶパニックアクション誕生!!

    【感想】
    幼なじみのミキを救出する漫画です。
    元不良でも頭が良くて色々な知識豊富な主人公・鉄心が様々なトラブルや罠などを突破していく男らしい物語。
    男らしいけど男臭くないのはイケメンだからかな。
    いいな~イケメンって。
    魁男塾とかもジャニーズ系のような爽やかイケメンでやれば男臭くないんだろうなぁ。
    イケメンパワー恐るべし!
    絵も上手く物語もスピーディーで解り易く読みやすいです。
    やっぱり男ってのは、いざ!って時に頼りになれるところがいいですよね!
    自分も鉄心を見習わないといけない部分が多々あります。
    サバイバル知識も絶対必要。
    ブサイクだってとんでもない大ピンチの時にサバイバル知識を振りかざしてピンチを乗り越えたりしたらカッコよく見えるはず!
    頼れる男になれるように螺旋島を読んでみなさんも勉強しましょう。
    一番勉強しないといけないのは僕自身なんですけどね…。
    学ぶことも多いけど読んでも面白い螺旋島!
    なぜ柊島は封鎖されているのか?
    本当にインフルエンザが蔓延して封鎖されているのか?
    ミキは無事なのか?
    二転三転するストーリーにアナタも釘付け!って感じです。
    全3巻と短くまとまっているのもいいですね。
    複雑な話で長くなると途中訳が分からなくなって読み返さないといけなくなったりしますからね。
    それはそれでまた新たな発見があったりでいいんですけどね。
    初心者にオススメのパニックアクション!
    そもそも初心者ってなんだ?って話ですけどね。
    俺がプロなのか?って言ったらそんなことないですし。
    とりあえずあれこれ難しく考えないで面白い漫画沢山読みましょう!ってことが言いたいだけ。
    あとは、イケメンってずりぃ~なぁ~!ってことが言いたいだけ。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全3巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・ハラハラドキドキの展開。
    ・読後感も良い。
    ・巻末にオマケ漫画あり。
    ・カバー外すと更にオマケ漫画あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・グロイ描写あり。
    ・悪いこと考える奴が多くて嫌になる。
    ・人を裏切ったりするのはよくない。
    ・ネタは裏切らないとお客さんがオチを先に読んでしまう。
    ・寄席だと俺より先にボケちゃったり相方より先につっこんじゃったりする人がいる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。