ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『どうらく息子』 <連載中>

    どうらく息子










      作者:尾瀬あきら  
      落語監修:柳家三三  
      出版社:小学館  
      巻数:1巻~5巻  
      ジャンル:落語・人情ドラマ


    【あらすじ】
    落語の中には「人生」がある。
    落語に懸けた「人生」もある。
    保育園の先生をしている関谷翔太は、落語とは無縁な生活を送る26歳。
    ある日、子供達を笑わせようと本棚から引っ張り出した一冊と出会う…
    それは惜春亭銅楽という一人の落語家が書いた“落語の話”であった―――

    【感想】
    保育士だった主人公が落語家の世界へ飛び込む漫画です。
    落語を扱った漫画が最近増えてきているような気がします。
    中でもこのどうらく息子は本格派の内容。
    真打の柳家三三師匠が監修なのでそりゃ本格的にもなります。
    芸の道の厳しさ。
    落語の深さ。
    本当は実際になることで味わえるものなんですがそういった部分を知ることができる作品。
    自分は浅草で寄席の舞台に立つ身分なのでかなり波長が合うんです。
    漫才師と落語家ではまた全然違うんですけど同じ芸人として楽しんで読ませていただいております。
    元々漫才協会の先輩のロケット団三浦さんにオススメしてもらった作品。
    三浦兄さんオススメの漫画もハズレがないです。
    落語の世界に興味があれば是非一読を!
    和の魅力を堪能できる内容です。
    大物中の大物、立川志の輔師匠の舞台に出せていただく関係でお話をさせていただきました。
    やっぱりオーラがすごいです。
    漫才協会の師匠もカッコイイんですけど、舞台袖で見学させていただいた時に見た
    高座へ向かうあの後ろ姿…本当にしびれました!
    あのかっこよさをあと何十年磨けば自分に見に付くはわかりませんが切磋琢磨して頑張ります。
    って気持ちになりました。
    もちろんどうらく息子を読んでも芸を磨こうと思えるんで芸に刺激が欲しい方にオススメです。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・中々知ることの出来ない世界を知ることが出来る。
    ・落語の噺の説明もあって親切。
    ・和の魅力を十分に伝えてくれる。
    ・さりげなく背景にロケット団さんの名前があって嬉しくなる。

    【短所】
    ・芸の厳しさ見てなんか自分がぬるい気がしてきちゃう。
    ・やはり落語家の師匠方には近付きがたいオーラがある。
    ・お弟子さんの気配りがすごい。
    ・逆に漫才協会の後輩は気配り出来ない子が多い。
    ・ロケット団の名前が載ってるから自慢したくて三浦さんが薦めてきたんじゃないかと勘繰ってしまう。
    スポンサーサイト

    『Dの魔王』 ≪完結≫

    Dの魔王










      作者:霜月かよ子  
      原作者:柳広司  
      出版社:小学館  
      巻数:全3巻  
      ジャンル:ミステリー・スパイ


    【あらすじ】
    時は昭和十二年。
    陸軍内部に秘密裏に設立されたスパイ養成機関=通称[D機関]。
    異常とも言える天才教育を施されたD機関の訓練生達が、
    敵国スパイとの命を賭けた極限んの騙し合い=ジョーカー・ゲームに挑む。

    【感想】
    昭和初期のスパイ漫画です。
    スパイを養成する機関、D機関の訓練生が様々なスパイ活動をオムニバス的な感じで描かれています。
    スパイとはこういうことだ!ってことが学べますが自分にはなれそうにないです。
    それだけ過酷な仕事。
    だって国同士の戦況を左右するような力があるんですから。
    なんとも恐ろしい世界です。
    こいつが犯人だったのか?!
    とか
    こいつはスパイだったの?!
    とか驚きのある物語が展開していきます。
    裏の裏を読む。
    真実とは一体何なのか?
    考えれば考えるほど深みにハマる、そんな内容。
    中にはセックススパイなんていう存在もあったりで恐ろしいです。
    男なんてすぐに引っかかってしまうんじゃないでしょうか。
    気をつけたいところですね。
    読めばなんだか賢くなる気がしますので
    賢くなりたい人やスパイに興味がある人はオススメです。
    話によっては切ない話などもあって胸が苦しくなったりしますが、
    爽快さもどことなくあってクオリティの高い作品。
    あなたの周りにもスパイがいるかもしれませんので
    軽率な行動や、軽はずみな言動には気をつけましょう。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・短くまとまっていて読みやすい。
    ・スパイとは何かを学べる。
    ・読後感が良い。
    ・賢くなれる気がする。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・誰を信じていいのかわからなくなる。
    ・切ないエピソードがある。
    ・セックススパイの存在は文章だけで詳しく描かれていない。
    ・思春期真っ盛りなこと言っていて恥ずかしくなる。

    『デストロイandレボリューション』 <連載中>

    デストロイ










      作者:森恒二  
      出版社:集英社  
      巻数:1巻~2巻  
      ジャンル:SF・テロ


    【あらすじ】
    行き場のない怒りと孤独を抱える高校生マコトが持ってしまった驚異の「力」とは…!?
    理不尽な社会を相手に、破壊という名の革命が始まる!
    最凶のSFテロルストーリー!!

    【感想】
    少年が特殊な能力を使って破壊行為する漫画です。
    いつからか自分にある特殊な能力を隠していたマコトはユウキとの出会いでその力を使うことになる。
    手のひらの空間に入るものならどんなものでも遠くか手に入れてしまう力。
    ビルでも鉄骨を何箇所も手のひらサイズにして奪って壊すそんな能力。
    少年たちは世界に知らしめる為にその力を使いテロ行為をする。
    そんな物語。
    多分能力に関しては僕の説明を読むより漫画を直接読んだ方がしっくりくるはず。
    レビューの意味とかないじゃん!
    って思う方もいるかもしれませんがオススメ漫画を紹介しているだけですので、
    きっと無駄ではないはず。
    人生無駄なことなどないって誰かが言っていたのできっと無駄じゃない。
    少年たちがこの力を使いどこへ向かうのは分かりませんし、
    テロ行為は許されるものじゃないけど
    彼らにとって無駄なことにならないようにと思っています。
    まあでも人を傷つけちゃうのはダメだよね。
    物理的にも精神的にも。
    そんな反面教師漫画を読んで人として優しい人間になっていこうじゃないか!的な
    メッセージがあるかどうか分かりませんが捉え方は読者次第。
    土地柄によって同じ漫才やってもウケ方が違うのも観ているお客さん次第。
    あなたはこの作品を読んでどう思うのか?
    そんな問いかけの強い漫画です。
    何でもいいから問いかけられたいって人にオススメ。

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・先の読めない展開。
    ・引き込まれる世界観。
    ・メッセージ性が強い。
    ・自分にも何か能力があるんじゃないかと期待させてくれる。

    【短所】
    ・破壊行為はよくない。
    ・力の使い道を間違えると危ない。
    ・現実問題でテロ行為は悪。
    ・売れない芸人が努力をしないのは悪。
    ・そこそこの努力じゃどうにもならないのでダメ。
    ・自分にお笑いの才能があるといいなぁって夢みちゃうとこがダメ。

    『罪と罰』 ≪完結≫

    罪と罰










      作者:落合尚之  
      出版社:双葉社  
      巻数:全10巻  
      ジャンル:サスペンス


    【あらすじ】
    ひきこもりと援交女子高生。
    接点のないはずの両者が出会ったとき
    「ある計画」が動き出した…
    大学をドロップアウトし、
    暗く狭い自室に閉じこもり
    肥大する自尊心と
    過敏な劣等感の間で
    もがく裁・弥勒。
    女子高生・リサとの出会いによって
    彼が宿した恐るべき「ある計画」とは?

    【感想】
    ドストエフスキーの罪と罰をモチーフにしたサスペンス漫画です。
    当然読んだことがないので僕は新鮮に読めました。
    人間の業というか…
    世界を変える力を持っているんだ!
    って勘違いしちゃう部分ってあると思うんです。
    僕だって世界一のお笑い芸人になれるんだ!って勘違いしてお笑いの世界に入ったんですから。
    なかなか気付けなかった~。
    天才じゃないってことに。
    まあここまで来たし
    最後まで頑張ってみようとは思います。
    ただこの主人公は間違った道…
    人として踏み外しちゃいけない道に進んでしまいます。
    犯罪者の心理みたいなところがすごく生々しく描けていて怖いです。
    死んでもいい人間なんていない。
    そう思いますが
    世の中にはどうしようもないクズがいるのも事実。
    そこら辺難しいですよね。
    罪と罰を抱えて生きて行くことって結構大変なんで
    絶対に悪さしないようにしましょう。
    ある意味僕も罪と罰を背負っていきているようなもんですが。
    だって…
    デブでチビでブサイクで
    オマケに薄毛で喘息でパニック障害で
    痛風になりかけてて
    お酒飲んでないのに肝臓が悪いんだよ!
    罪と罰どころの騒ぎじゃないわ!
    こんな僕でも明るく生きているので(実際はネクラ)
    皆さんも明るく頑張っていきましょう!
    世の中、残念なニュースがすごく多いですが…
    希望を持って進めばきっと光が見えてくるはず!
    僕の頭頂部も光始めてきてるんでどっちが先に輝くか競争だ!
    って現実逃避気味でかつ現実頭皮気味な状態。
    あんまり本の内容に触れてないような気がしますが
    最高の本2010のベスト10にランクインした実力があるので
    読んで損なし!
    自分だったらどうするか
    自分と置き換えて読んで見ても面白いかも。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・読み応えのある濃い内容。
    ・ドストエフスキーの罪と罰を読んだ気にさせてくれる。
    ・全10巻と集めやすい。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・残虐な描写あり。
    ・スリルある展開にハラハラしちゃう。
    ・ネタでスベってるとハラハラしちゃう。
    ・中島は調子に乗るとチャラチャラしちゃう。

    『道士郎でござる』≪完結≫

    道士郎でござる










      作者:西森博之  
      出版社:小学館  
      巻数:全8巻  
      ジャンル:学園コメディ・武士


    【あらすじ】
    3歳の時、バカ親父に連れ去られて、アメリカネバダ州の荒野で育てられた道士郎。
    12年ぶりに発見され、日本の母の元に返ってきたのだが、なぜか本物の武士になっていた!!
    その風貌と態度が原因で帰国早々ケンカ騒動。
    高校でも登校初日から悪たちに睨まれるハメに!!
    勝負に次ぐ勝負の第1巻!!

    【感想】
    現代に武士の心を持った主人公が繰り広げるドタバタコメディ漫画です。
    ひ弱で頼りない健助が道士郎と出会いちょっとずつだけど成長していく姿にも感動します。
    道士郎も主人公だけど健助も主人公みたいなポジションですね。
    基本コメディなんで気楽に読めますし笑えます。
    ほのぼのする感じもいいですね。
    自分は刺激の強いバイオレンスな漫画を多く読む傾向にあるのでこういった作品は癒しを与えてくれます。
    でもこの作品もバイオレンスな部分があるにはあるんですけどね。
    不良対武士の闘いですから。
    でも誰かが死んだりってのはないんでそこら辺は安心できます。
    不良同士で対立しているけど何度もぶつかり合う中で芽生える友情。
    仲間の大切さ。
    いいですね~。
    最近つくづく友達って本当に大切にしないといけないなぁ~って思います。
    そんな温かい友情を描いた漫画を読まない手はないですぜ!
    心強い仲間がいるってことは素晴らしいことです。
    自分も人に頼られるような人間になりたいもんです。
    武士みたいな生き方は出来ませんけどね。
    現代に生まれて良かったですよ。
    戦国時代とかに生まれてたら草むらに逃げ隠れる生活を送っていたことでしょう。
    現代に生まれても家にずっといたりするんであんまり変わらないかもしれませんけど。
    腹切ったりとか恐ろしいですよ。
    血とか見ると怖くなります。
    街灯の少ない道とか夜歩くと不安です。
    ってなんだかストーカー被害に遭ってる女性みたいなこと言い始めちゃいましたが気にしないでください。
    ただのビビリなんで。
    とにかく面白い作品なんで学園コメディとか侍の出てくるコメディとか武士道とはなんたるかを教えてくれるコメディを読みたい方は、
    是非オススメしたい漫画です。
    今日も明日も漫画読みながら不安と戦います!
    早く裕福になりたい…。

    【長所】
    ・絵が読みやすい。
    ・ほっとする感じの内容。
    ・友情の大切さを学べる。
    ・全8巻と読みやすくまとまっている。
    ・不良もいい奴いるんだな~って思えてくる。

    【短所】
    ・ケンカが絶えない。
    ・割と無茶をする道士郎に巻き込まれる健助が他人事に思えない。
    ・ヤ○ザとか出てきちゃって怖い。
    ・もうちょっと続いても良かったかな~って思う。
    ・俺みたいなしょうもない奴に頼ってくる後輩のなべりんはもっとしょうもない。
    ・中島もしょうもない。
    ・しょうもない奴しかいない事務所。それがユニバース。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。