ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『人間失格 壊』 ≪完結≫

    人間失格 壊










      作者:二ノ瀬泰徳  
      原作者:太宰治  
      出版社:秋田書店  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:文学・サイコ


    【あらすじ】
    恥の多い生涯を送って来ました―――
    幼い頃より自意識にまみれ、世の中と調和出来ずにいた大庭葉蔵。
    無邪気さを装って、周囲をあざむいてきた彼の孤独な生涯とは――!?
    文豪・太宰治の不朽の名作を、漫画界の異端児が己の情念と人生を込めて大胆に漫画家!
    文豪×奇才=禁断!

    【感想】
    有名な太宰治先生の小説「人間失格」の漫画です。
    映画化にもなったりしていて知ってる方も多いのではないでしょうか。
    きっとうちの相方、中島は知らないと思いますが。
    人間失格ってかなり重いし暗い内容なので覚悟して読み始めたんですけど、
    絵のタッチがコミカルというか萌えっぽいというかポップな感じがしたんで意外だな~と思って読み進めると…
    やっぱり人間失格でした。
    エロ描写も何だか暗い気分にさせます。
    おぞましい人間の業というか欲望というか…
    どんよりとした気分になります。
    表面上だけでは分からない人間の心の闇…。
    裏切り、妬み、そして裏切り!
    って2回目やないか~い!
    これがおぞましいまでのノリツッコミってやつです…。
    人間失格、聞いたことあるけど読んだことないんだよなぁ…
    でも小説だと時間かかるしなぁ…
    って人はこの漫画版「人間失格 壊」を読んでみてください。
    小説の全てを知ることは出来ませんが人間失格ってこんな感じでしょ?
    みたいな話題には入れます。
    話に入れないときの寂しさ、嫉妬、羨望、そして裏切り!
    裏切り関係ないやないか~い!
    どことなく髭男爵さんみたいになっていますが…これも人間失格の持つパワーなのでしょう。
    人の芸を盗んでレビューする…芸人失格。
    恐ろしい。
    なんとまあ恐ろしいざんしょ!
    そういう怖いもの見たさな感じで読んじゃいましょう。

    【長所】
    ・絵がコミカルでちょっとした安心感がある。
    ・人間失格が全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・もう一つ作品が収録されていてお得。
    ・お色気あり。
    ・人間失格を簡単に知ることが出来る。

    【短所】
    ・人間の嫌な部分が沢山見える。
    ・全体的に暗い。
    ・どんよりした気分になる。
    ・ヨシ子のくだりは本当に嫌~な気分になる。
    ・M-1の2回戦落ちた時の方が嫌~な気分になる。
    ・相方がコンパばっかり行ってて嫌~な気分になる。
    ・最近は言ってませんよっていうけど絶対俺の方が行ってないわ!って嫌~な気分になる。
    スポンサーサイト

    『NARUTO-ナルト-』 <連載中>

    ナルト










      作者:岸本斉史  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~54巻  
      ジャンル:忍者・バトル


    【あらすじ】
    ここは木ノ葉隠れの里。
    忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!!
    そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、火影の名をついで、先代を越える忍者になることだ。
    だがナルトには出生の秘密が…!?

    【感想】
    世界的にも大ヒットしている忍者漫画です。
    ワンピースに並ぶジャンプの看板漫画ですね。
    看板を背負えるには理由がある。
    売れているには理由がある。
    そう!面白いんです!
    主人公ナルトは元気でバカで読むとパワーをもらえるような明るい男の子。
    テンポも良くバトルシーンも迫力あって爽快で文句の付け所がない!
    強いて言うなら今から集めると大変!ってことくらい。
    逆に考えれば集め甲斐のある漫画!
    じゃあやっぱり文句の付け所がないってことか。
    まあ、ここまで有名な漫画になると読んでない人がどれだけいるか分かりませんが、読んでなければ読んで下さい。
    明るいだけじゃなく、悲しみを乗り越えて成長していく姿など心打たれます。
    どこまで続くか分かりませんがこれからも楽しませてくれること間違いなし!
    何度も言いますが読んでない人は読んで下さい。
    ナルト風に言えば、読むんだってばよ!
    こんな風に看板背負えるくらい面白くなりたいですね~。
    どうすりゃいいですかね?
    悩みは乗り越える為にある!なんて言いますが悩みすぎて考えることすら出来なくなってきています。
    末期です。
    芸人は売れなきゃニートと変わらない…。
    もうすぐ30歳…。
    気持ちだけが焦ります…。
    こんな精神状態でもナルトを読むと面白い!
    ってことで、今日も悩むのやめて漫画読むんだってばよ!

    【長所】
    ・魅力的なキャラが多い。
    ・迫力ある戦闘シーン。
    ・努力、友情、勝利と少年漫画の王道。
    ・絵も上手く読みやすい。
    ・読むと元気が沸いてくる。

    【短所】
    ・悲しいエピソードがある。
    ・人が死んじゃう。
    ・結構重要なキャラも死んじゃう。
    ・サスケがどんどん変わっていく。
    ・俺は全然変わらない。
    ・ただ老けていく。
    ・大蛇丸みたいに若返って人生やり直したい。

    『neun-ノイン-』 ≪完結≫

    ノイン










      作者:村崎久都  
      出版社:一迅社  
      巻数:全2巻  
      ジャンル:SF・アクション


    【あらすじ】
    地底より現われる、人をも襲う謎の巨大生物マーナガルム。
    東堂学園、特殊学級に通う主人公・真上泰十と地底で出会った、一人の少女・乃音。
    二人の出会いがすべての始まりだった…。
    生死を懸けた少年少女たちのモンスターバトルアクションいよいよ開幕!!

    【感想】
    謎の巨大モンスターを少年少女たちが特殊スーツに身を包み戦う漫画。
    バトルを淡々と描いているだけじゃなく、日常の平和な学園生活もほのぼのと描いています。
    謎の生物は最後まで謎です。
    何のために存在してるのか、裏で糸を引いてる人間がいるのか?とかも全く分からないです。
    きっと理由なんかなくて、そういう世界なんです!
    こーゆー設定なんです!
    そう考えると全2巻で終わってしまうのが勿体無い感じ。
    絵も上手いですし、それぞれが抱えている過去や秘密など広げられるものが山程あるような気がするんですけど、
    あえて全2巻という短い巻数でまとめるってことに味があるんではないでしょうか。
    それとも大人の事情かな…。
    多くの謎も残されてますしね…。
    でもその謎を読者それぞれが考えてみるっていうのも脳を刺激していいかも!
    読んでて思ったのはアニメ映えしそうな絵柄&内容。
    もしアニメ化になっていたらすいません。
    無知ってことで見逃して下さい。
    結構こういった類いの漫画って長くなりがちな気がするんですけど、サクっと読めるっていうのが良いですね。
    長い作品はそれはそれで読み応えがあって良いと思います。
    つまるところ、漫画ってやっぱり面白いよね!ってことが言いたい。
    それにしても色んな漫画がある。
    全作品を読みきることは不可能だと思いますが頑張ってより多くの漫画を読んでいきたいな~。
    昔の名作と言われてる漫画でも読んだことがない作品も沢山あります。
    そんな奴がレビューだとか言ってんじゃないよ!っていう悪口は受け付けませんので。
    皆さんが知ってる漫画からあまり知られてない漫画まで幅広く読んで行きたい。
    出来る限り漫画を読んでいたい。
    だから宝くじで1億円とか当ててゆっくりと過ごしたい。
    こんな甘い考えを乃音の刀でバッサリ切っていただきたい。
    ごめんなさい。
    お笑い頑張ります。
    なのでもう少し見守ってて下さい。
    誰に言ってんのかって?
    分かる人には分かればいいんです。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・アクションシーンに迫力がある。
    ・全2巻とまとまっていて読みやすい。
    ・2巻の巻末にはオマケ漫画付き。
    ・若干お色気あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・ちょっとグロテスクな部分もあるかも。
    ・謎の生物が本当に謎。
    ・やはり全2巻で終わるのは勿体無い。
    ・コンパスは2分のネタだとボケ切れない。
    ・コンパスは2分のネタだとオチ切れない。
    ・5分あるとちょっとダレる。

    『ノノノノ』 ≪完結≫

    ノノノノ










      作者:岡本倫  
      出版社:集英社  
      巻数:全13巻  
      ジャンル:スポーツ・スキージャンプ・ラブコメ


    【あらすじ】
    「エルフェンリート」の岡本倫が描く待望の異色スキーコミック第1弾!!
    スキージャンプ界に現れた無名の新星・野々宮悠太。
    実は、彼の正体は…なんと男装した女の子!!
    彼女は、男子しか出場できないオリンピックのジャンプ種目で金メダルを獲るのが夢なのだが…!?

    【感想】
    スキージャンプという珍しいスポーツを使った漫画。
    実際あんまり知らなかった世界なので読んでてすごく新鮮!
    絵は萌え系?で可愛い感じなんですが勝負の世界はかなりシビアに描いています。
    主人公は女の子なんですが男として生きて行かなければならない。
    父親のため、兄のために。
    重いものを背負って生きていますがどこかライトに読めるのもいいですね!
    いつ女の子だとバレるのか、その辺もハラハラします。
    多くを語っても楽しみが減るので読んでみてください!
    自分は高い所とかジェットコースターとか苦手なんで一生やることないスポーツですけど、
    これからは注目して見て行きたいスポーツだと思いました。
    舟木選手とか原田選手とか活躍してた時は注目してたんですけどね~。
    新たなスターが誕生するともっとスポットライトを浴びるんでしょうね!
    だったら女子も解禁したらいいのに…。
    フィギアスケートだって浅田選手や安藤選手のような実力とルックスを兼ね備えた選手がいたから人気が出たんでしょうし。
    結局ルックスが付いて来ないと注目しないっていう日本人の性格が嫌い。
    って負け惜しみ全開で言っておりますが。
    やっぱり見た目って大切なんでしょうね。
    あ~あ~残念だな~。もっとカッコ良く産んで欲しかったな~。
    ノノノノも美男美女揃い!
    あ~あ~いいな~。

    【長所】
    ・絵が可愛く読みやすい。
    ・知らなかった世界を知ることが出来る。
    ・お色気あり。
    ・ラブコメ要素も見所。
    ・複雑な人間関係も見ていて楽しい。
    ・あとがきも付いてて親近感が沸く。
    ・読後感が良い。

    【短所】
    ・スキージャンプやることを考えただけで恐ろしい。
    ・勘違いが生んだ悲劇が悲しい。
    ・可哀想な過去を背負ってる人が多い。
    ・ルックス重視の世の中が嫌になる。
    ・どうやったらカッコよくなれるか考えたら全く浮かばず悲しくなった。

    『ぬらりひょんの孫』 <連載中>

    ぬらりひょんの孫










      作者:椎橋寛  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~14巻  
      ジャンル:妖怪・バトル


    【あらすじ】
    妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子。
    妖怪の総本山・奴良組の若頭として、祖父のような立派な首領になることに憧れを抱くのだが…!?
    痛快妖怪任侠活劇、ここに開演――!!

    【感想】
    4分の1だけ妖怪の血持つ男の子リクオが主人公。
    人間の時はかなり頼りないけど妖怪に変化するとめっちゃ頼れる妖怪若頭に。
    二面性のあるリクオのギャップがいい味出してます!
    最初は反対してる妖怪たちも次第にリクオに惹かれて付いて行く。
    大物のぬらりひょんになれるのか?
    そんな成長過程も楽しみの一つ!
    それでもって絵が上手いので読みやすいし妖怪にぴったりな絵のタッチ。
    妖怪の「畏」をどう伝えるか。
    そこに力も入れてる様子。
    恐ろしい妖怪も出てくるので怖い雰囲気もありますが明かるい雰囲気もあります。
    ほのぼのした部分と緊迫した部分のバランスもすごく良い!
    調べたら椎橋先生はJリーグのガンバ大阪サポだとか。
    登場人物にもガンバ大阪の選手の名前を使ってるみたい。
    この辺も好感持てます。
    自分はジェフ千葉サポですけど。
    去年は残念ながらJ2に降格してしまいましたが、今年は1年で昇格してもらいたいと願うばかり!
    話が脱線しましたがアニメ化にもなり、これからますます人気が出そうな作品ですのでチェックしてみてください!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・妖怪がカッコイイ。
    ・色々な妖怪を知ることが出来る。
    ・カバー外すとオマケ漫画あり。
    ・その他にもオマケが充実。
    ・貴重なヌから始まる漫画。

    【短所】
    ・妖怪が多くて覚え切れない。
    ・悪い妖怪もいるが悪い人間もタチが悪い。
    ・相方の中島が妖怪を二度ほど目撃したと言うけどウソくさい。
    ・ジェフの貴重なDF水本選手をガンバに獲られた。
    ・そんな水本選手がジェフに帰らず京都に移籍。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。