ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『Dの魔王』 ≪完結≫

    Dの魔王










      作者:霜月かよ子  
      原作者:柳広司  
      出版社:小学館  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:ミステリー・スパイ


    【あらすじ】
    時は昭和十二年。
    陸軍内部に秘密裏に設立されたスパイ養成機関=通称[D機関]。
    異常とも言える天才教育を施されたD機関の訓練生達が、
    敵国スパイとの命を賭けた極限んの騙し合い=ジョーカー・ゲームに挑む。

    【感想】
    昭和初期のスパイ漫画です。
    スパイを養成する機関、D機関の訓練生が様々なスパイ活動をオムニバス的な感じで描かれています。
    スパイとはこういうことだ!ってことが学べますが自分にはなれそうにないです。
    それだけ過酷な仕事。
    だって国同士の戦況を左右するような力があるんですから。
    なんとも恐ろしい世界です。
    こいつが犯人だったのか?!
    とか
    こいつはスパイだったの?!
    とか驚きのある物語が展開していきます。
    裏の裏を読む。
    真実とは一体何なのか?
    考えれば考えるほど深みにハマる、そんな内容。
    中にはセックススパイなんていう存在もあったりで恐ろしいです。
    男なんてすぐに引っかかってしまうんじゃないでしょうか。
    気をつけたいところですね。
    読めばなんだか賢くなる気がしますので
    賢くなりたい人やスパイに興味がある人はオススメです。
    話によっては切ない話などもあって胸が苦しくなったりしますが、
    爽快さもどことなくあってクオリティの高い作品。
    あなたの周りにもスパイがいるかもしれませんので
    軽率な行動や、軽はずみな言動には気をつけましょう。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・短くまとまっていて読みやすい。
    ・スパイとは何かを学べる。
    ・読後感が良い。
    ・賢くなれる気がする。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・誰を信じていいのかわからなくなる。
    ・切ないエピソードがある。
    ・セックススパイの存在は文章だけで詳しく描かれていない。
    ・思春期真っ盛りなこと言っていて恥ずかしくなる。
    スポンサーサイト

    『デストロイandレボリューション』 <連載中>

    デストロイ










      作者:森恒二  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~2巻  
      ジャンル:SF・テロ


    【あらすじ】
    行き場のない怒りと孤独を抱える高校生マコトが持ってしまった驚異の「力」とは…!?
    理不尽な社会を相手に、破壊という名の革命が始まる!
    最凶のSFテロルストーリー!!

    【感想】
    少年が特殊な能力を使って破壊行為する漫画です。
    いつからか自分にある特殊な能力を隠していたマコトはユウキとの出会いでその力を使うことになる。
    手のひらの空間に入るものならどんなものでも遠くか手に入れてしまう力。
    ビルでも鉄骨を何箇所も手のひらサイズにして奪って壊すそんな能力。
    少年たちは世界に知らしめる為にその力を使いテロ行為をする。
    そんな物語。
    多分能力に関しては僕の説明を読むより漫画を直接読んだ方がしっくりくるはず。
    レビューの意味とかないじゃん!
    って思う方もいるかもしれませんがオススメ漫画を紹介しているだけですので、
    きっと無駄ではないはず。
    人生無駄なことなどないって誰かが言っていたのできっと無駄じゃない。
    少年たちがこの力を使いどこへ向かうのは分かりませんし、
    テロ行為は許されるものじゃないけど
    彼らにとって無駄なことにならないようにと思っています。
    まあでも人を傷つけちゃうのはダメだよね。
    物理的にも精神的にも。
    そんな反面教師漫画を読んで人として優しい人間になっていこうじゃないか!的な
    メッセージがあるかどうか分かりませんが捉え方は読者次第。
    土地柄によって同じ漫才やってもウケ方が違うのも観ているお客さん次第。
    あなたはこの作品を読んでどう思うのか?
    そんな問いかけの強い漫画です。
    何でもいいから問いかけられたいって人にオススメ。

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・先の読めない展開。
    ・引き込まれる世界観。
    ・メッセージ性が強い。
    ・自分にも何か能力があるんじゃないかと期待させてくれる。

    【短所】
    ・破壊行為はよくない。
    ・力の使い道を間違えると危ない。
    ・現実問題でテロ行為は悪。
    ・売れない芸人が努力をしないのは悪。
    ・そこそこの努力じゃどうにもならないのでダメ。
    ・自分にお笑いの才能があるといいなぁって夢みちゃうとこがダメ。

    『DEAR BOYS-ディアボーイズ-』 ≪完結≫

    ディアボーイズ










      作者:八神ひろき  
      出版社:講談社  
      巻数:全23巻  
      ジャンル:バスケ・青春


    【あらすじ】
    過去に起きた事件によってほとんどの部員が去り、4人しか残らなかったことでチームが組めず、
    休部状態になっていた瑞穂高校バスケットボール部。
    藤原たちが2年生の秋、元天童寺高校バスケットボール部キャプテン・哀川和彦の転入、
    突然の入部により、部員たちの心にくすぶっていた「全国制覇」の夢を目指していく。(ウィキペディアより抜粋)

    【感想】
    かなり長く続いているバスケット漫画の第1シリーズ。
    バスケ漫画では最長連載みたい。
    しかも驚きは連載開始から20年経過しているのに作品の中では1年しか経過していないみたい。
    全部ウィキから知ったんですけどね。
    ネットって便利!
    バスケ界のサザエさん的な感じでこのまま突き進んでもらいたい!
    バスケ界のドラえもんでもいいけど。
    バスケ界のちびまる子ちゃんでもいいけど。
    こうして考えると歳を取らない作品って多いんですね。
    これはこれで漫画の魅力。
    永遠の青春時代って感じで羨ましいですね。
    僕が読み始めた頃は小学校6年生くらい。
    気が付けば三十路一歩手前。
    恐ろしい!
    こんなにも時間が経っているとは。
    俺の人生大丈夫?
    無駄な人生過ごしてない?
    ちょっと心配。
    たまに1巻から読み返して過去を振り返るのもいいやね!
    俺暇かっ!
    爽やかバスケ漫画って感じで汗臭くなく恋愛要素も含まれていて淡い感じ。
    絵も初期の頃からでも読みやすいです。
    ACTⅡ、ACTⅢへと続いて行くので今から集めるのは大変かもしれませんが、
    逆に考えて集め甲斐のある漫画だぜ!って思いましょう。
    なんでもプラス思考が大切!
    僕自身マイナス思考なんで自分に言い聞かせてる状態ですけど。
    人間生きてりゃ悩んだり落ち込んだりするよね!
    天才バスケットマン哀川和彦の苦悩も描かれています。
    和彦ってうちの相方と同じ名前ですね。
    こっちの和彦は全然天才じゃないけど。
    あ!一応コンパの天才って言われてるけど。
    でももっと上がいると思うけど。
    コンパスってコンビ名コンパから来てるんでしょ?って言われるけど。
    俺コンパ行かないけど。
    別に行きたくない訳じゃないけど。
    ってことで誰か誘って~。
    青春時代のような淡い感じにさせて~。
    とりあえず淡い青春を感じたい人にはオススメです。

    【長所】
    ・長期連載なので読み応え充分。
    ・絵が段々上手くなって更に読みやすくなる。
    ・青春を謳歌してる感じでこっちまで若返ったような気になる。
    ・ハラハラな恋愛要素もあり。
    ・仲間の大切さを学ぶことが出来る。

    【短所】
    ・沢山巻数が出ているので集めるのが大変。
    ・初期の頃と比べるとキャラの性格が若干変わっているけど気にしないで。
    ・だって人間生きてれば考え方や物の捉え方とか変わってくるもんでしょ?
    ・そんなことより自分の老け方が気になる。
    ・いつまでも若くいたいけど叶わない。
    ・相方はいつまでも精神年齢が低いのである意味若い。

    『デビルマン』 ≪完結≫

    デビルマン










      作者:永井豪&ダイナミックプロ  
      出版社:講談社  
      巻数:全5巻(文庫版)  
      ジャンル:SF・バトル


    【あらすじ】
    「恐怖の遺産」を受け取ってくれ―――。
    親友・飛鳥了の奇妙な言葉に誘われ、不動明は飛鳥邸へと出向く。
    それが人類にさし迫った破滅との邂逅であったのだ…。
    焼身自殺した了の父親は悪魔に憑かれたのだという。
    そして今、悪魔たちは長い眠りから目覚め地球侵略を開始していた!!
    悪魔と戦う唯一の術は「悪魔と合体」するより他はない。
    明は人類を救うため、その手段を選び、「デビルマン」に変わる決意をするのだが―――。

    【感想】
    昔の名作漫画です。
    かなり有名な作品なんで知ってる方も多いかと思いますが未読の方は是非読んで下さい。
    古いから読みづらいと感じる人もいるかもしれません。
    でもデビルマンの持つ物語の深さは、読みづらさなんて吹っ飛ばしてくれるはず。
    ただのバトル漫画じゃありません。
    メッセージ性のある内容。
    このメッセージの重さを受け止めてもらいたい。
    人類を守るために悪魔と合体してデビルマンになった不動明。
    だけど守ろうとしてきた人間の心が悪魔だった時の絶望感。
    クライマックスの最終巻は目が離せません。
    「おれはからだは悪魔になった…だが人間の心をうしなわなかった!
    きさまらは人間のからだをもちながら悪魔に!悪魔になったんだぞ!
    これが!これが!おれが身をすててまもろうとした人間の正体か!」
    人間にブチ切れたときのセリフです。
    この悲痛な感じ!夢にまで出てきそうなインパクト。
    ヒロインをこんな扱いにするか!ってくらいびっくりな展開。
    大どんでん返しの裏切り。
    話はフィクションですが人間の深層心理をかなりリアルに描いています。
    世界が平和であることを僕は望みます。
    だって俺、戦闘能力低いし。
    怖いの嫌いだし。
    みんな仲良くしてこうよ!
    心を穏やかにしていつまでも笑顔を絶やさず暮らしていきたいもんです。
    とあるライブに出たときお客さんの顔が不機嫌そうで怖かった。
    もちろん面白くないネタをやってて笑え!なんて言わない。
    けど出てきたばっかりで睨まれたら心が折れちゃうでしょ。
    俺がデビルマンなら「地獄へおちろ!」って言って火炎を吐くところでしたよ。
    お客さんあってのお笑いライブ。
    みなさんを楽しませる努力をしますので最初から不機嫌な状態でいないでね!
    とにかくデビルマンを読んでもう一度平和の在り方を考え直すのもいいかも!
    ってことで是非読んでみてください。

    【長所】
    ・メッセージ性のある物語。
    ・先の読めない展開。
    ・全5巻と読みやすくまとまっている。
    ・お色気あり。
    ・カラーページもある。

    【短所】
    ・残虐な描写がある。
    ・ヒロイン・美樹の姿にショックを受ける。
    ・人間の持つ悪い心が怖い。
    ・読後感はモヤモヤする。
    ・とあるライブに来てたお客さんの顔が今でも鮮明に思い出せてモヤモヤする。
    ・ライブですべると軽いトラウマになる。

    『鉄ヲタ少女』 ≪完結≫

    鉄ヲタ少女










      作者:久寿川なるお  
      出版社:エンターブレイン  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:鉄道・ヲタク


    【あらすじ】
    成績優秀・スポーツ万能、才色兼備の美人女子高生ひびきには、
    世間にナイショの、ディ~プな「趣味」がありました…。
    女子高生が鉄道好きでなにが悪いの!?
    …でも、花も実もあるお年頃、くれぐれも、糖分と「鉄」分の摂りすぎには、ご注意を。
    ウンチク満載、ヲタクのヨロコビ満載、これが、今話題の「鉄乙女」コミック決定版!

    【感想】
    鉄道ヲタクの日常を描いた漫画です。
    僕自身、鉄道に関して全くの無知なんですがヲタクっていうところに惹かれ購入してみました。
    ちなみに僕は漫画ヲタクです。
    言わなくても分かるか…。
    ヲタクは文化ですからね。
    もっと誇りを持っていかないとね!
    鉄道好きにはきっとたまらない内容なんだろうな~って感じです。
    鉄道知らない人にはとっつきにくいかもしれませんが、
    それぞれにドラマがあったり過去や歴史など触れる事が出来ます。
    僕は浅草の寄席に行くときはつくばエクスプレスを使うのですが、
    作中にもつくばエクスプレスが出てきて親近感が沸きました。
    作品の中で色々と電車移動するのでもしかしたらアナタの地元も載っているかも!
    そうなると読んでみたくなるでしょ?
    地元とかよく行く所とか漫画で載っているとテンション上がるでしょ?
    鉄道には興味がない!
    そんなアナタでも読めば普段乗る電車が違った視点で見えてくるかも!
    電車なんて乗らないし乗ったこともない!っていうセレブには理解出来ないかもしれませんが。
    まあ、でもこうやって漫画を通じて自分の知らない世界をお手軽に知ることが出来るんでありがたいことです。
    全1巻と短いので気軽に読んで見てはいかがでしょうか?
    実際に鉄道ヲタクの女子高生がいたらお話してみたいもんですね。
    鉄道ヲタクじゃなくてもいいんですけど。
    結局、女子高生と話がしてみたいだけって言われたらそれまでなんですけど。
    でも漫画ヲタクの人とはしゃべってみたいかも。
    詳しすぎて僕が引いてしまったらごめんなさい。
    コミュニケーションって難しいよね!

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全1巻とコンパクトにまとまっている。
    ・合間合間に用語解説があるので便利。
    ・知らなかった世界に触れることが出来る。
    ・毎日の通勤電車に刺激を受けるかも。

    【短所】
    ・鉄道に関して詳しくないので分からないことがある。
    ・もうちょっと続いても良かったような気がする。
    ・最近電車に乗ってると不安になって降りたくなる。
    ・パニック障害の一種と聞いてもっと不安になる。
    ・ネタがすべってパニックになる。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。