ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ネコマジン』 ≪完結≫

    ネコマジン










      作者:鳥山明  
      出版社:集英社  
      巻数:全1巻(完全版)  
      ジャンル:ギャグ・パロディ


    【あらすじ】
    世界中に100マジン(ネコマジンを数える単位は「マジン」、人間でいう - 人に値する)ぐらいいて、
    そのうち28マジンが確認されている。「ちょっとだけ魔法が使えるネコのようななにものか」とされている。
    猫の品種ごとにネコマジンがいるらしい。その生態は不明だがほとんどは田舎で呑気に明るく暮らしている。
    大抵は魔法といっても大したことはなく、「みけ」以外の「Z」と「ミックス」はむしろ格闘技術に優れている。
    「Z」は特にその傾向が強く、ウサマジンによればネコマジンの中で一番強いという。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    絵本を読んでるかのようなほのぼのした作品。
    「ネコマジンがいる」「ネコマジンみけ」「ネコマジンZ」の3作品を収録。
    ベジータや悟空などドラゴンボールのキャラクターも出てきます。
    ドラゴンボールとは完全に別物ですけどね。
    ベジータなんかはまだフリーザの部下なのにスーパーサイヤ人になれたりしますから。
    ギャグ漫画ってことで何でもありってことです!
    完璧な正義のヒーローって訳じゃないけど、どこか憎めないネコマジン。
    ほんのちょっとイイ話でほんわか癒されます。
    絵は上手いので読みやすいですし懐かしのドラゴンボールのキャラクターも出てきてファンには嬉しい演出。
    アラレちゃんとドラゴンボールを足して2で割ったような感じかなと。
    アラレちゃんのノリが好きな方はきっとネコマジンも好きになるはず!
    読んで見てください。

    【長所】
    ・全1巻で読みやすい。
    ・絵も上手く読みやすい。
    ・絵本的で可愛い作品。
    ・懐かしのキャラクターが登場して嬉しい。
    ・優しい気持ちになれる。

    【短所】
    ・オリジナルのスーパーサイヤ人が出てくるがかっこ悪い。
    ・もっと続いても良さそうな気がする。
    ・そう言えば最近鳥山先生の新作を見てない気がする。
    ・新作を待たれるような芸人になりたい。
    ・最近新作の漫才もコントもことごとくスベる。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。