ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『僕はビートルズ』 ≪完結≫

    僕はビートルズ










      作者:かわぐちかいじ  
      原作者:藤井哲夫  
      出版社:講談社  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:音楽・SF


    【あらすじ】
    それはビートルズへの裏切り。
    2010年から1961年にタイムスリップしたビートルズのコピーバンド。
    自分たちのきた時代がビートルズのデビュー前だと知ったメンバーは、
    ビートルズになり代わることを決意する。
    “もし、僕がビートルズより先に『イエスタデイ』を発表したら、僕はビートルズになれるかもしれない”

    【感想】
    ビートルズが大好きなコピーパンドが過去にタイムスリップしてビートルズより先にデビューする漫画です。
    タイムスリップを題材にする漫画は過去にも多くありますが実在する人物よりも先にデビューしたらどうなるか?
    っていうifの世界って感じで興味津々。
    世界的なバンド、ビートルズを丸ごと盗作して先にデビューしちゃうってすごくないですか?
    このあとどうなっちゃうの?!って思うでしょ!
    主人公たちはビートルズになれるのか?
    それともビートルズが超えてくるのか?
    ノンストップの全10巻です。
    ちなみに僕はビートルズをうちの相方、中島が僕の誕生日にプレゼントしてくれました。
    コンビ愛って素敵。
    主人公たちだってビートルズ愛に満ち溢れた人物。
    そんなバンド同士のぶつかり合いが見れるのか?
    この漫画を読んで是非その結末を目に焼き付けてほしい。
    タイムスリップ出来たらって妄想、僕自身結構好きなんですよ。
    もし出来たら売れてる芸人のギャグ片っ端からやっていきます。
    コマネチから君カワうぃーね~!までやってやります!
    そんな寂しい妄想しています。
    妄想好きな人やタイムスリップ系が好きな方にオススメ。
    あとビートルズが好きな方にもオススメ。
    兎にも角にも
    早く売れたい。
    売れたいって言うかお笑いで生活できるようになりたい。
    でも諦めずに夢を追い続けて頑張ります。
    そしたら奇跡で過去に戻れるかもしれませんし。
    とりあえず今夜は宝くじが当たったらって妄想をして過ごしたいと思います。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・物語がだれず最後まで突っ走る内容。
    ・先の読めない展開で最後まで楽しめる。
    ・全10巻と丁度良い読み応え感。
    ・巻末にビートルズ大学誌上講義もあって世界観を詳しく知ることが出来る。

    【短所】
    ・盗作はよくない。
    ・いつかバレるんじゃないかってハラハラしちゃう。
    ・ビートルズを全く知らないとついていけない。
    ・ず~とるびを知らなくても作品は楽しめる。
    ・自分はチキンハートだから過去に行けても盗作バレるのが怖くて先にデビュー出来そうにない。
    スポンサーサイト

    『星守る犬』 ≪完結≫

    星守る犬










      作者:村上たかし  
      出版社:双葉社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:犬・ヒューマンドラマ


    【あらすじ】
    限りある命を、犬とふたりで。
    「お父さん」と白い犬のハッピーは、自動車で旅に出た。
    南へ―――――。
    それは残されたわずかな「生」を生き抜く旅であった――。

    【感想】
    犬視点の漫画です。
    何の情報もないまま読んだのですが切なすぎてびっくり!
    どこにでもある普通の幸せな家庭に拾われてきた犬・ハッピーからの視点で語られていく物語。
    油断すると泣きます。
    とくに犬を飼っている方や犬を最期まで看取った方などは号泣ものじゃないでしょうか。
    星守る犬なんていうタイトルだから地球規模の展開が起こるのかと思ったら全く違うものでした。
    もちろん意味のあるタイトルなんですけどね。
    幸せの形は人それぞれだと思います。
    どんなに悩んでいたって人によっては幸せな悩みだ!なんて言われることもあります。
    登場する犬やお父さんも幸せな人生だとは思います。
    ですが、切ないんです。
    なんだかやり切れない気持ちになるんです。
    もっとやれたんじゃないだろうか。
    もっと違う道を選べたんじゃないだろうか。
    色々と考えさせられる作品です。
    100歳まで長生きしたって100歳までしか生きられないと考えると一日一日を大切に過ごしていかないとなぁと思います。
    有意義に、やり残したことがないように、悔いのない人生を過ごしていこうじゃないか!
    って気分にさせる漫画なんで興味が少しでもあれば是非読んでもらいたい。
    悔いのない生き方ってかなり難しいとは思いますが少しで幸せな時間を過ごすために頑張ろうと思いました。
    ここまで書いて思いました。
    真面目なレビューで素敵!って。
    書いてる僕自身は全然素敵じゃないですけどね。
    そもそも素敵ってあんまり自然に出る言葉じゃないですよね。
    どんな時に言葉として出ちゃうか分かりませんが素敵な人生を目指していきましょう。

    【長所】
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・泣ける。
    ・人生を大切にしていこうと思える。
    ・泣きたいときにはオススメ。
    ・旅行したい気分になる。

    【短所】
    ・切ない。
    ・犬を飼っている人にはちょっと酷かも。
    ・悲しい過去を思い起こさせるかも。
    ・泣こうって意識しちゃうと逆に泣けないかも。
    ・1冊の値段がちょいと高い。
    ・寝る前に読んで寝付けなくなった。

    『ぼくらの』≪完結≫

    ぼくらの










      作者:鬼頭莫宏  
      出版社:小学館  
      巻数:全11巻  
      ジャンル:世界・SF


    【あらすじ】
    ぼくらの大切な「地球」……
    このかけがえなのない地球に異形の巨大ロボットが迫る。
    迎え討つは、15人の少年少女のみ……
    SFファンタジーの鬼才が贈るニュータイプのアクションコミック。
    いよいよ発進!

    【感想】
    15人の少年少女それぞれの視点で物語が語られます。
    ただの暇つぶしから始めた巨大ロボットを操るゲームがとんでもないことに。
    生きてる限り死って常に隣り合わせです。
    それでも僕みたいな平和ボケしてるやつは何も考えずに生きている。
    生きるってもっとこう、一生懸命にならないといけないんじゃないの?
    がむしゃらに突っ走らないといけないんじゃないんの?
    そんなことを考えさせられる内容。
    子供たちが死を理解して戦う姿は心打たれます。
    もっと遊びたいだろうし、もっと恋したいだろうし、もっと勉強したいだろうし、
    もっともっと沢山の経験や思い出を作りたいだろうし…。
    でも子供たちに残された時間は少ない。
    自分は死ななきゃいけない…。
    そんな境遇にならないと本気で自分と向き合えないかもしれませんが、
    そうなってからじゃ遅い。
    後悔してからじゃ遅い。
    今を一生懸命に生きる!俺頑張る!アタイ頑張る!
    ってな感じになります。
    悲しく切ないシーンも多いし、
    やり切れない気持ちになるかもしれませんが読んで見てください。
    終わり方も全てから救われるわけじゃないですけど…
    なんだかスカっとします。
    とくに最後の1ページ。
    悩んでたって変わらない。
    落ち込んでたって変わらない。
    だったら前を向こうぜ前!
    メッセージ性の強い漫画です。

    【長所】
    ・世界観がしっかりしている。
    ・絵も上手く読みやすい。
    ・先の読めない展開。
    ・命は平等で命の尊さを学べる。
    ・前向きに考えなきゃって気にさせてくれる。
    ・11巻の初版には別冊でオマケ漫画も付いてお徳。

    【短所】
    ・沢山死んじゃう。
    ・悲しくなることが多い。
    ・漫画と同じようなことが起こったら本当に困る。
    ・コンパスも売れてくれないと困る。
    ・初版が手に入らない。
    ・事務所ライブにお客さんが入らない。
    ・やっぱり売れてくれないと困る。

    『ほしのふるまち』≪完結≫

    ほしのふるまち










      作者:原秀則  
      出版社:小学館  
      巻数:全7巻  
      ジャンル:青春・恋愛


    【あらすじ】
    「東京やと見えん星も…場所が変わればちゃんと輝くんやね…」
    東京の進学校になじめず、高三に進級できないことが決まった堤恒太郎は、
    進級するため、遠縁の親戚が住む富山県・氷見市の高校へ転校し、
    そこで一年を過ごすことになった。
    「俺は一生、輝くことはないんだろう―――」
    傷つき、落ち込む恒太郎。
    だが、地元の少女・渚との出会いが、恒太郎の「明日」を少しずつ変え始めた。
    原秀則が紡ぐ、世界でいちばん優しい「再生」ラウ・ストーリー……始動。

    【感想】
    優しい気持ちになるラブストーリーです。
    なんか俺がラブストーリーとかって言うの気持ち悪いですね。
    そんなことないよって言ってほしい。
    そこまで言うほどブサイクじゃないよって言ってほしい。
    きっと主人公も同じような気持ちのはず。
    自分に絶望するけど周りが支えてくれてまた頑張れる。
    人って温かいんだなぁ。優しさって温かいんだなぁ。
    大事な何かに気付かせてくれる作品。
    舞台の富山は寒いけどね。
    人生何もかも嫌になって投げやりになってるそこの貴方!
    この作品を読んでもう一度自分を見つめ直し頑張ってみませんか?
    もちろん僕ももう1回読んで頑張ってみます!
    一緒に頑張りませんか?
    王道の恋愛漫画が好きな方にオススメ。
    もちろん富山県に愛着のある方にもオススメ。
    優しい気持ちになることって大切なんですよ!
    この前バスに乗ってた時の話なんですけど、
    酔っ払ったオジサンが関係ないオバサンに絡んでてクソババア!だとかうるせえ!だとか言っててオバサンが困ってたんです。
    だから僕は少しでも和むようにそのオバサンに気にしないでいいですよ的な意味を込めて笑顔で見たんです。
    気味悪げに僕のことを見てました。
    優しさ空回りすると虚しくなるね!
    みなさんも気をつけて下さい。

    【長所】
    ・優しい気持ちになれる。
    ・頑張ろうと思える。
    ・王道な恋愛漫画で安定感がある。
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・読後感が良い。
    ・のんびり田舎に旅行したくなる。

    【短所】
    ・主人公の優柔不断ぶりがモヤっとさせる。
    ・上手くいきそうで上手くいなかない感じがモヤモヤさせる
    ・恋愛漫画読むとやっぱり寂しくなる。
    ・もっと学生時代色々なことをすれば良かったと後悔する。
    ・田舎のぼっとん便所で嫌な思い出が蘇る。

    『ボーイズ・オン・ザ・ラン』≪完結≫

    ボーイズ・オン・ザ・ラン










      作者:花沢健吾  
      出版社:小学館  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:恋愛・ボクシング


    【あらすじ】
    「土下座」か「決闘」か。
    「負け組み」か「勝ち組」か。
    「中年」か「少年」か。
    「いい人」か「獣」か。
    選択せよ、その人生。
    ―――田西敏行27歳。
    流されて、三十路目前。
    走り出すなら今しかないぜ、ボーイ。

    【感想】
    1巻から突っ走ってがむしゃらにゴールへ向かう。
    ゴールへ辿り着いてもまだまだ走る。
    負けっぱなしで終われるか!
    ゴミクズみたいな存在だけどこのまま引き下がれない!
    そんな熱いダメ男が主人公の応援したくなる漫画。
    遠回りの連続でタイミングが悪くて運もなくて金もなくて顔もブサイクで、
    それでも一生懸命生きてる。
    俺は確かにここに存在している。
    負け組みだからって何だよこの野郎!って感じ。
    まるで僕自身のような主人公。
    頑張れ田西!頑張れ俺!
    切なくなるし胸も痛くなるしツライけど背けちゃいけないぜ、ボーイ。
    ってことでダメ男と自負している方は全員読みましょう。
    自分のことを負け組みだと思ってる人は全員読みましょう。

    【長所】
    ・ダメ男だけど応援したくなる。
    ・どこにでもいそうな女の子が出てくるけどまたそれが良い。
    ・自分も頑張ろうって思える。
    ・お色気あり。
    ・全10巻でキリが良い。

    【短所】
    ・ちはるの変わりっぷりにへこむ。
    ・ハナが裸になってへこむ。
    ・やっぱり負け組みは勝ち組のやつらに勝てない気がしてへこむ。
    ・運がなさすぎてへこむ。
    ・ネタがすべってへこむ。
    ・風邪引いて寝込む。
    ・韻を踏んでるけど意味がなくてへこむ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。