ランキング参加中クリックお願いします

ランキング参加中クリックお願いします
  • プロフィール
  • ダイアリー




  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『四月は君の嘘』 <連載中>

    四月は君の嘘










      作者:新川直司  
      出版社:講談社  
      巻数:1巻~5巻  
      ジャンル:青春・音楽・恋愛・ヴァイオリン・ピアノ


    【あらすじ】
    母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年有馬公生。
    目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色がない…
    だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。
    性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト…
    少女・宮園かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!!

    【感想】
    音楽をテーマにした青春ラブストーリー漫画です。
    心に闇を抱えた天才ピアニストの少年と天真爛漫なヴァイオリニストの少女が織りなすハーモニー。
    読んでて眩しくなるくらいの青春って感じでいいです。
    癒されます。
    自分の青春時代は本当に何もしてこなかったな~っと後悔するばかり。
    もっと充実した学園ライフを過ごしたかったですな。
    彼女と登下校するとか憧れておりました。
    自分は充実した学園生活を過ごすことは叶いませんでしたが、
    この作品を読めばなんか充実した感じになれます。
    青春の甘酸っぱさが胸にきます。
    恋愛要素を含みますが展開はやや遅め。
    メインはやっぱり音楽。
    クラシックには無縁の私ではございますが
    読めばなんか知ったような気になれます。
    ピアノを弾く事が出来るようになるのか?
    三角関係ならず四角関係の恋の行方は?
    見所満載です。
    とにかく気持ちを充実させてくれる1冊。
    一読あれ。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・青春っていいな~って気持ちにさせてくれる。
    ・クラシックに詳しくなくても曲の解説付きで安心。
    ・音楽を始めたくなる。
    ・ピアノ弾ければ多分モテる。

    【短所】
    ・気持ちのすれ違いが切なくなってしまう。
    ・主人公の孤独な感じが可哀想。
    ・音楽始めるにしてもピアノは値段が高い。
    ・ヴァイオリンも負けず劣らず高い。
    ・自分の血糖値と尿酸値も高い。
    スポンサーサイト

    『7人のシェイクスピア』 <連載中>

    7人のシェイクスピア










      作者:ハロルド作石  
      出版社:小学館  
      巻数:1巻~6巻  
      ジャンル:歴史・劇


    【あらすじ】
    “失われた年月”
    ――――謎に包まれたシェイクスピア空白の時代。
    片田舎の教育のない青年が、7年後には偉大な詩人になっていた。
    その間、彼がどこで何をしていたのか
    ―――記録は一切残っていない。

    【感想】
    シェイクスピアの記録残されていない空白の7年間を描いた漫画です。
    劇は見たことないけど一度は聞いたことのある人物、シェイクスピア。
    ロミオとジュリエットが有名ですね。
    有名だけど見たことはないのでいつか必ず観たいと思っています。
    そんな超有名な歴史的劇作家のシェイクスピアの物語。
    有名な劇作家になるまでに彼はどんな人生を歩んできたのか。
    空白の7年に一体何があったのか?
    フィクションだけどそんなこと関係なしに引き込まれる世界観。
    ハロルド先生独特のテンポ感やキャラの表情で展開していくストーリーは必見です。
    空白の7年って結構長いんですけどコンパスを結成してから今年(H24年現在)で、7年目に突入。
    ほとんどテレビに出ていないので世間的にはある意味空白の7年って感じです。
    でもコンパスでさえ7年の間に色んなことがあった訳ですから
    シェイクスピアだったらもっとすごいことがあるってことです。
    そんなすごいシェイクスピアの成長を一緒に見届けましょう。
    コンパスの微妙な成長も見届けましょう。
    見届けることが大好きな人にオススメ。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・ハロルド節は健在。
    ・引き込まれる世界観。
    ・先の読めない展開。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・その当時の差別的風潮が嫌。
    ・人が死んじゃう。
    ・悪巧みしている女性が怖い。
    ・体はるロケが怖い。
    ・中島が代わりにやってくれるので助かっている。

    『女囚霊~塀の中の殺戮ゲーム~』 ≪完結≫

    女囚霊










      作者:加藤山羊  
      出版社:小学館  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:ホラー


    【あらすじ】
    目を見られねぇようにするんだ。
    生き残った受刑者は、だんだん変わるんだよ。
    女囚霊の審判で生き残った受刑者は、
    片腕が異常に伸びて、
    そして……同房の人間たちに審判を下すんだ。
    悪くない奴以外は―――みんな死ぬ。
    悪い人を救ってあげるんだよ。
    女囚霊が棲むと囁かれる独房に入れられた女子受刑者達が、
    次々と謎の死を遂げる。
    しかし、そこで“生き残ってしまった”としても、
    彼女たちを凄惨な末路が待つ受けるのであった。
    この死の連鎖を断ち切るのは…誰だ…!?

    【感想】
    女性刑務所の中で起こるホラー漫画です。
    刑務所の中で起こる怪死事件。
    本当に霊の仕業なのか?
    それとも…
    こんな感じで謎めいた部分もあり、不気味な雰囲気の中物語が進みます。
    夏にピッタリのホラー漫画ってところでしょうか。
    表紙からしてかなり不気味ですからね。
    怖いものが苦手な方は夜中一人で読むと不安になると思いますので余裕のあるときにチャレンジしてみてください。
    姉妹で漫画を描くってなんだか和むけど内容はホラーなので和みません。
    漫才協会の後輩芸人、笑和なごみを見ても和みません。
    和むって難しいですね。
    そう言えばこの前人生初の金縛りに遭いました。
    でも眠気と疲労が凄かったので動くことを諦めてテンパらずに冷静に寝ました。
    起きてみると普通の朝でした。
    勘違いだったのか、夢だったのか、本当に金縛りなのか解りませんが、パニックにもならずに一安心。
    実際怖いの苦手なんで次に金縛りに遭ったらパニックになりそうなんで気をつけます。
    気をつけようがないんですが。
    話が脱線しましたがホラー漫画として楽しめる作品ですし、
    全1巻とお買い求めしやすいのでオススメです。

    【長所】
    ・全1巻と読みやすい。
    ・絵のタッチがホラー漫画に合っている。
    ・なんだか引き込まれる。
    ・巻末のオマケ漫画で和むことが出来る。
    ・姉妹で描いているってことは姉妹は仲良し。

    【短所】
    ・人が死んじゃう。
    ・やっぱり怖い。
    ・表紙も怖い。
    ・今のコンパスの現状もかなり怖い。
    ・打開策がないのである意味お笑い界の金縛りにあって身動きが取れない。

    『しゃべれども しゃべれども』 ≪完結≫

    しゃべれどもしゃべれども










      作者:勝田文  
      原作者:佐藤多佳子  
      出版社:白泉社  
      巻数:全1巻  
      ジャンル:落語・ヒューマンドラマ


    【あらすじ】
    若手落語家の今昔亭三つ葉は、もうひとつ腕が上がらず悩んでいるが、
    ひょんな事から「話し方教室」を始めることに。
    集まった生徒は気の弱いテニスのコーチ・無愛想なキツめの美女・関西弁のいじめられっこ・強面の元野球選手。
    いったいどうなることやら?

    【感想】
    若手落語家さんが中心になった人情溢れる漫画です。
    色々な理由で話し方教室に集まった生徒。
    性格もバラバラで息が合ってるとは言いがたいけど、
    なんだかほのぼのしていて、そしてちょっぴり切なくて
    油断するとホロリときてしまいそうな優しい作品です。
    落語家特有の業界用語なんかも出てきてなんとなく通ぶれます。
    僕自身、浅草の寄席の舞台に立たせてもらっているので、
    他の一般的な若手芸人よりかは落語家さんたちと近い環境。
    それでも近寄りがたい雰囲気はありますが。
    決して怖いとかではなく…
    伝統話芸という看板を背負っている重たいオーラが近寄らせがたくしています。
    ま、こっちの勝手なイメージなんですけど。
    漫才協会の師匠は良い意味でいい加減な感じで若手にもとっても優しい。
    けど、噺家さんはそこら辺しっかりしてるってイメージ。
    本当に僕の個人的なイメージなので間違っている可能性大なので信用しないように。
    とりあえず僕が30歳になって初めてのレビューがこの作品。
    だからなんなの?って言われたら何にも言えませんが記念すべきレビューなんです。
    30歳と言えば立派な大人。
    立派な大人になれたのか?と聞かれれば全くなれていないと断言出来る。
    そんな情けない男ですが人それぞれ抱えている悩みってあるよね~
    そんでもって弱味ってあるよね~。
    ってな部分もこの作品は描かれています。
    無事漫画の内容に繋げられて安堵。
    女性も読みやすい優しい絵のタッチですし、
    題材は落語なので老若男女問わず楽しめる漫画じゃないでしょうか!
    この漫画を読んで落語の世界に興味を持っていただき、
    ついでに漫才にも目を向けてもらえたらこれ幸い。

    【長所】
    ・絵が上手く読みやすい。
    ・全1巻と短くまとまっていて読みやすい。
    ・ほのぼの出来る。
    ・なんだか優しい気持ちになれる。
    ・巻末には落語の噺の説明付き。

    【短所】
    ・ちょいと切ない気持ちになる。
    ・ちょいと短い気がする。
    ・30歳になってちょいと身体にガタがきている。
    ・ちょいとって言えば粋な気がするけど気のせいだったりする。
    ・相方の中島は昔、ちょいちょいちょいちょーい!ってギャグを流行らせようとしていたが流行らなかった。

    『新ジャングルの王者ターちゃん』 ≪完結≫

    新ジャングルの王者ターちゃん










      作者:徳弘正也  
      出版社:集英社  
      巻数:全12巻(文庫版)  
      ジャンル:バトル・コメディ・ギャグ


    【あらすじ】
    ジャングルの平和を守るターちゃんのもとに、ユンケル帝国から使者がやって来た!
    優勝賞金1000万ドルのビッグトーナメントへの参加要請だ!!
    ハンター以外との戦いに気がすすまないターちゃんだが
    賞金額を聞いたヂェーンに強制的に参加させられるハメに!?

    【感想】
    ジャングルの王者ターちゃんの続編です。
    新ジャングルの王者ターちゃんから読んでも楽しめますがせっかくならジャングルの王者ターちゃんから読みましょう。
    前作は完全にギャグ漫画でしたが今作からは少年漫画らしいバトル漫画になっています。
    でもターちゃんイズムの笑えるギャグもてんこ盛りなんでそこら辺は安心して読めます。
    シリアスな展開が多い中でほっと一息入れるギャグに癒されます。
    緊迫感が台無しになる!って言えばそうですけど、これがターちゃんの良いところなんです。
    迫力あるバトルに熱い友情。
    そして感動。
    ジャングルを愛し平和を愛す男ターちゃん。
    読んだことがない方には、ここまでだとだいぶカッコイイ主人公を想像していると思いますが、
    よくチ○コやタマ○ンが出てきますのであまり脳内で美化しないように!
    子供の時によくジャンプで読んでいましたが改めて最近読むと思い出と違っていたりして新鮮に読めました。
    俺の記憶力が悪いおかげで改めて楽しめたのは感謝です。
    地球温暖化や環境汚染など色々と問題山積みのこの地球。
    皆さん一人ひとりが気をつけて無駄のないようにしていきましょう。
    余り物などないように買い物したり捨てることのないように節約していきましょう。
    だからテレビ業界の方に言いたい。
    余り物状態になっているこの売れない芸人コンパスをどうか使ってもらいたい。
    何でもいいから使ってもらいたい。
    捨てられないようにコンパスは今日も頑張ります。

    【長所】
    ・ギャグとシリアスのバランスが良い。
    ・迫力あるバトル。
    ・考えさせられるテーマ。
    ・ヂェーンが痩せる。
    ・読み応えのある全12巻。
    ・お色気あり。

    【短所】
    ・前作から比べるとギャグが少ない。
    ・動物を殺す悪い人が多く出てくる。
    ・残虐な描写あり。
    ・シリアスなシーンでも下品なギャグが急に入ってくるので女の子とか苦手かも。
    ・コンパスもたまに下ネタ入れたりするけどやっぱりウケない。
    ・下ネタ入れてなくてもウケないこともあるので実力が足りない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。