ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ウツボラ』 <連載中>

    ウツボラ










      作者:中村明日美子  
      出版社:太田出版  
      巻数:1巻~  
      ジャンル:サイコ・サスペンス


    【あらすじ】
    私は世界のさかいめがわからなくなった
    ――顔のない死体とひとつの小説をめぐる謎の物語――
    「彼女はいったい何者なんですか?」
    謎の死を遂げた美少女「藤乃朱」。
    入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る少女「桜」が、作家・溝呂木の前に現われるも、彼女の正体は一切不明。
    二人の点をつなぐ作家・溝呂木は、盗作に手を染め深い闇に追い詰められていく。
    そして事件の謎を追う編集者と刑事たち。
    彼らの間を蠢く謎は深まるばかり――

    【感想】
    文学ちっくなサスペンス漫画です。
    文学のことそんなに知りませんけど多分文学ちっく。
    全体的に儚さみたいな空気感が漂っています。
    絵柄も繊細な感じで女性も読みやすいんじゃないかと。
    まだ物語は始まったばかりですが充分この妖艶な世界観に魅了されます。
    事件の真相は何なのか…。
    彼女は本当に死んだのか…。
    妹と名乗る女は何者なのか…。
    多くの謎と共に物語は動き出します。
    今から結末が気になって仕方がない!
    そんな注目作品。
    内容も僕からしたらちょっと小難しい感じがしたので大人向けの漫画ですね。
    性描写も若干あるんで。
    男っちゅーもんはいくつになっても若い女性が好きなのねー。
    怪しいと思っても近付いちゃうもんなのねー。
    そんな謎めいた若い女性に振り回されていく感じなので自分も若い女性に振り回されないように気をつけます。
    あ、気をつける必要ないか。
    だって僕には若い女性が近付いて来ないもんねー。
    別に気にしてないもんねー。
    僕には漫画があるんだもんねー。
    …一生勝ち組になれない気がしてきた。
    諦めるな俺!

    【長所】
    ・絵が繊細で上手く読みやすい。
    ・大人が楽しめる漫画。
    ・文学的で深みのある作品。
    ・お色気あり。
    ・先の読めないストーリー。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・謎が多くて混乱する。
    ・文学的とか言ってるけど言ってる僕自身あまり理解していない。
    ・こんなに自分が頭の悪い子だと思わなかった。
    ・もう少し自分は出来る子だと思ってた。
    ・親も同じ意見だった。
    ・頑張れ俺!
    スポンサーサイト

    『ヴィンランド・サガ』<連載中>

    ヴィンランド・サガ










      作者:幸村誠  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~10巻  
      ジャンル:歴史・海賊


    【あらすじ】
    時は11世紀。
    幼くして戦場を生きる場所に選んだ少年トルフィンは父の仇であるアシェラッド率いる一味に身を投じるも、
    幻の大陸「ヴィンランド」を目指す。
    海の戦士・ヴァイキングの物語。

    【感想】
    史実を元にした海賊物語。
    かなり細かく絵が描かれていて迫力満点で大冒険してるぜ!って気分にさせてくれます。
    兵士描くの大変そう…
    身体を壊さずに頑張ってもらいたい。
    戦闘シーンがスピーディーでカッコイイです。
    登場人物もそれぞれ個性があって見ていて楽しいです。
    それでも海賊なんで残酷なシーンがあるのでほのぼの漫画じゃありません。
    こういった歴史があって今がある。
    深いですね~。
    今後どのように展開していくか、どのように終結するのか楽しみです。
    当時の海賊ってこんな生活してたんだとか色々学べるので是非読んでみてください。
    巻末にはほのぼのした4コマ漫画や設定資料なども見れてサービス満点!
    物語がしっかりしているので子供から大人まで楽しめる作品です。

    【長所】
    ・歴史を学べる。
    ・絵が上手い。
    ・壮大な物語でワクワクする。
    ・海賊に憧れる。
    ・オマケ漫画付き。
    ・夏に読めば海に出かけたくなる。

    【短所】
    ・当然フィクションなんでリアルじゃない部分もある。
    ・残酷なシーンがある。
    ・死なないでほしい人が死んじゃう。
    ・新刊の出るスピードが遅い。
    ・海賊には憧れるが暴走族は怖い。
    ・実際海賊に会ったら会ったでやっぱり怖い。
    ・海に出かけたくなるとか言いながら一番夏が苦手。
    ・汗かきすぎて洗濯物が追いつかなくなる。

    『ウロボロス~警察ヲ裁クハ我ニアリ~』<連載中>

    ウロボロス










      作者:神崎裕也  
      出版社:新潮社  
      巻数:1巻~15巻  
      ジャンル:サスペンス・警察


    【あらすじ】
    新宿第二署 刑事課 巡査部長 龍崎イクオ。
    冴えない存在として知られる彼だが、
    署内では検挙率トップの実績を誇る。
    警察のもとで、忠実に職務を遂行し、
    出世を重ねて組織の上層部に登りつめようとする彼の最終目的、
    それは「警察への復讐」だった…。
    圧倒的な臨場感で描く本格警察巨編、第1巻!!

    【感想】
    実際警察ってこんなことするの?怖っ!って疑っちゃうくらい説得力のある話作り。
    主人公イクオとその幼なじみ竜哉の大切な人を15年前に殺された。
    しかも犯人は警察。頼りになるのはその時犯人がしていた警察上層部がつける金の時計。
    イクオは警察に、竜哉はヤクザに。
    それぞれのルートを使って犯人を目指す。
    警察とヤクザがタッグを組んで犯人探し。
    漫画としては面白いですが実際あったら困るっていうか、かなり怖いですよね…。
    主人公たちの目的は一本筋が通っていますが、
    それ以外に色んな事件が発生して解決していくので従来の犯人探し的な楽しみ方も出来ます。
    色々な事件を解決しながらも金時計の男へと近づいていくところも見逃せない感じです。
    実際に起こった某事件を彷彿させる事件もあったりと興味津々。
    今後の展開に期待大です!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・警察とヤクザのタッグが斬新。
    ・色々な事件の犯人探しが楽しめる。
    ・お色気あり。
    ・初版にはオマケでオリジナルしおりやポストカードが付いてくる。

    【短所】
    ・残虐なシーンがある。
    ・切ないエピソードが多い。
    ・警察が信用出来なくなる。
    ・かと言ってヤクザも怖い。
    ・電車で読んでるとお色気シーンで気まずくなる。

    =追記=
    5巻買いました!
    バスジャック事件完全決着!
    色々な思惑があって起こった事件なんですけど難しいですね~。
    どんな犯罪者だって笑ったり人の為に尽くしたりってことしてると思うんですけど、
    何がきっかけで道を踏み外すのか分からないですね。
    自分はしっかり踏み外さないように心がけます!
    イクオも遂に警視庁の刑事へ。
    金時計の男に近付くことが出来るのか…。
    今後も楽しみな漫画です。

    『嘘喰い』<連載中>

    嘘喰い










      作者:迫稔雄  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~25巻  
      ジャンル:ギャンブル・バトル


    【あらすじ】
    遊ぶ金欲しさに闇金に手を出し、
    取立てに追われる青年・梶くんの前に現れた謎の男・斑目貘。
    自らギャンブラーと名乗り、
    借金返済を手伝うと豪語する貘は、
    闇カジノへ乗り込むが…!?

    【感想】
    スリリングな展開で面白いです!
    ギャンブル漫画と言っても麻雀やパチンコといったギャンブルではなく、変わったゲームでお金を賭ける心理戦です。
    様々なトリックが使われるのですが一般人が解けるようなトリックではないので割り切って読み進めましょう!
    バトルシーンも迫力があって面白いです。
    ちなみに主人公の貘は心理戦が得意で殴り合いは不得意です。
    一般人より体力がないかも…。
    心理戦とバトルの絶妙な融合。ゾクゾクしてきます。
    中には何回か読まないと理解出来ないところもあったりしますが…。
    それだけ凝ってる内容なんです。
    あとは僕自身のオツムの問題。
    でもこれだけは言える。
    面白い作品だと。
    心理戦が好きな方、バトルが好きな方どちらもオススメです!
    巻末にはオマケ漫画も付いているのでサービス満点!

    【長所】
    ・主人公が魅力的。
    ・絵が読みやすい。
    ・緊張感のある心理戦で次が気になる。
    ・ちょっとした笑える要素あり。
    ・ギャンブルで勝てる気がしてくる。
    ・リアルなようでリアルじゃない、良い意味でのフィクション。
    ・カリカリ梅が食べたくなる。

    【短所】
    ・主人公がバトルでは役に立たない。
    ・トリックが複雑で見破ろうとしても見破れない。
    ・残虐なシーンがある。
    ・俺も貘みたいになれるかもと調子に乗ってギャンブルに行き負ける可能性がある。
    ・ばくって打って変換しても貘って漢字に変換されない。
    ・カリカリ梅が食べたくなるがよく考えるとそんなに好きじゃない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。