ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『魔王~JUVENILE REMIX~』≪完結≫

    魔王










      作者:大須賀めぐみ  
      原作者:伊坂幸太郎  
      出版社:小学館  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:バトル・サスペンス


    【あらすじ】
    でたらめでも自分を信じていけば、世界は変わる。
    自分の考えていることを、他人に話させることができる能力、
    「腹話術」を持つ高校生・安藤。
    新都心化計画に揺れる街で、
    自警団「グラスホッパー」を率いる、謎に包まれた青年・犬養。
    二人の出会いが紡ぎ出す、「勇気」と「決意」……
    …そして「対決」の物語。

    【感想】
    ちっぽけな能力で大きな敵と戦う勇気溢れる少年が活躍する漫画です。
    先にスピンオフ作品の「Waltz-ワルツ-」を読んで面白かったので思わず購入。
    いきなりスピンオフから読んじゃうっていうミスを犯しましたが気付かなかったんで仕方ないよね。
    でも「魔王」を読んで思いました。
    面白い!おもろいがな!
    って。
    なんで知らなかったの俺?
    それで漫画通を語るつもり?
    そんな後悔の念が押し寄せるくらいもっと早く読んでおけば良かったと思える漫画。
    安藤の能力・腹話術って特別すごい能力じゃないし、どこか他人事で控えめだった安藤が腹話術を使い勇気を出して戦っていく姿に心打たれます。
    炎を使えるとかドラゴンを召喚するとかっていう能力バトル漫画ではないのでそこら辺も斬新。
    何もしなければ変わらない!
    決意してもなかなか行動に移せないもんです。
    あれこれ葛藤してそれでもやらなきゃいけない時ってのは来るもんです。
    群れていきがることは出来ても1人じゃ何も出来ないって奴あなたの身近にいませんか?
    まあ僕もそうなんですけどね。
    大きな流れに従うことも大切かもしれないけど流されない自分も大切なんだということが学べる作品。
    物語りも続きが気になってどんどん読み進めちゃいます。
    多くを語ってもネタバレに繋がるんで自重しないといけませんが、読んで損はないと思います。
    原作の小説は未読なんで小説ファンがどう思うかは分かりませんが別に文句言う必要ないがな!って気もします。
    僕自身あまり小説は読まないのですが唯一、乙一先生の小説は読みます。
    いくつか漫画化されてますけど面白いと思いますし文句を言いたくなるって感じにはなりません。
    だから小説ファンの方にも是非読んでもらいたいなと。
    この「魔王」を読んで「Waltz-ワルツ-」まで読めば完璧です。
    それにしても大須賀先生はこれがデビュー作らしいですが新人とは思えない絵の上手さでした。
    世の中にはいるもんだね。
    エリートって人は。
    自分もエリート街道を驀進する予定だったのですがその道すら見つかりませんでした。
    地道という道で頑張って進みたいと思います。
    意外に上手いこと言えた気がするので満足。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全10巻とほど良い長さ。
    ・物語に力があり引き込まれる。
    ・ハラハラドキドキの展開。
    ・2巻からカバー外すとオマケ漫画あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・グロイ描写あり。
    ・社会の汚い部分が見えてしまう。
    ・人間の汚い部分が見えてしまう。
    ・漫才協会の後輩芸人、市岡くんが汚く見えてしまう。
    スポンサーサイト

    『ましろのおと』 <連載中>

    ましろのおと










      作者:羅川真里茂  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:津軽三味線・青春・学園


    【あらすじ】
    津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪。
    師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失って雪だが、
    様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。

    【感想】
    津軽三味線を題材にした漫画です。
    「赤ちゃんと僕」を描いた少女漫画家の羅川先生が少年漫画にフィールドを移したってことも注目度大ですね。
    個人的に思うことは少女漫画家の先生が描く少年漫画は熱い!ってことです。
    「3月のライオン」しかり、「ちはやふる」もしかり。
    実際「ちはやふる」は少女漫画で連載されていますが少年漫画の持つ直向な熱さを持っています。
    だから読んでて面白いし引き込まれる訳です。
    この「ましろのおと」も熱を持った作品と言えます。
    恋愛要素もあるけどそこがメインじゃないっていうか。
    漫画独特の熱を持ってるってことが言いたいし伝えたい!
    暑苦しいとか、むさ苦しいとか、男臭いとかそういう意味じゃないですよ。
    作品の持つ力強さというかエネルギーというか読んでて胸にガンガンくる感じあるでしょ?
    この漫画すげーパワー放ってるぜ!的な感じ。
    あれ?
    なんか俺イタい人とか思われてないかな…。
    急に不安になってきた。
    元からイタいって思われてるからいいか。
    今更だしね。
    この場合の俺の熱弁は暑苦しい&むさ苦しい側ですけど。
    主人公・雪の成長や今後の展開など気になりまくりの漫画なんで気になる方は読んでみてください。
    「BECK」の影響でギター買ったことがありますがさすがに津軽三味線は高そうなんで買わないと思います。
    でも弾けるようになってみたいなってすでに思っているので危ないです。
    結局ギターは弾けるようにならなかったんで勿体無いことしたなと思います。
    衝動買いは危険です。
    先に買わなきゃいけない物も沢山あるんで気をつけないといけません。
    物欲を抑えないといけないんですけどね。
    よく考えたら衝動買い出来るほどお金持ってないんで大丈夫でした。
    そんなこと言うと寂しくなるのは季節だけのせいじゃないはず。
    心も懐も温かいといいよね~。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・津軽三味線という斬新な題材で興味津々。
    ・津軽三味線をもっと知りたくなる。
    ・漫画の持つ熱がある。
    ・人の温かさみたいなのがあって良い。

    【短所】
    ・女癖の悪い奴が出てきて不快。
    ・騙す方も悪いけど騙される方も落ち度がある。
    ・でも人を信じるっていう純粋な気持ちを否定したくないので頭が混乱する。
    ・津軽三味線を買うお金がなくて混乱する。
    ・たまに漫画を買うお金がなくて混乱を越えて無になる時がある。

    【追記】
    津軽三味線買っちゃいました(笑)
    でも衝動買いではなくて
    芸の幅を広げるために購入。
    頑張って津軽三味線奏者になります!

    『MW-ムウ-』 ≪完結≫

    MW










      作者:手塚治虫  
      出版社:講談社  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:サスペンス


    【あらすじ】
    銀行員として働く結城美知夫には、裏の顔があった。
    飽くことなく罪を重ね続け、複雑な関係にある、賀来神父のもとへ懺悔にゆく別の姿が!
    秘密毒ガス平気“MW”を軸に、現代の科学万能主義にメスを入れる問題作。

    【感想】
    映画化にもなった残酷な復讐漫画です。
    改めて思うことは手塚治虫先生は天才だなってことですね。
    鉄腕アトムやジャングル大帝など勧善懲悪を表現する傍らこういった悪をメインにした作品も作れるってところがすごい。
    アドルフに告ぐもかなり残酷な描写がありましたがこちらも負けておりません。
    残酷非道レベルならムウの方が上かもしれません。
    同性愛も描かれていてお子様が読むには刺激の強い内容。
    とにかく美知夫が悪い奴でとんでもない悪人。
    読み進めていく上で人によっては胸糞が悪くなるかもしれませんがあえて読むことで人間の業の深さなど見つめ直すことも必要だと思います。
    読後感も良いわけではありませんが、オススメです。
    悪いことをすると自分に返ってくる気がして悪いことってなかなか出来ないもんですが、
    実際悪いことしながら楽しい人生を送っている人もいるんでしょうね。
    自分の場合は悪いことをすると自分に絶対に返ってくる体質なんで悪いことが出来ません。
    悪いことしてなくても良いことがあまりないんで、どうにもならない状態です。
    それでも生きていれば必ず良いことがあると思って頑張ります。
    頑張りますって言いながらも今現在気持ちでは立ち上がれないほどへこんでいます。
    それでも支えてくれる人の為何度も何度も立ち上がって頑張らないといけないなと思っています。
    けどなかなか前向きになれないのでしんどいです。
    って俺、どんな精神状態なんだよ!って自分でつっこんじゃうくらい元気がありません。
    誰か僕に元気を分けてください。
    こんな精神状態でも読んでて面白いと思う力作。
    病んでる人もそうでない人も読んでみてください。

    【長所】
    ・全3巻とまとまっていて読みやすい。
    ・先の読めない物語に引き込まれる。
    ・手塚作品を読んでいるってだけでなんか優越感に浸れる。
    ・映画化にもなっている。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写あり。
    ・美知夫のやっていることが酷すぎて胸糞悪くなる。
    ・それでもなんとかなっちゃうラッキー体質に腹が立つ。
    ・読後感もスッキリしないし不気味な感じ。
    ・コントでこんなオチにしたら怒られそう。

    『モンタージュ~三億円事件奇譚~』 <連載中>

    モンタージュ










      作者:渡辺潤  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~8巻  
      ジャンル:クライムサスペンス


    【あらすじ】
    1968年12月10日に起きた昭和史最大の未解決事件、三億円事件。
    大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を迎えた…。
    そして時は流れ現代。
    1人の少年が瀕死の老刑事に「おまえの父親は、三億円事件の犯人だ」と告げられた!!
    運命の輪に巻き込まれた少年は、三億円事件の謎を明らかにできるのか!?

    【感想】
    実際にあった三億円事件を元に描かれた漫画です。
    僕が生まれる前の事件ですがそれでも聞いたことのある事件。
    今でもたまにテレビなどで取り上げられたりしていますよね。
    誰もケガをすることなく鮮やかに三億円を奪い去った犯人。
    最大の未解決事件を題材にどう描き切るのか楽しみです!
    1巻からぐいぐい心を掴んでくるので今のうちに皆さんも読んだ方がいいですよ!
    続きが気になって仕方ないです。
    代紋TAKE2で実力十分の渡辺先生の作品ってこともあってかなり期待しています。
    少年が突然血だらけの刑事にお前の父親は三億円事件の犯人だ!って言われてから物語が大きく動き出します。
    目の前で絶命する刑事。
    ただ最後に「誰も信じるな」と少年に告げて。
    そこから帰って来ない父親。
    何かが変わっていく。
    大きな運命の輪に巻き込まれていく。
    そんなスリリングな作品が好きな方にはオススメです。
    実際の三億円ってどこに行ったんでしょうかね?
    三億円ってすごい金額なんでピンとこないけど羨ましい金額です。
    サイフに三千円すら無い時がある自分にとって夢のまた夢。
    買わなきゃ当たらない宝くじ。
    でも買うお金がない!
    っていうんだから世知辛いよね~。
    福耳で耳たぶにほくろがあるあんたは絶対にお金持ちになる!
    と子供の頃から言われ続けてきましたがただの迷信だったんだろうな~。
    あれ、まだ期待している自分がいるんだけど…。
    お金持ちになって色々としたいもんですな~。
    だけど悪いことしちゃダメなんで頑張ってジャパニーズドリームを掴みたいと思います!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・ハラハラドキドキの展開で引き込まれる。
    ・実際の事件を題材にしているのでリアリティがある。
    ・どうなるのか結末が気になる。
    ・巻末には三億円事件についての解説付き。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写あり。
    ・未解決事件って響きが怖い。
    ・金欠で新刊ラッシュが怖い。
    ・自分の未来が見えなくて怖い。

    『めだかボックス』 <連載中>

    めだかボックス










      作者:暁月あきら  
      原作者:西尾維新  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~8巻  
      ジャンル:学園・コメディ・バトル


    【あらすじ】
    箱庭学園内に設置された目安箱は、24時間365日、生徒の誰もが、
    どんな悩みでも投書できる、通称“めだかボックス”!
    生徒達のあらゆる悩みを解決する為に完全生徒会長・黒神めだかの奮闘の日々が始まった!!

    【感想】
    頭が良くて美人で身体も強くて金持ちでって何でも出来るスーパーガール黒神めだかが主人公。
    才色兼備ってやつですよね。
    羨ましい。
    生徒のどんな悩みも解決してくれる生徒会長ですが、
    かなり破天荒なキャラなので他の生徒会メンバーは振り回されっぱなしのドタバタ学園コメディ漫画です。
    絵は綺麗で読みやすいです。
    ギャグも面白くテンポも良いので心地良い感じ。
    思春期の男子が好きそうなお色気もちょろっとあっていいんじゃないでしょうか。
    ちなみにめだかボックスは萌え系なんですかね?
    どっからどこまでが萌えなのか教えていただきたい!
    その辺のプロの方に。
    どの辺のプロなんだ?って話ですけど。
    少年漫画らしいバトル的なものも含んでいますし、
    何よりパワーがあって明るい作品なので読んでて元気になれます!
    スカっとしたい時とか読んでみてはどうでしょうか?
    そういや最近肩こりが酷くてどうにもなりません…。
    パソコンしたり漫画読んだりしてるからでしょうか?
    単純に運動不足って話なんでしょうけど。
    俺も破天荒なキャラになりたいな~!
    一生かかっても無理でしょうけど。
    そもそも破天荒なことって何したらいいんでしょうか?
    考えるだけ無駄か。
    俺破天荒とは無縁だし…。

    【長所】
    ・絵が綺麗で読みやすい。
    ・ハチャメチャな感じで元気が出る。
    ・ちょっとしたお色気あり。
    ・熱い友情が芽生える。
    ・カバー外すとオマケあり。

    【短所】
    ・なぜか登場人物がみんなAB型。
    ・学園内の先生たちの存在が謎。
    ・美男美女ばかりで悔しくなる。
    ・俺の行ってた学校なんてブスばっかりだったよって言うとお前が言うなって言われる。
    ・ブサイクなダメ男だって言う権利はあるんだって言った後やっぱりないなと思う。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。