ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『どうらく息子』 <連載中>

    どうらく息子










      作者:尾瀬あきら  
      落語監修:柳家三三  
      出版社:小学館  
      巻数:1巻~5巻  
      ジャンル:落語・人情ドラマ


    【あらすじ】
    落語の中には「人生」がある。
    落語に懸けた「人生」もある。
    保育園の先生をしている関谷翔太は、落語とは無縁な生活を送る26歳。
    ある日、子供達を笑わせようと本棚から引っ張り出した一冊と出会う…
    それは惜春亭銅楽という一人の落語家が書いた“落語の話”であった―――

    【感想】
    保育士だった主人公が落語家の世界へ飛び込む漫画です。
    落語を扱った漫画が最近増えてきているような気がします。
    中でもこのどうらく息子は本格派の内容。
    真打の柳家三三師匠が監修なのでそりゃ本格的にもなります。
    芸の道の厳しさ。
    落語の深さ。
    本当は実際になることで味わえるものなんですがそういった部分を知ることができる作品。
    自分は浅草で寄席の舞台に立つ身分なのでかなり波長が合うんです。
    漫才師と落語家ではまた全然違うんですけど同じ芸人として楽しんで読ませていただいております。
    元々漫才協会の先輩のロケット団三浦さんにオススメしてもらった作品。
    三浦兄さんオススメの漫画もハズレがないです。
    落語の世界に興味があれば是非一読を!
    和の魅力を堪能できる内容です。
    大物中の大物、立川志の輔師匠の舞台に出せていただく関係でお話をさせていただきました。
    やっぱりオーラがすごいです。
    漫才協会の師匠もカッコイイんですけど、舞台袖で見学させていただいた時に見た
    高座へ向かうあの後ろ姿…本当にしびれました!
    あのかっこよさをあと何十年磨けば自分に見に付くはわかりませんが切磋琢磨して頑張ります。
    って気持ちになりました。
    もちろんどうらく息子を読んでも芸を磨こうと思えるんで芸に刺激が欲しい方にオススメです。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・中々知ることの出来ない世界を知ることが出来る。
    ・落語の噺の説明もあって親切。
    ・和の魅力を十分に伝えてくれる。
    ・さりげなく背景にロケット団さんの名前があって嬉しくなる。

    【短所】
    ・芸の厳しさ見てなんか自分がぬるい気がしてきちゃう。
    ・やはり落語家の師匠方には近付きがたいオーラがある。
    ・お弟子さんの気配りがすごい。
    ・逆に漫才協会の後輩は気配り出来ない子が多い。
    ・ロケット団の名前が載ってるから自慢したくて三浦さんが薦めてきたんじゃないかと勘繰ってしまう。
    スポンサーサイト

    『道士郎でござる』≪完結≫

    道士郎でござる










      作者:西森博之  
      出版社:小学館  
      巻数:全8巻  
      ジャンル:学園コメディ・武士


    【あらすじ】
    3歳の時、バカ親父に連れ去られて、アメリカネバダ州の荒野で育てられた道士郎。
    12年ぶりに発見され、日本の母の元に返ってきたのだが、なぜか本物の武士になっていた!!
    その風貌と態度が原因で帰国早々ケンカ騒動。
    高校でも登校初日から悪たちに睨まれるハメに!!
    勝負に次ぐ勝負の第1巻!!

    【感想】
    現代に武士の心を持った主人公が繰り広げるドタバタコメディ漫画です。
    ひ弱で頼りない健助が道士郎と出会いちょっとずつだけど成長していく姿にも感動します。
    道士郎も主人公だけど健助も主人公みたいなポジションですね。
    基本コメディなんで気楽に読めますし笑えます。
    ほのぼのする感じもいいですね。
    自分は刺激の強いバイオレンスな漫画を多く読む傾向にあるのでこういった作品は癒しを与えてくれます。
    でもこの作品もバイオレンスな部分があるにはあるんですけどね。
    不良対武士の闘いですから。
    でも誰かが死んだりってのはないんでそこら辺は安心できます。
    不良同士で対立しているけど何度もぶつかり合う中で芽生える友情。
    仲間の大切さ。
    いいですね~。
    最近つくづく友達って本当に大切にしないといけないなぁ~って思います。
    そんな温かい友情を描いた漫画を読まない手はないですぜ!
    心強い仲間がいるってことは素晴らしいことです。
    自分も人に頼られるような人間になりたいもんです。
    武士みたいな生き方は出来ませんけどね。
    現代に生まれて良かったですよ。
    戦国時代とかに生まれてたら草むらに逃げ隠れる生活を送っていたことでしょう。
    現代に生まれても家にずっといたりするんであんまり変わらないかもしれませんけど。
    腹切ったりとか恐ろしいですよ。
    血とか見ると怖くなります。
    街灯の少ない道とか夜歩くと不安です。
    ってなんだかストーカー被害に遭ってる女性みたいなこと言い始めちゃいましたが気にしないでください。
    ただのビビリなんで。
    とにかく面白い作品なんで学園コメディとか侍の出てくるコメディとか武士道とはなんたるかを教えてくれるコメディを読みたい方は、
    是非オススメしたい漫画です。
    今日も明日も漫画読みながら不安と戦います!
    早く裕福になりたい…。

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・ほっとする感じの内容。
    ・友情の大切さを学べる。
    ・全8巻と読みやすくまとまっている。
    ・不良もいい奴いるんだな~って思えてくる。

    【短所】
    ・ケンカが絶えない。
    ・割と無茶をする道士郎に巻き込まれる健助が他人事に思えない。
    ・ヤ○ザとか出てきちゃって怖い。
    ・もうちょっと続いても良かったかな~って思う。
    ・俺みたいなしょうもない奴に頼ってくる後輩のなべりんはもっとしょうもない。
    ・中島もしょうもない。
    ・しょうもない奴しかいない事務所。それがユニバース。

    『どろんこ先生』 ≪完結≫

    どろんこ先生










      作者:手塚治虫  
      出版社:秋田書店  
      巻数:全1巻(文庫版)  
      ジャンル:学園・コメディ


    【あらすじ】
    型破りな先生の痛快学園マンガ!!

    【感想】
    学園コメディ漫画です。
    あらすじ短かっ!って思ったでしょ?
    僕も思いました。
    まあでもだいたい合ってるでしょ!
    要約するとこんな感じ。
    昔悪くて今は先生で生徒目線で行動出来るこんな先生いたらいいな~的なお話。
    特別真面目でもないし、ミスしたりするけど憎めないそんなほのぼの漫画です。
    一話完結で読みやすいですし分かりやすく、意外にボリュームもあります。
    「どろんこ先生」以外にも「机の中へこんにちは」と「おはよう!スクコ」の2作品を収録。
    どの作品もほのぼのする内容なのでそういった作品が好きな方はオススメです。
    自分が高校の時の担任の先生は生徒目線で話してくれる良い先生でした。
    いい加減な部分もあって他の真面目な先生からは嫌われてたような気がします。
    不良の生徒が職員室からその先生のタバコを取って吸ってましたが本数が減ってることすら気付かないところも憎めませんね。
    未成年のタバコは絶対にダメなんですけどね。
    僕自身タバコを吸ったことがないのでタバコの魅力が今一つ分からないんですけど…なんで吸うんですか?
    値段も上がってるし健康にも良くないし禁煙化が進む中でなんで吸い続けるんですか?
    タバコ買うお金で漫画が1冊買えるんですよ?
    勿体無い気がするんですけどね~。
    嗜好品だから別に僕がとやかく言う必要はないんですけどね。
    でもたまに禁煙のホームでタバコ吸ってる悪そうな子とか見ると嫌になりますね。
    注意して返り討ちに合うの嫌なんで注意しませんけど。
    でも駅員さんには声をかけるようにしています。
    だって迷惑だから。
    ルールがあるんだからルールを守りなさいよ!って言いたくなる。
    路上喫煙禁止のところでも平気で吸う人いるでしょ?
    身近にもいるんですけどね。
    誰とは言いませんが。
    注意しても直らないんですよね~。
    あれってもうクセとかなんですかね?
    すげー愚痴っぽくなってごめんなさい。
    タバコ嫌いなんです。
    煙いし目が痛くなるし。
    だから漫画のレビューって言うよりタバコの悪口がメインに今回はなってしまいましたが、
    どろんこ先生ならきっと男らしく注意してくれるはず!
    そんな好青年にみなさんはなってください。
    僕はビビリなんで注意出来そうな人にだけ注意します。

    【長所】
    ・全1巻とまとまっていて読みやすい。
    ・全体的にほのぼの出来る。
    ・昔ながらな感じだけど味のある作品。
    ・他にも2作品収録されてお得。
    ・どろんこ先生の読後感も良い。

    【短所】
    ・古い作品なので新鮮さはない。
    ・おはよう!スクコはシュールな感じで逆に新鮮。
    ・僕自身シュールを理解していないので説得力がない。
    ・物語とは全く関係ないけどもう一度言う。タバコが嫌い。
    ・自分自身嫌われないように気をつけたい。
    ・今回のレビューで愛煙家の人には嫌われた気がする。

    『ドリフターズ』 <連載中>

    ドリフターズ










      作者:平野耕太  
      出版社:少年画報社  
      巻数:1巻~2巻  
      ジャンル:SF・タイムスリップ


    【あらすじ】
    A.D.1600天下分け目の関ヶ原…
    敵陣突破の撤退戦“島津の退き口”
    “捨てがまり”で敵将の首を狙うは島津豊久!!
    生死の狭間で開いた異世界への扉…
    現在では無い何時か、現実では無い何所かへ
    戦国最強のサムライは新たな戦世界へ招かれる!!

    【感想】
    実在した歴史上の人物が異世界に迷い込み戦う漫画です。
    パラレルワールド的な感じでしょうかね。
    あまり歴史に詳しくないので主人公の島津豊久っていう人物を知らないのですが知らなくても楽しめます。
    もちろん知ってる歴史上の人物も沢山出てきます。
    織田信長だったりジャンヌダルクだったり。
    そんなあらゆる有名人が訳の分からない異世界に来てドンパチやっちゃう豪快な漫画。
    まだまだこれからの作品だとは思いますが1巻から心を掴まれてしまうこと間違いなし!
    豪快だけど荒削りな訳じゃないのでしっかりと楽しめます。
    野球とかサッカーのオールスターゲームとかって好きでしょ?
    そんなノリ。
    贅沢な漫画なんですよ。
    殺伐とした中にもポップな笑いのノリがあったりと読みやすい感じ。
    タイトルがドリフターズってなってるんですが、あの伝説のお笑いグループと勘違いしないでください。
    別物です。
    志村けんさんとかは出ません。
    漂流=ドリフみたいなことらしい。
    英語分からないからこれ以上はちょっと…。
    気になる人は各々が調べる!
    自分で調べると身に付くんだから!
    ってことでよろしくお願いします。
    自分で考えるってことは大切なこと!
    だからこれどうやってつっこんだらいいですか?とかってボケの俺に聞かない!
    分かったか中島!
    っていうメッセージ性があるのかないのか定かではありませんが面白い漫画でござる。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・世界観がカッコイイ。
    ・明るく楽しいノリ。
    ・オールスターで豪華な感じ。
    ・カバー外すとオマケ絵あり。
    ・巻末にオマケ漫画もあり。

    【短所】
    ・血がいっぱい流れる。
    ・史実通りのお話じゃないからそういうのを期待すると裏切られる。
    ・スケールが大きくてしっかり読まないと置いていかれる。
    ・気が付けばお笑いの波に置いていかれてる。
    ・置いていかれないように頑張りたいけど何をしたらいいのか分からない。

    『Tomorrows-トゥモロウズ-~アンアンたちの革命~』 ≪完結≫

    トゥモロウズ










      作者:出口真人  
      出版社:小学館  
      巻数:全4巻  
      ジャンル:アクション・バトル


    【あらすじ】
    みんなで人間に戻るんだ!!
    幼い頃、保育園に監禁され、人体実験を受けていたアンアンたち。
    唯一の味方だった博士の手引きにより、アンアンたちは施設からの脱走に成功する。
    自由で平和な生活を手に入れたかに見えたアンアンたちだったが、
    脱走から10年後、アンアンたちに「動物の力」が出現した……
    施設からの追っ手が迫る中、アンアンたちの、人間に戻るための戦いが始まった……!!

    【感想】
    生物兵器として動物の能力を持ってしまった子供たちが人間に戻るために戦い続ける漫画。
    幼い頃から可哀想なほどつらい訓練を受けてきた子供たち。
    それでも普通の生活に戻りたい。
    そんな子供たちの願いを叶うべく博士が脱走させるが子供たちを平和な世界に留まらせてはくれなかった。
    次々と発症する動物化。
    普通の人間に戻りたい。普通の生活がしたい。
    明日の幸せを得るためにバラバラに散った子供達が集まりこんな体にした組織に一発ぶちかましてやろうじゃねーか!
    そんでもって施設にいる博士を救出して人間に戻ろうじゃねーか!
    っていう目的のハッキリした作品です。
    子供の虐待。
    これは実際の社会でも問題になってますね。
    どうして子供にそんな過酷なことをさせるのか。
    腹を痛めて産んだ子にどうしてそんなに酷いことをするのか。
    理解に苦しみます。
    だいたいそういった虐待を受けた子供って何かしら傷を残していると思うんで社会に出る上で影響って少なからずあると思うんですよね。
    しつけと暴力は違うんだってことを大人は理解しないといけない。
    昨今、子供のような親が増えてしまっているからこんな問題が増えているんでしょうけどね。
    主人公たちも酷いことをさせられていますが、どこまでも前を向いて明るい明日を夢見て頑張っています。
    こんな子供たちに育てばいいんですけど、実際は難しいと思います。
    やっぱり親の愛情ってものはかなり重要。
    この作品を読んで子供に虐待をしてはいけないと深く心に刻んでください。
    そしてたっぷりと愛情を注いでください。
    少年漫画だって学ぶことが多い。
    さすが日本が誇る漫画文化。
    ただの娯楽に終わらないところがいいですね。
    アナタの明日は明るいですか?
    僕らコンパスの明日は全く見えませんが、アンアンたちの戦いはしっかりと見ていきたいと思います。

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・明るい主人公たちに元気をもらえる。
    ・迫力ある戦闘シーン。
    ・仲間の大切さを学べる。
    ・全4巻とコンパクトにまとまっている。
    ・子供に酷いことをしちゃいけないって思わせてくれる。

    【短所】
    ・施設での出来事が可哀想。
    ・施設の追っ手によって沢山ケガしちゃう。
    ・どんどん獣人化していき可哀想。
    ・早く幸せな明日が来てほしい。
    ・もちろん僕自身に幸せな明日が来てほしい。
    ・売れない日々の積み重ねで涙が出る。
    ・その涙で明日が見えない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。